埼玉サンクチュアリ教会(日本サンクチュアリ協会 埼玉教会)

私ども夫婦は、2015年8月30日に米国サンクチュアリ教会本部で行われた「真の御父様の聖和3周年記念礼拝」(蘇生期・真の基元節)および「真の御父様の権威に戻るための祝福式」に参加し、同日の夜、日本において「真の御父様の権威に戻るための祝福式」を行うための、任命の祝祷を受けました。
2015年12月30日にCyberサンクチュアリ人協会の会長を辞め、文鮮明真の御父母様・文亨進二代王様・文國進監察総監様の側近である江利川総会長の下で働くため、日本サンクチュアリ協会に移籍しました。

「笑い」「夫婦愛の成長」「個性」 文鮮明先生말씀選集から

個性真理体として責任分担をしよう (1)から引用します。
(翻訳・掲載に感謝申し上げます。)


1.「笑い」の重要性

根本が愛であるが個性真理体を確定する所だけが愛は発展するというのだ。より大きく投入するという所で発展するのだ。それがある為に神様が幸福たりうる基準を中心に私が補うことができるので神様以上の幸福たりうる場に行くために私は笑わないが、神様が私を見て笑うようになるのだ。私よりも高い場で、私を好きになりうる場で笑うようになりすべてそうなのだ。よくなければ。


笑いであるとか歌であるとかそれは和合できる環境になるのだ。その為に父子の関係も和合、和合するためには環境が何か? 笑わなければならない。好まなければならない。お互いに為にしなければならないし、ためにすることがなくては和合できない。‘あなたは私の為にしなさい、私だけついてきなさい。’ 百人の友人がいたのを10年も行かずすべて追い出してしまうことと同様なのだ。


エバを利用したサタン、女性を利用する左派 ■キングスリポート10月9日,11日(2日分) から引用します。
(翻訳・掲載に感謝申し上げます。)

人間は神様に喜びを返すために生きています。
私たちが天一国憲法を制定したのも、まさに神様に喜びを与えるためです。


動物は"今、今、今、私は今、私の欲求を満たしたい"という考えで生きます。
人は餅だけで生きるのではなく、神の口から出るすべてのみ言葉で生きるのだ。それは難しい茨の道であり、他の人々から嘲笑される道であっても、神様に笑顔と喜びを捧げることができるならやるのです。


次の過去記事も思い出します。




2.「夫婦愛の成長」の必要性

皆さんが結婚して千年万年あの国に行って生きる時、若い青春時代に一番最初に愛したそのような拍子でとどまる愛はだめなのだ。愛が大きくなっていかなければならないのだ。10年間、共に生きながらお互いが刺激を感じて愛したということが結集されて自分自体の価値的な批准を高めてあげるのだ。為に投入すれば必ずあちらで個性真理体、負債を消そうとするために補って戻ってくるのだ。


参考の過去記事は、次です。




3.「個性」の重要性

個性真理体の核たちが合わさって理想郷が拡大されるのだ。それは理論的です。そう、息子娘を持った父母が全部同じに生ずればどのようにするのか? 困難になる。すべて異なるので個性真理体になっているためにその真理体は神様に代わっていくら大きくいくら偉大であっても負債を負いたくないのだ。


次の過去記事の終盤、「2.私たちの才能を利用して支援しなければなりません」の部分を思い出します。




(お問い合わせ先:メール sanctuary.saitama@gmail.com
         電話番号 堀勇一070-6670-5334 堀久子070-6637-7424 )


「キリスト教」のブログは、こちら

任命式の映像はこちら

康真のお母様のご生誕祝い

米最高裁判事 カバノー氏承認騒乱■キングスリポート10月3日,9月27/28/29日(4日分)から引用します。
(翻訳・掲載に感謝申し上げます。)

◆今日(陽暦9月29日 天歴8月20日)は真のお母様の本当の誕生日です。公式的なお祝いはないでしょう。真のお父様のご生誕日に真のお母様のご生誕を一緒にお祝いするつもりです

1927年に誕生されました。真のお母様とお会いする機会が多いのですが、真のお母様は真のお父様と対話されます。 いつ霊界に行くのか真のお父様に尋ねてみられたそうですが、真のお父様は"まだだ。 少し待て。"とおっしゃったそうです


家庭連合が神様から奪ったすべてのものを取り戻さなければならない-10月14日英語説教(その1)から引用します。
(翻訳・掲載に感謝申し上げます。)

「創建」の部分ですが、お分りのように現在改装中です。ここだけでなく、グリーリーの土地でも聖殿と道場、訓練所を造っています。もっとも重要なものは(康賢實)真のお母様の記念施設を建てることです。もう93歳になられるので用意しておかなければなりません。


ヨハネの黙示録/ 12章 05~06節

女は男の子を産んだが、彼は鉄のつえをもってすべての国民を治めるべき者である。この子は、神のみもとに、その御座のところに、引き上げられた。


女は荒野へ逃げて行った。そこには、彼女が千二百六十日のあいだ養われるように、神の用意された場所があった。


ヨハネの黙示録/ 12章 13~14節

龍は、自分が地上に投げ落されたと知ると、男子を産んだ女を追いかけた。 


しかし、女は自分の場所である荒野に飛んで行くために、大きなわしの二つの翼を与えられた。そしてそこでへびからのがれて、一年、二年、また、半年の間、養われることになっていた。


以前から気になっていましたが、引用だけで終わります。



(お問い合わせ先:メール sanctuary.saitama@gmail.com
         電話番号 堀勇一070-6670-5334 堀久子070-6637-7424 )


「キリスト教」のブログは、こちら

任命式の映像はこちら

御父様の「投入」「攻撃性」 文鮮明先生말씀選集から

真の世界創建の主役  (6、完)から引用します。
(翻訳・掲載に感謝申し上げます。)


1.御父様の「投入」

夕食をとらなければ? 「朝です。」(笑い) 朝食か?(笑い) 「韓国では夕食です。」 私は夕食を朝食に、朝食を夕食に、そのように食べる時が多い。ご飯を食べる時間を何、どのように分けることができる? 自分がすることが忙しければ、夜を通すののがならわしだ。問題を解決できなければ眠りをよく眠れない。土地を掘って死ぬ場を掘っておけば掘っておいた。そのようにねばりつよいような男だ。やたらに反対するな、これは。わかりますか? 「はい。」

「昼か夜かも忘れる」と聞いていましたが、その実例です。



2.御父様の「攻撃性」

私が本当にこれからはいきなりぶん殴ろうとそうだ。今までは打たれて奪ってくる作戦をした。打たれて損害賠償だ。これからは探してみる世界のいい立派だという国、生まれがいいという人・・・。アメリカでもそうだ。上院議員、下院議長までも首を切ってしまい、120人の国会議員の首を切った人だ。数百の人たち、ホモを政府から追い出してしまった人だ。そう、私を一番恐れる。


「今までは打たれて奪ってくる作戦をした。」
この記憶が大きく残っています。
それは、御父様の「男性」「攻撃性」を隠そうとする、天使長による「イメージ操作」だったかも知れません。
そうなると、二代王様の「攻撃性」が目立ってしまいます。


上記の御言葉は、その「誤解」を修正してくれるものです。


ついでに、念のため、「銃器」を肯定する御父様の御言葉の過去記事を、リンクして終わります。




(お問い合わせ先:メール sanctuary.saitama@gmail.com
         電話番号 堀勇一070-6670-5334 堀久子070-6637-7424 )


「キリスト教」のブログは、こちら

任命式の映像はこちら