埼玉サンクチュアリ教会(日本サンクチュアリ協会 埼玉教会)

私ども夫婦は、2015年8月30日に米国サンクチュアリ教会本部で行われた「真の御父様の聖和3周年記念礼拝」(真の基元節)および「真の御父様の権威に戻るための祝福式」に参加し、同日の夜、日本において「真の御父様の権威に戻るための祝福式」を行うための、任命の祝祷を受けました。
2015年12月30日にCyberサンクチュアリ人協会の会長を辞め、真の御父様・亨進様・国進様の側近である江利川総会長の下で働くため、日本サンクチュアリ協会に移籍しました。

ピリピ人への手紙から

キングスリポート12月 4日(月)から引用します。

今日の聖句はピリピ人への手紙2章5節からです。

5 キリスト・イェスにあっていだいているのと同じ思いを、あなたがたの間でも互いに生かしなさい。

6 キリストは、神のかたちであられたが、神と等しくあることを固守すべき事とは思わず

(中略)

 7 かえって、おのれをむなしうして僕のかたちをとり、人間の姿になられた。その有様は人と異ならず、

8     おのれを低くして、死に至るまで、しかも十字架の死に至るまで従順であられた。

9     それゆえに、神は彼を高く引き上げ、全ての名にまさる名を彼に賜った。

「従順」の価値が分かります。


2017年11月29日韓国語水曜礼拝<全文>康賢實 真のお母様から引用します。

今日私が主に考えているのはピリピ人への手紙1章20節にあるみ言です。

1:20そこで、わたしが切実な思いで待ち望むことは、わたしが、どんなことがあっても恥じることなく、かえって、いつものように今も、大胆に語ることによって、生きるにも死ぬにも、わたしの身によってキリストがあがめられることである。

「伝道」の価値が分かります。


同じ頃、私は、(リマでなく)順序通りの「聖書訓読」で、「ピリピ人への手紙」を読んでいました。


3章 20節~21節

しかし、わたしたちの国籍は天にある。そこから、救主、主イエス・キリストのこられるのを、わたしたちは待ち望んでいる。 


彼は、万物をご自身に従わせうる力の働きによって、わたしたちの卑しいからだを、ご自身の栄光のからだと同じかたちに変えて下さるであろう。 

再臨主による「原罪清算」の預言だと思います。


4章 04節~07節

あなたがたは、主にあっていつも喜びなさい。繰り返して言うが、喜びなさい。


あなたがたの寛容を、みんなの人に示しなさい。主は近い。


何事も思い煩ってはならない。ただ、事ごとに、感謝をもって祈と願いとをささげ、あなたがたの求めるところを神に申し上げるがよい。


そうすれば、人知ではとうてい測り知ることのできない神の平安が、あなたがたの心と思いとを、キリスト・イエスにあって守るであろう。

御父様と二代王と共に生きる私達は、もっと恵まれています。


4章 11節~13節

わたしは乏しいから、こう言うのではない。わたしは、どんな境遇にあっても、足ることを学んだ。


わたしは貧に処する道を知っており、富におる道も知っている。わたしは、飽くことにも飢えることにも、富むことにも乏しいことにも、ありとあらゆる境遇に処する秘けつを心得ている。


わたしを強くして下さるかたによって、何事でもすることができる。

アージュ!


(お問い合わせ先:メール sanctuary.saitama@gmail.com
         電話番号 堀勇一070-6670-5334 堀久子070-6637-7424 )


「キリスト教」のブログは、こちら

任命式の映像はこちら

上昇する二代王の位相

私達が、ほとんど貢献していないようでも(精誠条件は別ですが)、二代王の位相は上昇しています。
揺るぎない神様の王国<全文>韓国語水曜礼拝2017年12月6日から引用します。
(翻訳・掲載に感謝申し上げます。)


先に、御父様の役事を証される、御母様の御言葉です。

私たちがするということよりも霊界でじっとしていることができません。私はそのように考えるのですが、霊界で生きておられる神様が役事をされて、またさらに、私たちのお父様がおっしゃったそのみ言を、み言だけ語られるのではなく、必ず現れられて、成し遂げられて、勝利されることを今日、皆さんが信じて下さるように願います。

私たちが信じれば、信じたその通りに必ずなることができます。

ところで、私たちが信じられなければ駄目です。信じられなければ、駄目なのです。


ゼロからの「奇跡」が、御父様の役事を証明しています。

お父様がすべてのものを私に相続されましたが、私はすべてを失っても、お父様を捨てずにお父様が立てられたカインとアベルしか、深い寒い荒野に入ってきて、再びお父様の基盤をもう一度お父様を信じて、驚くべき聖霊役事を通しながら、ヨハネの黙示録12章に…真のお母様も、9月23日に、12章で9月23日に勝利されるようになって、サタンのマクロコスモスの児童性暴行の組織とサタンの組織が滅亡しています。

そして、所有権、トランプ大統領の当選、ペンシルバニアの東北地域、ペンシルバニアが当選させながら、トランプは今、全世界を転覆させています。

私たちは、すべてを失っても!私たちは、お父様を捨てずに、お父様のために戦って、世界の大統領と連結され、全世界のミクロコスモスとマクロコスモスを連結させながら、全世界を転覆させる歴史を作りました。お父様が!

お父様に大きな拍手を送ってみましょう。(大きな拍手)


ジョージ・ソロスに負けない味方もできました。

銃器所有の会長がわたしたちのスイス平和軍警察コンファレンスに来られます。お父様が驚くべき役事をされて、キングスレポートに出演されましたね。とても歳を取られた方が。この方が米国で大変大きなパワーのある人です。


米国で銃所有協会(GOA)とNRA(全米ライフル協会)は米国で一番大きなロビー組織です。最も大きな(組織です)。ジョージ・ソロスの組織も比較できません。そして、この人たちが、皆さんの権利と米国の銃所有の自由のために、毎日毎日毎日一片丹心に戦っています。戦って戦って、毎日戦っています。毎日国会議員たちと戦っています。毎日、ワシントンに行って門をたたいて戦っています。このような愛国者です。ところが今回、ラリー・プラット会長が、私たちの平和軍警察ヨーロッパコンファレンスに来られます!!(拍手)

今度は気がつきましたね。拍手する雰囲気が読めましたね。(笑)


家庭連合と違い、「お金」に頼らない勝利が、素晴らしいものです。

ワウ!ワウ!ラリー・プラット会長がもうキングスレポートにも出て、天一国憲法とキングスレポートのコーヒーカップとティーシャツの感謝の手紙を送ってくれました。アイゴ、ティーシャツと色々な物を受け取りましたと、ありがとう、ありがとうと。この方がこんなに親しく連結してくださいます。驚くべき、驚くべき内容です。キングスレポートがなかったなら、この方とこんなに心情的にパンと繋がることは出来なかったでしょう。ですから今回、もっと深い縁ができるでしょう。


今回スイスに行って、ラリー・プラット会長、・・・私たちのヨーロッパ聖殿がしているのですが、飛行機のチケットに1000ドルしかもてなすことができません。このように申し上げたところ、ラリー・プラット会長は「大丈夫です。私は行きます」と。私の妻も(行きます)。1000ドルしか(準備)できなくて、会長がされなければならないにもかかわらず、私は行くと。(拍手)


地元の上院議員を通して、首都ワシントンへの道も開かれました。

また、今回私は、共和党から招待されて、日曜日に行って祈ってくれと、だから私は礼拝に早く行きました。ところでそこに行ったのですが、とにかく、小さな説教をしました。祈祷して小さな説教をしました。様々な左派の悪口を言って、ヒラリー魔女、ドナルド・トランプ、メリークリスマス、・・・クリスマスパーティーだったので。


とにかく、ここにいる主流勢力が、主流勢力の重要人物たちが全ているのです。,私たちのテーブルでコミシナ・カリディ、そのコミシナ・・・何?州郡委員の隣に座って、サナダ・リサベーカー、ペンシルベニア州上院議員が一緒に座りました。

そして、リサベーカー上院議員が「首都に、一度私たちの首都に文牧師をお連れして、私たちの上院議員のために祈祷して按手してくれれば良いと思います。」このように仰ったのです。(拍手)


冒頭の御母様の御言葉を繰り返します。

私たちが信じれば、信じたその通りに必ずなることができます。

ところで、私たちが信じられなければ駄目です。信じられなければ、駄目なのです。

私達も、信じることで、貢献したいと思います。


(お問い合わせ先:メール sanctuary.saitama@gmail.com
         電話番号 堀勇一070-6670-5334 堀久子070-6637-7424 )


「キリスト教」のブログは、こちら

任命式の映像はこちら

最重要事項「絶対性」のために

「真の父母」は、「絶対性」の完成者です。
結局、韓氏オモニの失敗も、この問題です。
縦横8段階を乗り越えなければならない点で、私達とは次元が違いました。
私達は、下記の御言葉で解決できる次元だと思います。
二代王の外的なアドバイスと、御母様の内的な指導です。


キングスリポート11月30日(木)から
(翻訳・掲載に感謝申し上げます。)

ある実験によると、20分を話して、その人がどうだったかと聞いた時、​相手が身体的に優れて、顔が美しく、​体が運動で鍛えられた時​、実験に参加した60%が相手に一目惚れしたと言いました。

そのため、一目惚れしたと言うのは、外見的に優れているから、性的に引かれるのです。

私たちが配偶者を選択する時、私たちは我々の目を信じて、ドーパミンが大量放出される状況が最も重要なことではない、ということを知らなければなりません。

一目ぼれしてあまりにも相手が良いと感じても、その感じが全部抜けた後、私はこの人を愛していないと思い、どこに‘もっと大きな魚'があるか捜し回ります。

結婚をしてからも女性たちは‘さらに大きな魚'を捜し回ります。

だから、現代社会の女性が不幸なのです。

首を長くして‘もっと大きな魚(bigger and better dear:BBD)を探し続けているから、​自分の前にいる夫の行動が全部気に入らないのです。

私の話が間違ってますか?

一目で誰かに惚れる、全部嘘です。

その言葉はただ外見的に性的魅力を感じたという意味です。

だから、未婚でしたら肉体的にその人に引かれるとか引かれないとかで、結婚相手を決定してはいけません。

結婚した女性は、最も良い夫の良さ3つを毎日言うのです。

このような一目惚れするロマンスは、ドラマを売るための詐欺だということを、知る人はみんな知っているのです。

妻が夫について、毎日3つの良さを考えなければならないというのです。


11月29日韓国語水曜礼拝<全文>康賢實 真のお母様から
(翻訳・掲載に感謝申し上げます。)

家庭盟誓は天一国を成す絶対的な基準です。また、憲法と同じものなのです。皆さん世の中で家庭盟誓という言葉を聞いたことがありますか?歴史上初めて出てきた言葉です。太初に神様がご自身の息子であり、人類の最初の先祖として創造された男性と女性が堕落によって真の家庭を失ってしまいました。したがって、神様はご自身の創造理想を絶対的な基準で成し遂げなければならない摂理的使命のために家庭盟誓を設定して宣言されたのです。


人間がこの地上に本来の理想の家庭である真の家庭の母体を完成して、神様に永遠の喜びをお返しすることができ、また更には、神様を皆様の家庭で直接侍り住むことができる地上天上天国を創造した必然的な道具として祝福をされたのです。


この境地に私たちが入るには、皆様の心と体が完全一体を成して一心一体一念、また、一和の境地まで行かなければならなかったということです。皆さんの主人であり、親であり、師匠として下さった良心の命令に従って、体が100%従順屈服し、絶対信仰、絶対愛、絶対服従して、今日、私たちの人格完成基準が望まれ願われる御旨に合致した位置に私たちが立たなければならないのです。更に、皆さんの家族全てが天の意思を中心として一つになる心身、心と体の統一、父母統一、夫婦統一、父子統一、兄弟統一の基本枠、つまり真の愛の一体圏を完成してこそ家庭盟誓を言う事が出来るとお父様は仰っていました。


(お問い合わせ先:メール sanctuary.saitama@gmail.com
         電話番号 堀勇一070-6670-5334 堀久子070-6637-7424 )


「キリスト教」のブログは、こちら

任命式の映像はこちら