埼玉サンクチュアリ教会(日本サンクチュアリ協会 埼玉教会)

私ども夫婦は、2015年8月30日に米国サンクチュアリ教会本部で行われた「真の御父様の聖和3周年記念礼拝」(真の基元節)および「真の御父様の権威に戻るための祝福式」に参加し、同日の夜、日本において「真の御父様の権威に戻るための祝福式」を行うための、任命の祝祷を受けました。
2015年12月30日にCyberサンクチュアリ人協会の会長を辞め、真の御父様・亨進様・国進様の側近である江利川総会長の下で働くため、日本サンクチュアリ協会に移籍しました。

トランプ革命 小さな政府 「国民自立・相互扶助主義」

本当は「天一国革命」ですが、世の中向けには「トランプ革命」です。


2月9「王の報告」から引用します。
(翻訳・掲載に感謝申し上げます。)


無料の福祉や、無料のものを要求する敗北者

これらの若いスポイルされたミレニアル達は、恵まれた満たされた環境で裕福に育ち、政府に対して無料の福祉や、無料のものを要求して、それで、自分たちが罪悪の意識から逃れられると思っている完全な敗北者たちなのです。


政府を小さくする

アメリカは、主権をとることを選び、政府を小さくするのです。それは簡単ではないでしょう。多くの障害がまっています。しかし、神は、”あなたのわざに報いがある。”と語られています。


2月5日の当ブログは、エリート向けのものでした。
「キリスト教精神による真の自由主義」という表現は、大衆には馴染まないと思います。
世俗的に、分かりやすく表現すれば、「国民自立・相互扶助主義」だと思います。
そのコンセプトで大衆を啓蒙し、「アベル圏のエリート」のために、基台も準備すべきかと思います。

地域のトランプ革命を起こしましょう


国際機関や多国籍企業と癒着した政治家によって損なわれた、国民の利益を取り戻そうとしているのが、アメリカのトランプ革命です。

政治家の利益のために、大きくなった政府を小さくして、国民の負担を減らします。

国民が自立して、お互いに助け合うことによって、活力と発展が生まれます。

私達は、そのような社会を日本でも願い、その実現を目指す政治家(*あるいは具体的な候補者名)を応援します。


地域のトランプ革命(*あるいは具体的な候補者名)を支持する会

この思想には、寄生虫的な共産主義者は、同調しません。
「アベル圏」の大衆だけが、支持してくれると思います。


クリスチャンか、エリートか、大衆か、いずれにしても私達は、世界を動かさなくてはなりません。
(韓オモニと家庭連合の人達も、救ってあげたい、と願います。)



(お問い合わせ先:メール sanctuary.saitama@gmail.com
         電話番号 堀勇一070-6670-5334 堀久子070-6637-7424 )
         任命式の映像はこちら

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。