埼玉サンクチュアリ教会(日本サンクチュアリ協会 埼玉教会)

私ども夫婦は、2015年8月30日に米国サンクチュアリ教会本部で行われた「真の御父様の聖和3周年記念礼拝」(真の基元節)および「真の御父様の権威に戻るための祝福式」に参加し、同日の夜、日本において「真の御父様の権威に戻るための祝福式」を行うための、任命の祝祷を受けました。
2015年12月30日にCyberサンクチュアリ人協会の会長を辞め、真の御父様・亨進様・国進様の側近である江利川総会長の下で働くため、日本サンクチュアリ協会に移籍しました。

号外 「さらば、黒頭巾」 サンクチュアリ内部の「詐欺師」

他のブログでも批判されている人ですが、意外と評判は落ちていないかも知れません。
それが「詐欺師」の腕前です。
Kタイプの私が、「こういう人もいるんだ」と驚いた、Rタイプの人です。
ご本人が正しく生きるため、また、周囲の人が正しい人物評価をするため、私の良心に従って、情報提供させて頂くことにしました。
(しかし「サイコパス」は、正しく生きることが不可能なようです。
家族さえも犠牲になるそうですので、同情させて頂きます。)


2017年2月12日の亨進様説教から引用します。
(翻訳・掲載に感謝申し上げます。)

嘘のつき放題です。嘘をつきながら政治権力を得ようとします。

あまりに深みにはまっているがゆえ、あまりの傲慢さゆえ、悔い改めようとしないのです。その権力欲の強さゆえに何世代もかけて積み重ねてきているのです。

彼は騙しのプロです。最上級の悪、すべてを罠にかけて引っ張ってくるのです。そうしておいて一撃で打ち砕くのです。そこに引き込む方法を熟知しています。

「悪魔を悪魔と呼ばなければならない」、「悪を悪と呼ばなければならない」

こういう御言葉を読むたびに思い出す人です。
当ブログで時々、「サンクチュアリ内部の人間にも警戒すべきだ」と書く動機となった人です。


話は遡って、2015年12月、私がCyberサンクチュアリ人協会の会長を辞める前後のことです。
ある方から、「堀さんを辞めさせようとしている人がいる」と聞きました。
他の方からは、「会長になればお金が動かせるんだ、と言っている人がいる」と聞きました。
同一人物のことです。


その人は、かつて私が、三代王権・こころのサンクチュアリー教会の代表者の実名を発表した時に、その秘密の計画を立てた3人のうちの1人です。
その人は、なぜか途中で心変わりしましたが、多数決に従いました。


しかし、その人は、私を辞めさせようとするに当って、上記の計画の実行を批判しました。
共同会長でしたが、私とのコミュニケーションを充分にせず、他の役員には根回しして、私を辞めさせる環境を整えました。


その時「騙された」役員達は皆、その後、新しい会長の「正体」を知って離れて行き、各自のブログで批判を書いたりしています。
遅ればせながら、私も書かせて頂くことにしました。


「正義」のために「真実」を発表する「責任」を果たしたつもりです。
その評価は、皆様の「自由」にお任せ致します。


****
****


以下は、2016年7月、その人がブログで私を批判した時に、準備した未発表の記事です。
相手は私の名前を出しましたが、私は相手を匿名にしてあげる分、遠慮なく書きました。


<ある人のこと Rタイプの人>


2016年7月26日の当ブログの続きです。


1.落第者


その人は、「聖職者」に向いていないので、かつて落第しました。
しかし、最近、同じ「業界」でチャンスを得ました。



2.破産者


その人は、経済的に困窮していました。
ですから、お金を動かせる「ポスト」を望みました。



3.陰謀家


その人は、ある人に対する「密告」を企画しました。
後になると、別の人に対する「追い出し」を企画しました。



4.卑怯者


その人は、信頼関係に基づく「計画」の途中で、心変わりしました。
後になると、それを利用して、関係者を攻撃しました。



5.詐欺師


その人は、「表」では立派なことを言います。
しかし、いずれは「裏」が知られてしまいます。



6.独裁者


その人は、つかんだ「利権」を手放さないでしょう。
これから見ていれば分かることです。


****


7.「組織」の人


その人は、サンクチュアリ共同体よりも、自分の「組織」が第一でした。
おそらく今でも同じです。



8.「裏取引」の人


その人は、相手に直接言わず、陰で、周りの人と話し合いました。
亨進様の教えと正反対です。



9.「矛盾」の人


その人は、「充分なコミュニケーションを取るべきだ」と言いました。
一方で、「言わなくても分かるはずだ」と言いました。
その人は、「ネット上で名前を出して批判はよくない」「争いはよくない」と言いました。
一方で、ネット上で名前を出して批判を行いました。


****


亨進様は「争い」を認めています。
私も、必要があれば争います。



(お問い合わせ先:メール sanctuary.saitama@gmail.com
         電話番号 堀勇一070-6670-5334 堀久子070-6637-7424 )
         任命式の映像はこちら

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。