埼玉サンクチュアリ教会(日本サンクチュアリ協会 埼玉教会)

私ども夫婦は、2015年8月30日に米国サンクチュアリ教会本部で行われた「真の御父様の聖和3周年記念礼拝」(真の基元節)および「真の御父様の権威に戻るための祝福式」に参加し、同日の夜、日本において「真の御父様の権威に戻るための祝福式」を行うための、任命の祝祷を受けました。
2015年12月30日にCyberサンクチュアリ人協会の会長を辞め、文鮮明真の御父母様・文亨進二代王様・文國進監察総監様の側近である江利川総会長の下で働くため、日本サンクチュアリ協会に移籍しました。

家庭連合を思い出す 様々な聖句 

聖書を読めば読むほど、そういう聖句に出会います。


知性も良心も汚れてしまっている

テトスへの手紙/ 1章 15節~16節


きよい人には、すべてのものがきよい。しかし、汚れている不信仰な人には、きよいものは一つもなく、その知性も良心も汚れてしまっている。


彼らは神を知っていると、口では言うが、行いではそれを否定している。彼らは忌まわしい者、また不従順な者であって、いっさいの良いわざに関しては、失格者である。

まるでジョージ・ソロス等「サタン主義者」に対するような、厳しい批判です。
しかし、「彼らは神を知っていると、口では言う」とあるので、むしろ家庭連合のようです。
今や家庭連合も「サタン主義者」だから、仕方がありません。
「偶像崇拝」「全体主義」です。
(直近では、「暴力容認主義」と分かりました。)


退けなさい

テトスへの手紙/ 03章 10節~11節


異端者は、一、二度、訓戒を加えた上で退けなさい。


たしかに、こういう人たちは、邪道に陥り、自ら悪と知りつつも、罪を犯しているからである。

救いようがない「確信犯」ということです。


無益であった

ヘブル人への手紙/ 04章 02節


(前略)

しかし、その聞いた御言は、彼らには無益であった。それが、聞いた者たちに、信仰によって結びつけられなかったからである。

御言が「利益」だと思わないから、給料等の「利益」を追求しています。


不可能である

ヘブル人への手紙/ 06章 04節~06節


いったん、光を受けて天よりの賜物を味わい、聖霊にあずかる者となり、


また、神の良きみ言葉と、きたるべき世の力とを味わった者たちが、


そののち堕落した場合には、またもや神の御子を、自ら十字架につけて、さらしものにするわけであるから、ふたたび悔改めにたち帰ることは不可能である。

やはり「戻る」のは不可能でしょうか。


重い刑罰に価する

ヘブル人への手紙/ 10章 29節~31節


神の子を踏みつけ、自分がきよめられた契約の血を汚れたものとし、さらに恵みの御霊を侮る者は、どんなにか重い刑罰に価することであろう。


「復讐はわたしのすることである。わたし自身が報復する」と言われ、また「主はその民をさばかれる」と言われたかたを、わたしたちは知っている。


生ける神のみ手のうちに落ちるのは、恐ろしいことである。

「不信者」は「怖いもの知らず」です。


わたしたちに属さない者

ヨハネの第一の手紙/ 02章 19節


彼らはわたしたちから出て行った。しかし、彼らはわたしたちに属する者ではなかったのである。もし属する者であったなら、わたしたちと一緒にとどまっていたであろう。しかし、出て行ったのは、元来、彼らがみなわたしたちに属さない者であることが、明らかにされるためである。

種類が違う「嘘つき」や「愚か者」です。


不信心な欲のままに生活する

ユダの手紙/17節~18節


愛する者たちよ。わたしたちの主イエス・キリストの使徒たちが予告した言葉を思い出しなさい。


彼らはあなたがたにこう言った、「終りの時に、あざける者たちがあらわれて、自分の不信心な欲のままに生活するであろう」。

「内縁の妻がいて、3歳とまだ小さい赤ちゃんの2人の子供がいる」牧会者のような者たちです。


(お問い合わせ先:メール sanctuary.saitama@gmail.com
         電話番号 堀勇一070-6670-5334 堀久子070-6637-7424 )


「キリスト教」のブログは、こちら

任命式の映像はこちら

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。