埼玉サンクチュアリ教会(日本サンクチュアリ協会 埼玉教会)

私ども夫婦は、2015年8月30日に米国サンクチュアリ教会本部で行われた「真の御父様の聖和3周年記念礼拝」(真の基元節)および「真の御父様の権威に戻るための祝福式」に参加し、同日の夜、日本において「真の御父様の権威に戻るための祝福式」を行うための、任命の祝祷を受けました。
2015年12月30日にCyberサンクチュアリ人協会の会長を辞め、真の御父様・亨進様・国進様の側近である江利川総会長の下で働くため、日本サンクチュアリ協会に移籍しました。

奴隷階級から逃れる方法 青年セミナーの御言葉から ロスチャイルドに関連して

日本サンクチュアリ協会青年部ログから引用します。


「洗脳された奴隷達」

皆さんは洗脳された奴隷達です。王家の精神がないからです。どういう事かわかりましたか?こういう内容は初めて聞きましたね?学校では聞いたことがないですね?学校は奴隷達の訓練センターだからです。


「紙幣や通帳のお金は本当のお金ではありません」

王家の精神です。紙幣や通帳のお金は本当のお金ではありません。若い者達、王家の精神ですよ。愚かな精神は持たないでください。貴方達の暮らす世界では嘘が多いです。貴方達の先生、貴方達の政府、貴方達のメディアなどで沢山の嘘があります。そういうもの達は嘘をつきます。奴隷階級に陥れようとします。王家の精神は奴隷層の精神ではありません。


皆さんは昨日と今日でブッシュクラフトを始めて経験しましたね。もちろん寝袋もあり、贅沢な経験を初めてしましたけれど、トイレもなく電気もなく、もちろんフラッシュライトはありましたけど、そのような状況で1日を過ごしましたね。勝利しましたね。勝利!(拍手) 奴隷にならないでください。主人達がこのような事を出来なければなりなせん。わかりましたね。


これを理解する上で、ロスチャイルドに関する検索が参考になりました。


「四つの階級」

米国の某教授によれば、現代のアメリカは、下記の四つの階級に分かれているそうです。

グローバリゼーションの波に乗り、近い将来、この“新たなカースト制度 ”が全世界に普及していくことでしょう。


支配者階級

国際エリート銀行家、多国籍企業の経営者、王侯・貴族から成る、人口の1%にも満たない特権者。


執行者階級

支配者階級の利益を守るため、それなりの“報酬”を与えられて特権者の意思を実行する代理人。


奴隷階級

社会の大多数を占める、支配者階級・執行者階級を支えるよう教化された働き蜂集団。


不可触民

社会に寄与しない底辺層。彼らには必要最低限なモノが与えられ、大抵は無視される。

ロスチャイルドは支配者階級、クリントンは執行者階級、私達は奴隷階級です。


「“無”から1億ドルを創造」

たとえば、米国政府が1億ドル必要だとしましょう。

そうすると連邦準備銀行は、米国財務省から1億ドル分の国債を購入し、政府の口座に1億ドルを振り込みます。この政府に振り込まれた1億ドルは、誰かの口座から借りてきて振り込んだおカネではありません。連邦準備銀行が何か実物的な資産を提供しているわけでもありません。ただ、米国政府の口座に1億ドルと記入するだけです。

連邦準備銀行は口座に数字を記入するという行為だけで“無”から1億ドルを創造するのです。そして、政府は1億ドルを受け取り、公共事業等の出費として米国社会に1億ドルが流れていきます。

「支配者階級」は、「紙幣や通帳のお金」を自由に「創造」できます。
「紙幣や通帳のお金」が大切だと「洗脳」されている限り、私達は支配者階級にかないません。
「奴隷階級」にならざるを得ません。


「エンゲル係数」で分かるように、食べ物は大切です。
ですから農業は価値があります。
そうして作られた食べ物を、支配者階級は、本当は”無”に過ぎない「紙幣や通帳のお金」で、いくらでも手に入れることができます。
もしも農家が、「紙幣や通帳のお金」は要らない、と言ったら、支配者階級は困ることになります。


御父様の(亨進様の)愛唱歌「心の自由天地」のようなことです。

世界を買い取れる金をくれても

麦畑たがやす牛にも及ばない


しかし、農家は、大切な食べ物を、安い値段で売ってしまいます。
それは、テレビやゲーム、その他の都会的快楽を求めるからです。


そういうものは、私達が自然の主管者になった場合に、節約できるものです。
自給自足の共同体ができたら、「紙幣や通帳のお金」は不要になります。


「老後の貯え」も不要になります。
青年セミナーの御言葉に戻ります。

政府が福祉をしなくても、市民達で行うことができるという事です。市民達がお互いに助け合って生活するために、政府の助けは必要ないのです。


日本サンクチュアリ協会の会議メモからも引用して終わります。

今後、未来に向けて青年たちの教育に重点を置きながら投入していく。

一方、全てを捧げ、何も無くなってしまった食口の老後にも対処していく予定。

人生の最後を喜びながら楽しく過ごし、憩いの場を計画していく予定。



(お問い合わせ先:メール sanctuary.saitama@gmail.com
         電話番号 堀勇一070-6670-5334 堀久子070-6637-7424 )
         任命式の映像はこちら

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。