埼玉サンクチュアリ教会(日本サンクチュアリ協会 埼玉教会)

私ども夫婦は、2015年8月30日に米国サンクチュアリ教会本部で行われた「真の御父様の聖和3周年記念礼拝」(真の基元節)および「真の御父様の権威に戻るための祝福式」に参加し、同日の夜、日本において「真の御父様の権威に戻るための祝福式」を行うための、任命の祝祷を受けました。
2015年12月30日にCyberサンクチュアリ人協会の会長を辞め、真の御父様・亨進様・国進様の側近である江利川総会長の下で働くため、日本サンクチュアリ協会に移籍しました。

家庭連合の「王冠摂理」? 改めて「過ぎてみれば愛であった」

10月8日礼拝説教から引用します。
(翻訳・掲載に感謝申し上げます。)

もし、試練の時に韓氏オモニが、尊敬すべき神の人として行動していたなら、神の血統、万王の王の血統を高く掲げていたならば・・・もしそうしていたなら、お父様の血統と王権の前にへりくだっていたなら、王冠はそこにあったのです、世界を解放するために。


3年の艱難期間を貫くようにして、いま行っている王冠摂理も、お父様が聖和された年に、栄光と力をもって行なっていたことでしょう。もちろんサタン側、サタンの王国からの攻撃もあったでしょう。しかし、状況はまるで違ったものになっていたことでしょう。

しかし、現実は、「異端」の韓氏オモニでした。
同時に、「異端」の幹部達でした。
現状は、起きるべくして起きたことだと思います。


家庭連合の「王冠摂理」は、容易に想像できます。
高額献金を要求する、赤い経典の「箱」が、安物だという噂を聞きました。
同様に、安物の王冠を作って、高額献金を要求する、「絶好のチャンス」になっていたと思います。


「氏族的メシヤ」が名ばかりだったように、「王族」も名ばかりだったでしょう。
「奴隷制度」を続けようとしたと思います。
二代王の本意を伝えることはなく、あるいは、理解できずに、「御言葉」と「現場」に「距離」があったと思います。


もちろん、二代王は「改革」を目指したはずです。
しかし、「異端」の幹部達が、がっちり固めていることは、今では明らかになっています。
結局、今と同じくらい、「スクラップ・アンド・ビルド」(破壊と再建)が必要だったと思います。
ですから、「過ぎてみれば愛であった」と言えます。


しかし、われわれは何もないから築き上げなければなりません。

しかし、それほど、がっかりする必要はありません。


4年前、アレックス・ジョーンズも全くマイナーな存在でした。「インフォウォーズ」を見ていると言えば人は「何それ」といいます。それが、いまではニューヨークタイムズを超える影響力を持っているのです。ワシントンポストよりも!どこよりも大きいのです。

4年も経てば、大きく変わる可能性があるということです。
その時、もう一度、「過ぎてみれば愛であった」と言うことでしょう。


(お問い合わせ先:メール sanctuary.saitama@gmail.com
         電話番号 堀勇一070-6670-5334 堀久子070-6637-7424 )


任命式の映像はこちら

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。