埼玉サンクチュアリ教会(日本サンクチュアリ協会 埼玉教会)

私ども夫婦は、2015年8月30日に米国サンクチュアリ教会本部で行われた「真の御父様の聖和3周年記念礼拝」(真の基元節)および「真の御父様の権威に戻るための祝福式」に参加し、同日の夜、日本において「真の御父様の権威に戻るための祝福式」を行うための、任命の祝祷を受けました。
2015年12月30日にCyberサンクチュアリ人協会の会長を辞め、真の御父様・亨進様・国進様の側近である江利川総会長の下で働くため、日本サンクチュアリ協会に移籍しました。

余談 「交差配列」と、慰めの歌

(昨日の当ブログは、どうにかサンクチュアリ関連と言えますが、今回は余談です。)


韓国福音派キリスト教界が「真の母」という用語を使い始めた!-6月17日「鉄のつえの王国18」英語説教(その2)から引用します。
(翻訳・掲載に感謝申し上げます。)

交差配列というのはA→B、B→Aのパターンです。これはヘブライ語の詩的散文に決まって見られるのです。もちろん宗教聖典にも見られます。なぜこういうことが発達したかというと記憶しやすいようにするための工夫でした。(文字ではなく)口頭で伝えていくものでしたから。

神は→偉大だ。(A→B)良きお方こそ→神様だ。(B→A)というものです。


ボブ・ディランの歌で思い出すものは次です。

All you can do is do what you must.

You do what you must do and you do it well.

(できることは、やらなければならないことをやるだけ

やらなければならないことをやれば、うまくやる)


Buckets of Rain(カバー)

御言葉に出会う前の、「哲学」あるいは「慰め」でした。
その精神は、昨年9月10日の当ブログ、自作曲(2014年)にも受け継がれています。

最善でなくても やれることだけやる

最善なのかどうか その時分からない


上記は「交差配列」ではありません。
「交差配列」は、次の部分です。

かわいそうであれば 許されているはず

許されていないなら かわいそうではない

作曲には、ある程度、必然性があります。
この歌の場合、ある「裏切り」について、「自分を慰める」ためのものでした。


「裏切った人」について、その事情により、神様が許しているのなら、文句は言えません。
神様が許していないなら、「報い」を受けるでしょう。


同時に、「裏切られた人」について、その結果が、「罪滅ぼし」(蕩減条件)になったとすれば、良いことです。
「罪滅ぼし」(蕩減条件)が足りないとすれば、文句は言えません。


一昨日の当ブログのように、「罪人」同士の人間関係には、「謝罪」と「自己否定」が必要です。
私の場合、「慰め」も必要でした。



(お問い合わせ先:メール sanctuary.saitama@gmail.com
         電話番号 堀勇一070-6670-5334 堀久子070-6637-7424 )


「キリスト教」のブログは、こちら

任命式の映像はこちら

「社会的な孤立」と、戦いの歌

ディープ・ステートと戦うために朝鮮半島を捨てたトランプ■キングスリポート6月11日・12日(二日分)から引用します。
(翻訳・掲載に感謝申し上げます。)

全教団から孤立され、全ての人間関係が切れて、これまで持って来たすべてのことを遮断されてしまうことは、容易でない決定でした。

今も私の妻も認める部分ですが、私は天の父母と呼ぶことは絶対容認できないし、真のお父様に従うために韓氏オモニと一緒にできないことを話した時、私の妻は私を最初かなり止めさせようと説得しました。

女性たちにとっては、社会的な孤立というのは、本当に怖くて恐ろしい懲罰だからです。

もちろん、それを今は認め、悔い改めて、神様に許しを請いました。


私にはそのような決定が当然の決定でした。
なぜなら生涯武道家で生きてきたので、重要な瞬間に決断を下すことができるようになったのです。


もともと食口は皆、世間を捨てることができた人達でした。
信仰生活は、同じようにしてきたと仮定します。
すると、サンクチュアリに来た人には、何か条件があったのかも知れません。
私の場合、「武道家」ではなく、「ボブ・ディランのファン」でした。

I know the reason

That you talk behind my back

I used to be among the crowd

You're in with

(陰口を言われる理由は、分かっています。

私もかつて、皆さん達、大勢の中にいましたから。)


Bob Dylan - "Positively 4th Street"

「陰口」も、「少数派」になることも、気にしませんでした。

You got a lotta nerve

To say you got a helping hand to lend

You just want to be on

The side that's winning

(皆さんが、「救いを行う」なんて、図々しい言い草です。

勝つ側に付いていたいだけでしょう。)

「勝ち負け」も、気にしませんでした。


Strange how people who suffer together have stronger connections 

than people who are most content

I don't have any regrets they can talk about me plenty when I'm gone

You always said people don't do what they believe in 

they just do what's most convenient then they repent

And I always said. "Hang on to me baby and let's hope that the roof stays on"

(とても満足している人達よりも、共に苦しむ人達が、強い絆を持つのは、面白いことです。

私は後悔しません。私がいなくなったら、彼らは、噂話をたくさんできます。

「みんなは、信念ではなく、方便に従って、後悔することになる」と、あなたはいつも言っていました。

「私にしがみついて、屋根が飛ばされないことを祈りましょう」と、私はいつも言っていました。)


Bob Dylan - Brownsville Girl

サンクチュアリの人達は、少数派にもかかわらず、「分裂」気味なのは、各自、満足して、自信があるからかも知れません。
神学的に劣勢な家庭連合の方が、「団結」しているようです。


それはともかく、「噂話」も、「不便」も、「嵐」も、気にしませんでした。



(お問い合わせ先:メール sanctuary.saitama@gmail.com
         電話番号 堀勇一070-6670-5334 堀久子070-6637-7424 )


「キリスト教」のブログは、こちら

任命式の映像はこちら

「あ。すみません。こいつがまた出ましたね。」

「キリストは100%神であると同時に100%人間」
それを真似れば、「私達は100%神の子女であると同時に100%罪人」です。


「神の子女」であることは、キリストからの一方的な恩恵だからです。
そのことを別にすれば、私達は「罪人」に過ぎません。


<聖殿アカデミーよ!悪の血筋を断ち、神の血筋を立てなさい>2018年6月13日 韓国語説教<第2部>から引用します。
(翻訳・掲載に感謝申し上げます。)

皆さんは皆さんが一番大きな敵だよ。あなたは、あなたはあなたの一番大きな敵だよ。ここで。あなたたちは、同い年じゃない。ここで教えてくれる師範たちじゃない。あなたはあなたの一番大きな敵だよ。え?

あなたが一番大きな問題だ。あなたはあなたをよく見なければならない。あなたはあなたの怪物としっかりと戦わなければならない。

私の中にいる怪物が一番大きい。そいつをずっと保護しようとする。きれいなふりだけして、あなたの中にいる腐った怪物だよ。そしてこの人たちと暮せば暮すほど、あなたの腐った黒い怪物がだんだん出てくる。


だからそいつが出た時、「あ。すみません。こいつがまた出ましたね。」このようにできればもっと皆さんは成功できるよ。

ある時ミスをしたら「ok、ごめんね」と謝罪して。謝罪が難しい。それほど難しい。

大人たちもそうですね。人は皆同じだ。とにかく、そういうことをやり過ごすことができれば、あなたたちの人生はより幸せになる。


上記は、狭い範囲の「生活」に関するものです。
より広い範囲の「人生」について、御父様の御言葉があります。


創造偉業の相続とカイン、アベルの血統復帰  (4)から引用します。
(翻訳・掲載に感謝申し上げます。)

皆さんが今まで統一教会に入ってきて数年生きたが自分を失ってしまい神様を中心に生きてきたのか、先生を中心に生きてきたのか? どれ程ぼろぼろの場かわからない。これはどれ程盗人よりも、強盗の野郎よりも悪いのだ。どれ程不信し、どれ程自分の思い通りにしたかわからないのだ。

だから皆さんは今先生を信じ不孝をし、何、準備して自分の欲をもって争ったりもし、ありとあらゆることをしながらここまで出てきたというのだ。自分がこれを知ることによってどれ程悪かったということ、サタンよりももっと悪かったという事実を知らなければならない。そうじゃないか?

そのために終わりの日になる前に完全に否定しなければならない。自分たちが体、心が争うそのような心をもって天下を全て復帰して乗って座ったとして勝利者がだめだ。

霊界に行って再び地上に来て蕩減できるのか? 地上や天上が全て天と直結するためにこれは越えて行く時に自分が主張できるものがあってはならないのだ。自分の思い通りにはならない。公式は一つだ。何、このようにあのように自分たちが考える通り私はこのように行くとしてそれが合わない。一つの心まで持ってきて合わさなければならない。


ブログ村の「同時性」に感謝します。



(お問い合わせ先:メール sanctuary.saitama@gmail.com
         電話番号 堀勇一070-6670-5334 堀久子070-6637-7424 )


「キリスト教」のブログは、こちら

任命式の映像はこちら