埼玉サンクチュアリ教会(日本サンクチュアリ協会 埼玉教会)

私ども夫婦は、2015年8月30日に米国サンクチュアリ教会本部で行われた「真の御父様の聖和3周年記念礼拝」(蘇生期・真の基元節)および「真の御父様の権威に戻るための祝福式」に参加し、同日の夜、日本において「真の御父様の権威に戻るための祝福式」を行うための、任命の祝祷を受けました。
2015年12月30日にCyberサンクチュアリ人協会の会長を辞め、文鮮明真の御父母様・文亨進二代王様・文國進監察総監様の側近である江利川総会長の下で働くため、日本サンクチュアリ協会に移籍しました。

「火の粉を払え」米本氏の著書「カルトの子」を読んで

カルトと言えば、念のため、下記をリンクしておきます。


11月7日の私のブログから引用します。

「エホバの証人」と言えば、「火の粉を払え」ブログの米本和広氏が詳しく、その著書「カルトの子」が関連書籍であることを、教えて頂いたことに感謝致します。

実は、ご本人から、初めて、お電話を頂いたものでした。
「エホバの証人」と討論したいなら、人物を紹介して下さるとのお申し出でした。
その電話を頂いたのが、私が「介護」手伝いのため、実家訪問中だったことも、ご縁を感じました。
「討論」の前に、まだ「勉強」が必要だとお答えし、著書を読ませて頂くことにしました。


「エホバの証人」について、興味深い情報は次でした。
(引用させて頂きます。改行・太字化・算用数字化は私です。)


101頁

聖書の独自解釈から生まれた禁止事項もやたら多い。

君が代・国歌斉唱、

クラス委員選挙から国会議員選挙まで選挙のすべて

プロレスごっこや柔剣道などの格闘技一切

格闘の場面が出るテレビ番組・映画、

ロックやジャズ

ドラッグという歌詞が出てくる歌、

鯨肉の摂取、

輸血。

教団の戒律は細かく分類すれば三千にも及ぶと指摘する人もいる。

「救国運動」「平和軍警察」「ボブ・ディラン」と矛盾します。


146頁

統治体の聖書解釈によってこれまで教義はたびたび変更されてきており、

輸血が禁止になったのは1950年代以降のことである。

その輸血も近々解禁になると噂されている。


1975年に起きるはずだったハルマゲドンの預言は、

その後「第一次世界大戦(1914年~18年)を見た世代がいなくなったときに起きる」に変更され、

数年前からはたんに「終わりの日はもう近い」とだけ言うようになっている。

統一原理の「再臨論」を紹介したいものです。


「カルトの子」には、「統一教会」についても書かれています。
それについては、別の記事にします。



(お問い合わせ先:メール sanctuary.saitama@gmail.com
         電話番号 堀勇一070-6670-5334 堀久子070-6637-7424 )


「キリスト教」のブログは、こちら

任命式の映像はこちら

天一国で実現される「真の資本主義」

左派も神の鉄の杖を賛美する。私はあなたを敵陣の中心に置いた。 キングスリポート11月14日,15日(2日分)から引用します。
(翻訳・掲載に感謝申し上げます。)

偽の資本主義政経癒着を生んで独占企業を育てる結果を生みます。

◆アマゾンは政経癒着のとても良い見本ですが

民主党があまりにも貧しい(皮肉)独占企業アマゾンのジェフ・ベイゾフに2ビリオンドルをあげ

いつも左派は資本主義を非難する際、偽資本主義の問題について指摘しています。

そして出した解決策は思想の平等点(「結果の平等」を目指す思想?)に戻らなければならないというが、このことは結局社会主義共産主義に進まなければならないという言葉ですね。

政府の問題を解決するためにより大きな政府を作ろうという非常策を出すのです。

アマゾンは自分の2番目の本社を移す過程でニューヨーク市に移転することになりました。

そのような過程で民主党のニューヨーク市長のコミーは、アマゾン会社に2ビリオンドルを気前よく出してあげたのです。

これからはニューヨーク州に住めば、結局好きでも嫌いでもアマゾンに税金を食べられてしまうことになります。

オカジオ(左派若い女性国会議員)はこのようなニューヨーク市とアマゾンとの政経癒着を強く非難したが、骨の髄まで左派のオカジオがこれに反対し社会主義という解決策を出しています。

資本主義は自由市場が必要なのです。アメリカでも純粋な自由市場ではありません

アメリカはいろんな規制の法を作って自由市場に干渉しています。

「偽りの資本主義」について語られていますが、それを裏返せば「真の資本主義」になります。
「真の資本主義」のキーワードは「純粋な自由市場」です。


その考え方は、経済学者フリードマンに近いようです。
フリードマンは天一国憲法に近いと思われます(完全ではありませんが)。

しかし、この記事では、最後に批判が行われています。

新自由主義は、自由であるという響きから国民主体の素晴らしい考え方のようにも見えます。しかし、政府の介入をなくし規制を緩和すること貧富の差が広がりました。

このような「批判」を鵜呑みにすることはできません。
実際は「政府の介入をなくし規制を緩和すること」は行われず、「政経癒着」が行われている、というのが御言葉で語られている真実です。
それが「貧富の差」の真相です。


騙されれば、「自由主義」が否定され、「社会主義共産主義」に誘導されてしまいます。
騙されずに、「自由主義」を主張し、天一国の「真の資本主義」を実現したいものです。



(お問い合わせ先:メール sanctuary.saitama@gmail.com
         電話番号 堀勇一070-6670-5334 堀久子070-6637-7424 )


「キリスト教」のブログは、こちら

任命式の映像はこちら

ヨナ王妃に撮って頂いた写真 「頼もしい妻」

古いですが、2015年9月6日の当ブログから引用します。

8月31日の午前中は、山の中に入り、滝のふもとの水辺に行きました。

亨進様が到着されると、洗礼式のように、一人一人を水に浸して下さいました。

私が家内の写真を撮ろうとしていたら、「二人を撮ってあげましょう」と言って下さる女性がいました。

「ありがとうございます」とカメラをお渡ししたら、それはヨナ様でした。

その時の貴重な写真は次です。

今回のテーマにふさわしい写真だと思いました。


鉄のつえの王国を抑えつけることは難しい-12月2日英語説教(その3)から引用します。
(翻訳・掲載に感謝申し上げます。)

箴言31章に行きましょう。箴言の最後の章です。10節に行きます。


10:だれが賢い妻を見つけることができるか、彼女は宝石よりもすぐれて尊い。11:その夫の心は彼女を信頼して、収益に欠けることはない(他人から略奪する必要は無い)。

12:彼女は生きながらえている間、その夫のために良いことをして、悪いことをしない。13:彼女は羊の毛や亜麻を求めて、手ずから望みのように、それを仕上げる。14:また商人の舟のように、遠い国から食糧を運んでくる。15:彼女はまだ夜のあけぬうちに起きて、その家の者の食べ物を備え、その女たちに日用の分を与える。16:彼女は畑をよく考えてそれを買い、その手の働きの実をもって、ぶどう畑をつくり、17:力をもって腰に帯し、その腕を強くする。18:彼女はその商品のもうけのあるのを知っている、そのともしびは終夜消えることがない。19:彼女は手を糸取り棒にのべ、その手に、つむ(心棒)を持ち、20:手を貧しい者に開き、乏しい人に手をさしのべる。21:彼女はその家の者のために雪を恐れない、その家の者はみな紅の着物を着ているからである。22:彼女は自分のために美しいしとね(しきもの)を作り、亜麻布と紫布とをもってその着物とする。23:その夫はその地の長老たちと共に、町の門に座するので、人に知られている。24:彼女は亜麻布の着物をつくって、それを売り、帯をつくって商人に渡す。25:力と気品とは彼女の着物である、そして後の日を笑っている。26:彼女は口を開いて知恵を語る、その舌にはいつくしみの教がある。27:彼女は家の事をよくかえりみ、怠りのかてを食べることをしない。28:その子らは立ち上がって彼女を祝し、その夫もまた彼女をほめたたえて言う、29:「りっぱに事をなし遂げる女は多いけれども、あなたはそのすべてにまさっている」と。30:あでやかさは偽りであり、美しさはつかのまである、しかし主を恐れる女はほめたたえられる。31:その手の働きの実を彼女に与え、その行いのために彼女を町の門でほめたたえよ。

主に太字は、私にとって、家内のイメージに当てはまります。
私の「手の働きの実を彼女に与え」ることが少ないので、せめてここで「ほめたたえ」させて頂きます。



(お問い合わせ先:メール sanctuary.saitama@gmail.com
         電話番号 堀勇一070-6670-5334 堀久子070-6637-7424 )


「キリスト教」のブログは、こちら

任命式の映像はこちら