埼玉サンクチュアリ教会(日本サンクチュアリ協会 埼玉教会)

私ども夫婦は、2015年8月30日に米国サンクチュアリ教会本部で行われた「真の御父様の聖和3周年記念礼拝」(真の基元節)および「真の御父様の権威に戻るための祝福式」に参加し、同日の夜、日本において「真の御父様の権威に戻るための祝福式」を行うための、任命の祝祷を受けました。
2015年12月30日にCyberサンクチュアリ人協会の会長を辞め、文鮮明真の御父母様・文亨進二代王様・文國進監察総監様の側近である江利川総会長の下で働くため、日本サンクチュアリ協会に移籍しました。

顕進様について 亨進様の最新説教から

顕進様について、関心が無かった私が、最近の出来事によって、考えるようになってしまいました。


2016年5月22日の亨進様説教から引用します。

正統な相続者、代身者である私に対抗し非難するため史吉子(サ・キルジャ)という36家庭の人物を送って巡回させました。

その彼女が公式の場で「お父様は亨進さまを推されましたが、お母様は違います。お母様は『駄目です』と言われたのです」と言っています。

顕進様側は、「御父様は顕進様を推したかったのに、御母様と亨進様は一つになって、顕進様を追い出した」と、一方的に主張しています。

史吉子さんは、それと正反対の証言をしています。

顕進様側は、史吉子さんに論争を挑まなければなりません。


そもそも「追い出した」のではなく、「顕進様が出て行かれた」ことは明らかです。

その理由が「基元節の勝利を目指すため」だったとしても、「御父様の願いに背いた」ことも明らかです。

御父様も、顕進様も、ご一緒に過ごす貴重な時を失いました。

ご本人達も、それを悟る者も、痛哭するような出来事です。


それでも家庭連合は「真の父母は一つだ」と言い続けているのです。

マルクス主義者と議論するのとなんらかわりません。こちらが証拠を上げて反論しても題目のように「真の父母は一つ」を繰り返すだけです。脳死したゾンビと議論するようなものです。「真の父母は一つでない」ことはこのようにそばにいる者たちは知っているのです。

「知っているのに、違うことをする」のは罪です。

この点で、神山会長は気をつけなければならないかも知れません。

神山会長は御父様に近かったので、多くのことを「知っている」と思います。

ここでは、それ以上は言えません。


(お問い合わせ先:メール sanctuary.saitama@gmail.com

         電話番号 堀勇一070-6670-5334 堀久子070-6637-7424 )

         任命式の映像はこちら

顕進様がなさらず、亨進様がなさったこと

2016年1月12日の亨進様インタビュー から引用します。

パンザー会長: 韓国協会では色々お忙しかったと思いますが、お父様はそのすべてを横に置いてお側(そば)で生活するようにおっしゃいました。その期間がどのようなものであり、また学んだことについてお話しいただけますか。


亨進様:素晴らしい期間でした。おそらく私の人生で最高の恵みの時であったと思います。

これは、顕進様が自分で拒否してしまわれたことです。


当時、世界中の全教会、世界宣教本部、UPF(天宙平和連合)、世界青年連合、世界 CARP などのすべてを私に任せて下さっていました。大変に大きな責任です。

そのような時にお父様がお側で生活するように呼ばれました。大きな転換ですね。一切のスケジュールがなくなりました。スケジュールを組めないのです。外部から VIP が私に会おうとしても会えないのです。

これは、御母様と幹部達ではなく、御父様の意向です。


お父様についていくのが最優先で、お父様も常に動いておられました。アメリカに行かれたり、また韓国に戻って、突然、世界巡回されたり。そのすべてに同伴しました。釣りにも欠かさず行きました。今日ラスベガスのミード湖で釣りをしたと思ったら、翌日は太平洋で釣りをするという具合です。まったく環境が変わったのです。

最初のうちは精神的にも困難なことでした。次に何が起こるのか予測がつきません。

しかしある時点でそのストレスから解放されました。お父様に乗っかって、お父様の動きに身を任せることにしました。自分の仕事に思い煩うことなく、お父様と一緒に過ごすことを最優先したのです。そう決めてから、本当にお父様との時間を楽しみました。

これは、基元節を願われていた御父様ご自身の生活です。


お父様とのそのような密な時間を過ごすことは、私に重要な悟りを与えてくれました。宗教や宗教的純粋性、条件や修行が大切なのではない。それらは世間に自分が善人であることをアピールするための手段に過ぎない。真に大切なのは神様との関係だということです。

それをお父様は教えて下さいました。宗教家、宗教指導者としてのお父様を超えたところでの本当に親しい関係、触れるほどの現実味のある喜び、愛情、抱擁を感じたのです。

相手が顕進様であったら、御父様は何を教えていらっしゃったのでしょうか?

それは、残念ながら、もはや取り戻すことができないものです。

私達は皆、「希望の未来像」(昨日の当ブログご参照)に向かって行くしかありません。


(お問い合わせ先:メール sanctuary.saitama@gmail.com

         電話番号 堀勇一070-6670-5334 堀久子070-6637-7424 )

         任命式の映像はこちら

顕進様に関する悟り 和解のための考え方

私は、家庭連合の忠実な信者で、なるべくインターネットを見ないようにしていましたが、たまたま亨進様の説教を読んで、サンクチュアリに来ました。

その後、顕進様について、議論があるのは知っていましたが、「なるべく、よそ見をしたくない」性格ゆえに、内容は知らずに来ました。


ところが、この度、顕進様側のお話を聞く機会がありました。

そして、「よそ見」ではなく「真正面」から向き合い、まるごと信用しました。

説明資料の中の、御父様のみ言葉を参考にしました。

先生は疑って人の話を聞くことができない。

疑うということは堕落圏での出来事だ。


その上で、自分が顕進様側を代表したような立場で、江利川総会長に面談して頂きました。

今まで未確認だった点を確認させて頂きました。

そして、顕進様側の考えを否定するようになりました。


細かい点を省き、根本問題に絞って、私が到達した理解を述べさせて頂きます。

真の子女様に対して不遜な部分がありますが、同じ御父様のカインの子女として、お許し頂けることを願います。


顕進様が、御父様の下を離れたのは、基元節の勝利を目指すためだった。

しかし、

御父様の下を離れ、御父様に侍らなかったことは、御父様の心情を傷つけた。


それを正当化する理由は、

顕進様は、御父様よりも、御父様が愛する神様を大切にしようとされた。

しかし、

神様は、ご自身よりも、御父様を愛していらっしゃる。


それを忘れると、

顕進様は、基元節の勝利をお捧げできず、御父様を聖和させてしまったことを悔い改めていらっしゃる。

しかし、

御父様の心情を傷つけたまま、御父様を聖和させてしまったことも悔い改めるべき。


もしも、それができれば、

「代身者・相続者」として認めることができなくても、

弟に侍ることが難しくても、

「御父様の下を離れ、御父様に侍らなかったこと」の蕩減条件として、

「亨進様の下に集い、亨進様に侍ること」ができる。


これが、今回、到達した「希望の未来像」です。


(お問い合わせ先:メール sanctuary.saitama@gmail.com

         電話番号 堀勇一070-6670-5334 堀久子070-6637-7424 )

         任命式の映像はこちら