埼玉サンクチュアリ教会(日本サンクチュアリ協会 埼玉教会)

私ども夫婦は、2015年8月30日に米国サンクチュアリ教会本部で行われた「真の御父様の聖和3周年記念礼拝」(蘇生期・真の基元節)および「真の御父様の権威に戻るための祝福式」に参加し、同日の夜、日本において「真の御父様の権威に戻るための祝福式」を行うための、任命の祝祷を受けました。
2015年12月30日にCyberサンクチュアリ人協会の会長を辞め、文鮮明真の御父母様・文亨進二代王様・文國進監察総監様の側近である江利川総会長の下で働くため、日本サンクチュアリ協会に移籍しました。

「二度と奴隷のくびきにつながれてはならない」

自由を得させるために、キリストはわたしたちを解放して下さった■キングスリポート8月9日(木) から引用します。
(翻訳・掲載に感謝申し上げます。)

今日の聖句リマはガラテヤ人への手紙5章です。

 5:1自由を得させるために、キリストはわたしたちを解放して下さったのである。だから、堅く立って、二度と奴隷のくびきにつながれてはならない。

聖殿食口の方々は、神様のみ言葉を飲むことを楽しみ、愛しています。

み言葉についていつものどが渇いて神様のみ言葉を井戸から水をくんで飲むことを愛します。

本当にまた読んでも、読んでも、楽しいみ言葉ではないですか!!!

このみ言葉を私たちの魂に刻まなければならないのです。

霊的サタンの「罪の奴隷」にならないのが第一です。
次に、この世のサタンの罠、「借金の奴隷」「政府の奴隷」にならないことです。
そして、ミクロでは、「家庭連合の奴隷」にならないことです。



シャボン玉のブログ●二代王 「家庭詐欺連合が二代王を公式的に告訴」2018.8.8
から引用します。

家庭連合からの告訴に、もし聖殿側が勝ったら、その家庭連合の資産が聖殿側に戻って来るという、夢のような話をされました。もし、本当にそうなったら、今の組織信仰をしている多くの家庭連合の食口達、そして幹部達は、家庭連合組織が崩る事を予想し、聖殿組織の方が大きくなりそうだと判断すれば聖殿を訪ねて来るでしょう。

さらには、究極的に、家庭連合内の「クーデター」もあり得るかも知れません。



2016年5月22日の当ブログ、「万一、私達が家庭連合に戻るとしたら」から引用します。

天聖経、天一国国歌、家庭盟誓等、そして、何より「代身者・相続者」を元に戻すことが、単純明快な解決策です。


さらに、遡って、2015年8月2日の当ブログから引用します。

 1.現存組織が文鮮明先生に戻ることを願っています。

   それは具体的には、文亨進様を再び世界会長にお迎えして、指導を受けることです。


 2.すべての信仰者は、文鮮明先生から離れた現存組織の指導を受けるべきではありません。

   すべての信仰者は、文亨進様の指導を受けるべきです。


 3.文亨進様の指導は、インターネットを通じて、直接受けることができます。

   埼玉サンクチュアリ教会は、地域における信仰者の連携を協助します。


2017年10月13日の当ブログ、「家庭連合の『王冠摂理』? 改めて『過ぎてみれば愛であった』」から引用します。

もちろん、二代王は「改革」を目指したはずです。

しかし、「異端」の幹部達が、がっちり固めていることは、今では明らかになっています。

 結局、今と同じくらい、「スクラップ・アンド・ビルド」(破壊と再建)が必要だったと思います。

ですから、「過ぎてみれば愛であった」と言えます。

今ならば、家庭連合は「改革」されるしかありません。


2016年2月21日の当ブログ、「悪と戦う自由」から引用します。

御父様の作った組織が失敗したことは残念なことです。

こういうことを見て、御父様を不信する人もいます。

しかし、それは御父様の責任ではなく、「権力者たち」の責任分担でした。


亨進様・国進様は、その経験から学び、「自由と責任」のシステムを選びました。

悪なる権力者たちを作らないシステムです。

それは「悪と戦う」システムです。

「悪」に気づかなかったり、「戦う」ことを恐れて、「放置」すれば、再び「悪なる権力者」が生まれるでしょう。

ですから、私達は、「二度と奴隷のくびきにつながれてはならない」ということが、分かっています。



(お問い合わせ先:メール sanctuary.saitama@gmail.com
         電話番号 堀勇一070-6670-5334 堀久子070-6637-7424 )


「キリスト教」のブログは、こちら


任命式の映像はこちら

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。