埼玉サンクチュアリ教会(日本サンクチュアリ協会 埼玉教会)

私ども夫婦は、2015年8月30日に米国サンクチュアリ教会本部で行われた「真の御父様の聖和3周年記念礼拝」(真の基元節)および「真の御父様の権威に戻るための祝福式」に参加し、同日の夜、日本において「真の御父様の権威に戻るための祝福式」を行うための、任命の祝祷を受けました。
2015年12月30日にCyberサンクチュアリ人協会の会長を辞め、真の御父様・亨進様・国進様の側近である江利川総会長の下で働くため、日本サンクチュアリ協会に移籍しました。

「細胞分裂」 もう一つの「机上の計算」

日本サンクチュアリ協会の首都圏教会長会議でのことです。

埼玉県に4つの「救命ボート」ができたことについて、江利川総会長は「細胞分裂」という表現をして下さいました。

私は「我が意を得たり」という思いでした。


7月2日の当ブログ「亨進様の『ホームグループ活動』を振り返る」で引用した、昨年10月30日の当ブログ「新たな教会文化」の文章を、もう一度引用します。

「ホームグループ活動」は2014年に家庭連合で、「南米の証」として紹介されました。

それは実は亨進様が始めたものでした。

それは希望的な活動です。

それを実践したいと思います。


この南米の証では、「細胞分裂」ではなく、「核分裂」という表現を使っていました。

実は、その発想も、亨進様が先であったことが分かりました。


亨進様説教集(2012年)第6巻119頁から引用します。

皆さんは私に、最初の日に10ウォン、2日目には10ウォンの2倍である20ウォンを、3日目には20ウォンの2倍である40ウォンを下さらなければなりません。

このような方式で1カ月間、私にお金をあげることとします。

(中略)

29日後に、皆さんは私にいくらあげなければならないかお分かりですか。

驚かないでください。

53億6870万9120ウォンをあげなければならないのです。

「倍々ゲーム」の計算です。


10ウォンは約1円です。

それで考えると、29日後に、5億3687万912円です。


伝道の場合は、円ではなく人です。

毎日2倍でなく、毎月2倍で考えれば、29カ月後の数字です。


上記は1回当たりの数字です。

累計を計算すれば、もっと数字は大きくなります。


1から始めて、累計が12を超えるのは、3カ月後です。

175から始めて、累計が2100を超えるのも、3カ月後です。


120頁から引用します。

2000年にアメリカで封切りされた映画「ペイ・フォワード」には、トレバーという子供が出てきます。

彼は、自分が3人を心から愛して助けを与え、その3人に善行を施せば、そして、このように継続して3人ずつに良い影響力を及ぼせば、世の中は美しい世の中になると信じました。

(中略)

実際に、3人ずつを20回繰り返せば、65億の人類を変えることができるのです。

「3倍3倍ゲーム」の計算です。


これが「細胞分裂」の力です。

「自由と責任」の力です。

マルコによる福音書4章27節と28節を引用して終わります。

夜昼、寝起きしている間に、種は芽を出して育って行くが、どうしてそうなるのか、その人は知らない。

地はおのずから実を結ばせるもので、初めに芽、つぎに穂、つぎに穂の中に豊かな実ができる。



(お問い合わせ先:メール sanctuary.saitama@gmail.com

         電話番号 堀勇一070-6670-5334 堀久子070-6637-7424 )

         任命式の映像はこちら

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。