埼玉サンクチュアリ教会(日本サンクチュアリ協会 埼玉教会)

私ども夫婦は、2015年8月30日に米国サンクチュアリ教会本部で行われた「真の御父様の聖和3周年記念礼拝」(真の基元節)および「真の御父様の権威に戻るための祝福式」に参加し、同日の夜、日本において「真の御父様の権威に戻るための祝福式」を行うための、任命の祝祷を受けました。
2015年12月30日にCyberサンクチュアリ人協会の会長を辞め、真の御父様・亨進様・国進様の側近である江利川総会長の下で働くため、日本サンクチュアリ協会に移籍しました。

第二教主と後継者

ブログ「三大王権・真の御父様に帰ろう!」の「2015年8月12日 韓国語説教 『麻の布と灰』」から引用させて頂きます。


>彼らがこれを見る度に、良心の呵責を感じることを知っています。
>皆さんも何度か見たことでしょう。お父様がこれを直筆でかかれました。
>「真の父母の代身者相続者は文亨進である、その他の人は異端者であり爆破者である。」 


「彼ら」とは、亨進様を追い出した人達です。
メシヤの言葉に背いた人達です。


誰がそのようなことをできるのでしょうか?
「第二教主」ならばできるのでしょうか?
「お父様が今まで立てた御言と説教集を中心として、行かなければならないのです。他の言葉を述べるのを許しません」ということを、メシヤから教えられなかったのでしょうか?


第二教主は「メシヤ宣言」のようなことができるのでしょうか?
「アダムを中心として女性を創造した時と同じく、天の男を中心として女を再創造するのです」ということを、メシヤから教えられなかったのでしょうか?


第二教主は主体の位置に立つことができるのでしょうか?
「対象の教主です」ということを、メシヤから教えられなかったのでしょうか?


「一人でいても真の父母の代身」で、「代わりにできる」ということは、御父様が決めた通りにできるということではないのでしょうか?
御父様が決めたことを変えることができるのでしょうか?


「地上に来て一緒に暮らすことができる」としても、御父様の声は届いているのでしょうか?
御父様は後継者を変えたいのでしょうか?
それはなぜでしょうか?


天一国国歌を変えることに反対したからでしょうか?
八大教材・教本を中止することに反対したからでしょうか?


経典を変えれば、どちらが中心か、争いが起きるでしょう。
後継者を変えても、どちらが中心か、争いが起きるでしょう。


そのようなことは、たとえ第二教主が願っても、メシヤは願わないと信じます。






八大教材・教本

ブログ「文亨進様と一緒に真の御父様に帰ろう」の「2015年1月25日 『神様、王妃を救いたまえ』 文亨進」から引用させて頂きます。


>皆さん、 私の意見では、メシアが「永遠に使われる聖典」を お決めになったのなら、 変えてはいけません。 王として、ご自分を表するものをお決めになったのなら、 誰もそれを変えることはできません。


>こうして持ちかけました。 「あ、お母様。あのみ言葉は繰り返しが多すぎます。 何回も繰り返しています。そして、 十分に整理されていません」


>「あ、実はお父様の教えに問題になる部分がありまして」もちろん、どの部分に問題があるのかは、彼らが決めます。


>皆さん、メシアがご自分のみことばを訓読会で毎日読みながら11回読み通され、これがご自分のみ言葉だと言われたなら、おしまいです。お父様は、「完成、完結、完了」、 「完成、完結、完了」、  「完成、完結、完了」と言われました。


>そしてこうも言われました。 皆さんは繰り返しがあると言うが、 将来誰かがそのみ言葉によって命が救われるだろう。ひと言変えたら、そのみ言葉を必要としていた人を殺すことになる。


>「個人名があり、清平に関する内容が問題で、それに最近のみ言葉が入っていません」 「あ、それから、美しく包装します。 本当に美しいデザインがあります。」 「その美しいボックスのサンプルを持って参りました」などと。


>当時、天正宮でこれを申し上げました。ひざまずき、顔をお母様のひざに乗せ、 抱きしめながら涙で訴えました。 「マミー、これはしないで下さい。お願いです。しないでください。


>私は宗教を研究しました。 聖典を変えるとどんなことになるか。 聖典と伝統を変えると、永遠に一つになれません。お父様の聖典に従う集団、お母様の聖典に従う集団に分かれます。


>私は、心理学とか宗教を勉強したので、お母様に申し上げました。 「これが公式になると、永遠の分裂が生じます。それがお父様の願いでしょうか。」こうしてお母様に訴えました。お父様は、ご自分の伝統と家庭が分裂する事を願っておられるでしょうか。


八大教材・教本を持っている家庭は、全世界の人口と比べて、ごくわずかに過ぎません。
残りのすべての人類は、天一国経典だけを与えられるのでしょうか?
いつかは八大教材・教本を与えられるのでしょうか?
今は与えられない理由は何なのでしょうか?
どちらが中心かという争いは起きないでしょうか?
「知恵深い御母様」だから、この難問題を解決できるのでしょうか?

天一国国歌

「2015年1月25日 『神様、王妃を救いたまえ』 文亨進」から引用させて頂きます。

>皆さん、天一国には、王様がいらっしゃいます。 王様です。そして、王国に何があるべきかは、王様が決めます。 他の人ではありません。


>国歌を決めるのも、王様です。 天国〔天一国は天国を指します〕の精神が どうあるべきかは、王様が決めます。 国歌にどのような精神が反映されるべきかは、 王様が決めます。


>お父様が定められた歌を見てください。 「栄光の賜物」です。 今日の礼拝の始めにも歌いました。これは、殺人的なフンナム収容所で書かれたものです。フンナムの拷問室で生まれた歌です。どんな内容か見て下さい。


>「ああ、悲しいかな!」ではありません。 「遥かに輝く栄えの光  強く生きよ、自由のいのち」です。 死の環境のおいて、神様を賛美しておられるのです。


>周りには餓死する人、死んだ同僚の口から食べかけの米を取って食べる人がいます。 殺人的収容所で、服を剥ぎ取られ、拷問され、 殴打されながら、書かれた歌詞です。これぞ、天国の歌であり、天国の精神です。


>サタンのほかに誰が、これを変えようとするでしょうか。サタンのほかに誰が、 天国の精神を揉み消そうとするでしょうか。


>皆さん、サタンは命令しません。サタンは「提案」します。 例えば、「あのクラブに入れ、 麻薬を飲め」とは言いません。そうではなく、「あれをしたら、面白いだろうね。 麻薬を飲んだら、気持ちいいだろうね。あの子と寝たら、・・・」なんであろうと。 持ちかけるのです。


> 「栄光の賜物」に対して彼らが、 建議した内容を見て下さい。 「あまりにも憂鬱な曲です。もっと軽快な曲が必要です」 「天一国の新しい時代を表し、 清平と天正宮と関連した内容の歌が必要です」


>お父様は、フンナムについて何と言われましたか。 私が拷問を受け、血を吐いて倒れたとしても、天よ、この血を見て私のために涙を流さないでください。これは恥ずかしい血となるのであり、嘆きにぬれた怨恨の涙になるので、ここに天が同情することを願いはいたしません」と言うのです。ですから、監獄に入るようになっても祈祷はしないのです。 心情世界にあっては、そのようにしなければならないのです。〔26-21.1969.10.14〕


>これを彼らは、「憂鬱だ。ネガティブだ。もっと軽快な曲がないと」と表現したのです。 「刑務所のことは忘れましょう。 私達を救うためにメシアが拷問を受けたことは忘れましょう。ハッピー、ハッピー、ハッピーな歌が必要です」


>誰が、サタンの霊でなくして誰が、この歌をこのように歪曲するでしょうか。サタンでなくして誰が、歪曲して、 私達を天国の精神から引き離そうとするでしょうか。



「天一国の歌」は最初「天一国国歌」に次ぐ愛唱歌のようなものだと思っていました。
「天一国経典」も「八大教材・教本」に次ぐ副読本のようなものだと思っていました。


ですからサタンは巧みです。
いつの間にか、すり替えてしまいました。


サタンを見抜くことができる人は、メシヤの後継者に違いありません。
天一国国歌の精神を見事に指摘できる人は、メシヤの後継者に違いありません。
御父様が聖和された後、なぜかしら感動を忘れていた筆者に、涙を流させた説教者は、メシヤの後継者に違いありません。