埼玉サンクチュアリ教会(日本サンクチュアリ協会 埼玉教会)

私ども夫婦は、2015年8月30日に米国サンクチュアリ教会本部で行われた「真の御父様の聖和3周年記念礼拝」(真の基元節)および「真の御父様の権威に戻るための祝福式」に参加し、同日の夜、日本において「真の御父様の権威に戻るための祝福式」を行うための、任命の祝祷を受けました。
2015年12月30日にCyberサンクチュアリ人協会の会長を辞め、真の御父様・亨進様・国進様の側近である江利川総会長の下で働くため、日本サンクチュアリ協会に移籍しました。

「天一国憲法の配布」 方向性の確認 3月15日「王の報告」から

翻訳・掲載に感謝申し上げます。


再臨主メシア、神様の本体、キリストの中心をいかにつたえるか
鄭ギュウジェなど天の側にいるマクロコスモスと連結させなければならない

天一国憲法が重要です。

残りの間どのように天一国憲法を配布することできるのか。

エイズと韓お母様の呪いが来ているのです。

滅びる前に天一国憲法を配って再臨主メシア、神様の本体、キリストの中心をいかにつたえるかが問題です。

皆さんは星条旗を振りながら天一国憲法を忘れてしまいました。

右派の影響を受けて弾劾と朴槿恵のことに心を奪われ天一国憲法を忘れてしまいました。

今からは韓国聖殿は悔い改めて天一国憲法にしがみついて氏族の王と王妃としてサタン圏と戦わなければなりません。

皆さんは天一国憲法を持って真のお父様マンセといいながら死ななければなりません。

今朴大統領はいなくなったので左派サタンは寄生虫のように入ってくるのです。

鄭ギュウジェなど天の側にいるマクロコスモスと連結させなければならないのです。


訪米時、1月28日と29日に「天一国憲法を配布しなかった」ことを叱責された直後、さっそく1月30日に「レイク・サンクチュアリ」(旧亨進様邸)で、日本サンクチュアリ協会の訪米メンバーが会議を持ちました。
その席で、「天一国憲法も配布しなければならないが、まずはトランプ応援」という方向性になりました。
しかし「天一国憲法の配布」が、心を離れたことはありません。



<再臨主メシア、神様の本体、キリストの中心をいかにつたえるか>


帰国後、最初に発表した2月3日の当ブログから引用します。

クリスチャンでない日本国民も、まずドナルドトランプを支持することによって、キリスト教文化と天一国憲法への道が開けるのかも知れません。


「天一国憲法の配布」について、古くは昨年6月13日の当ブログで「弱気」になっていたことを悔い改めます。

アメリカでは、天一国憲法が理解されやすいと思います。

新しい政治運動が生まれるかも知れません。

それは天一国創建につながります。

「移住」できれば、それが「希望の未来像」になります。


しかし、日本では厳しいと思います。


日本国民に理解させる第一歩として考えたのが、最近3月3日の当ブログのチラシ案です。

トランプ革命は、「全ての人々に、彼らの創造主神様ご自身から、不変にして奪うことのできない権利が与えられている」という、キリスト教の精神に基づいています。

世界中に、そのような「素晴らしい国」「自由の国」「神の王国」を広めようとしています。



<鄭ギュウジェなど天の側にいるマクロコスモスと連結させなければならない>


2月8日の当ブログで確認したように、「アベル圏のエリートと協力する」ことを忘れてはいけないと思いました。

上位層が問題です。上位層。そいつらを分立させなさい。上位層の人達を分立させてこそ、アベル圏とカイン圏に分立させてこそ、市民達はアベル圏と共に立ち上がることが出来ます。市民達が一人でしたら共産主義の復讐を受けてしまいます。


前回3月5日の当ブログの「180日」は、その方向性で歩んで参ります。



(お問い合わせ先:メール sanctuary.saitama@gmail.com
         電話番号 堀勇一070-6670-5334 堀久子070-6637-7424 )
         任命式の映像はこちら


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。