埼玉サンクチュアリ教会(日本サンクチュアリ協会 埼玉教会)

私ども夫婦は、2015年8月30日に米国サンクチュアリ教会本部で行われた「真の御父様の聖和3周年記念礼拝」(真の基元節)および「真の御父様の権威に戻るための祝福式」に参加し、同日の夜、日本において「真の御父様の権威に戻るための祝福式」を行うための、任命の祝祷を受けました。
2015年12月30日にCyberサンクチュアリ人協会の会長を辞め、真の御父様・亨進様・国進様の側近である江利川総会長の下で働くため、日本サンクチュアリ協会に移籍しました。

「堀」の名前の意味

真の神様の平和王国は我が祝福家庭たちの真の祖国  (7) から引用します。
(翻訳・掲載に感謝申し上げます。)

ホ・ムンド(許文道)、ここに一線の将兵になって募金運動を一度してみなさい。させればするのか? あ、尋ねているじゃないか? 許文道! 許可を受けた文先生の、文家の道を取って通うじゃないか、名前が?


み旨の道で花の中の花になれ  (3)から引用します。
(翻訳・掲載に感謝申し上げます。)

韓国語は啓示的になっている。漢文の文字を何の文字だという? ヒョユリ(金孝律)、何だというのか? 「象形文字です。」 象形、形状だ。人というようになると二つをもってきてくっつけたのだ。そこには意味がある。


4月30日の当ブログで引用した、エルダー部長の言葉を再掲します。

私たちは真のお父様から直接的にメッセージを受けることができます。

それは、冒頭二つのの御言葉を読んだ時ではなく、下記を読んだ時に受けました。


「民間防衛」173頁から引用します。

学校の運動場に堀が掘られた。

そこには民間防災に必要な水を入れることになろう。

今まで、「勇一」の名前の意味は考えても、「堀」は選挙用に「ほり」にしてしまうぐらいでした。
しかし、初めて「堀」の意味を考えました。


「必要な水を入れる」
私の「御言葉好き」は、そのようなものです。
(当ブログも、そのようなものです。)


ついでに考えると、「堀」と言えば、「城」を守るものです。
今まで、「城」=「中心」に仕えることは、得意なことでした。


しかし今は、「主権」「所有権」と言われて、自分自身の「城」=「王国」について、考えさせられています。
(「王冠」も、「鉄杖」も、「王国」のためです。)
そのため、一昨日の当ブログのような「養子」を願い、「里親制度」に登録したり、昨日の当ブログ、「信八様・信満様」のような立場の人を探そうとしています。



(お問い合わせ先:メール sanctuary.saitama@gmail.com
         電話番号 堀勇一070-6670-5334 堀久子070-6637-7424 )


「キリスト教」のブログは、こちら

任命式の映像はこちら

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。