埼玉サンクチュアリ教会(日本サンクチュアリ協会 埼玉教会)

私ども夫婦は、2015年8月30日に米国サンクチュアリ教会本部で行われた「真の御父様の聖和3周年記念礼拝」(蘇生期・真の基元節)および「真の御父様の権威に戻るための祝福式」に参加し、同日の夜、日本において「真の御父様の権威に戻るための祝福式」を行うための、任命の祝祷を受けました。
2015年12月30日にCyberサンクチュアリ人協会の会長を辞め、文鮮明真の御父母様・文亨進二代王様・文國進監察総監様の側近である江利川総会長の下で働くため、日本サンクチュアリ協会に移籍しました。

「御父様は人に会う時、二つのことを常に考える」 史吉子氏の証から

「原理に関するみ言の証」237頁から238頁にかけて引用します。


「神様がこの人を通して、神様のある性相を学べと言われているのだな!」

復活論を知っておられるお父様は、どのように生活されているか。
お父様は、「私は人に会う時、二つのことを常に考える」とおっしゃいました。


一つは何かと言えば、(中略)

一度会った人に対しては謙遜な心で、「神様がこの人を通して、神様のある性相を学べと言われているのだな!」と考えられるそうです。

そうすると、心がとても嬉しいとのことです。


(中略)


お父様がおっしゃいました。

私の夫は不細工だ、自分の妻は不細工だからと嫌にならず、それを個性として見なさいと言われました。(中略)

「ここに私の妻の個性美があるのだなあ」とかわいく思えば、後で本当にかわいく見えるそうです。

自分だけが楽しむことのできる自分の夫、自分の妻の個性美を、永遠に所有しながら喜びなさいとおっしゃいます。

お父様はそのように生きていらっしゃるので、どんな人に対しても嫌気がささないのだそうです。

外見は、まさに、その通りです。
性格も、そう言われれば、その通りです。
しかし、「堕落性」については、どうでしょうか?
ここには書いてありません。
参考になることを、他の箇所、228頁から229頁にかけて引用します。


「ああ、私の先祖はあなたの先祖にこうしたのだ」

怨讐は師だと言われます。なぜ、師なのか。

私は先祖が犯した罪のことを知らなかったのに、この人が何度も自分を苦しめるのを見て

「ああ、私の先祖はあなたの先祖にこうしたのだ」と悟らせてくれるからです。

それで、怨讐を愛せよというのです。

怨讐を追い出したり、面倒だからといって憎んで、その人から離れてしまうと先祖の罪が清算されません。

自分が返さなかったとしたら、自分の子孫がその罪を返さなければならないので、自分に意地悪する人には自分によくしてくれる人より、もっとよくしてあげるのです。

「よくしてあげる」というのは、実は「二つのこと」の「二つ目」です。
238頁に戻ります。


「私がこの人をどうやって喜ばせてあげようか。どうやって幸せにしてあげようか」

二つ目は何かというと、どんな人に会ったとしても、「私がこの人をどうやって喜ばせてあげようか。どうやって幸せにしてあげようか」ということだけを考え続ければ、それがわかるそうです。

「全知全能の神様」というのは、「神様の愛」を意味するそうです。

神様も父母であるため子供に「どうやってよくしてあげようか」と、これだけを考えるので、子供によくしてあげることが何であるかがわかるようになり、またできる能力が生じるそうです。

それで全知全能は、まさに愛の神様をいうのです。

ここで、ことわざ自体を忘れてしまいましたが、「他人の子供は甘やかして、自分の子供は甘やかさない」という趣旨のことわざがあったことを思い出します。
甘やかすと、幸せにしてあげられず、滅ぼすことになり得ます。
かと言って、厳しくしても、反発されたら、幸せにしてあげられません。
常に相手の責任分担は残っています。
自分は最善を尽くすしかありません。
御母様に対する御父様と亨進様も同じです。


参考になる聖句を引用します。


神の怒りに任せなさい

愛する人たち、自分で復讐せず、神の怒りに任せなさい。「『復讐はわたしのすること、わたしが報復する』と主は言われる」と書いてあります。


「あなたの敵が飢えていたら食べさせ、渇いていたら飲ませよ。そうすれば、燃える炭火を彼の頭に積むことになる。」


(ローマの信徒への手紙/ 12章 19節~20節)

これは、動機がよくないと思います。
御父様の教えは、パウロの教えに勝ります。


主がしつけ諭されるように、育てなさい

父親たち、子供を怒らせてはなりません。主がしつけ諭されるように、育てなさい。

(エフェソの信徒への手紙/ 06章 04節)


その人を造り上げるのに役立つ言葉を、必要に応じて語りなさい

だから、偽りを捨て、それぞれ隣人に対して真実を語りなさい。わたしたちは、互いに体の一部なのです。


怒ることがあっても、罪を犯してはなりません。日が暮れるまで怒ったままでいてはいけません。


悪魔にすきを与えてはなりません。


盗みを働いていた者は、今からは盗んではいけません。むしろ、労苦して自分の手で正当な収入を得、困っている人々に分け与えるようにしなさい。


悪い言葉を一切口にしてはなりません。ただ、聞く人に恵みが与えられるように、その人を造り上げるのに役立つ言葉を、必要に応じて語りなさい。


(エフェソの信徒への手紙/ 04章 25節~29節)


4300双祝福を目前にして、「神の怒り」が無いように、「必要に応じて語り」たいと思います。



(お問い合わせ先:メール sanctuary.saitama@gmail.com
         電話番号 堀勇一070-6670-5334 堀久子070-6637-7424 )
         任命式の映像はこちら

摂理に対する心構え 続・4300双祝福のために

史吉子氏の「原理に関するみ言の証」284頁から引用します。

いつか、お父様は摂理の木を、大きく黒板に書きました。


(中略)


それでは、この木で私たちはどんな位置にいるのか。

私たちは一つの小枝だそうです。

その小枝がやるべき責任分担が何かというと、摂理の木からひたすら落ちないことです。

その落ちない秘訣は何なのか。

その秘訣はひたすら服従しかないそうです。

自己主張が一つもあってはいけないのです。

よく牧会者たちが間違って錯覚をし、失敗することがあります。

お父様が命令を下せば、自分が実績を上げようとして意地になることです。

お父様は、私が種を播いて、私が収めるから、あなたたちはただ私がやれと言われたとおりにだけしなさいと言われます。


(中略)


たとえ実績は微々たるものであっても、これをしなさいと言えばこれをして、あれをしなさいと言えばあれをするのです。

これは条件を立てる摂理なのです。

私たちが、どのくらい真の父母様と心情一体になったのかが重要なのです。

これがサタンが讒訴することができない条件を立てることであり、私たちがしなければならない、一番重要なことです。

サタンが讒訴することができない条件を立てれば、神様は無限に権能を発揮することができるのです。


366頁から引用します。

その時お父様が、「精誠が何かわかるの? 精誠というのは、昨日も今日も明日も、何の実績が現れなかったとしても、全く同じことを毎日、馬鹿のように繰り返すことだ。これが精誠だ」とおっしゃいました。


結論を出しておきます。
自分の実績が出ても出なくても、全体目的に同参すれば、全体勝利に貢献できると信じて(知って)、精誠を尽くしたいと思います。


話をそらします。
上記366頁の引用に「その時」とあります。
つまり、その前の部分を365頁から引用します。

お母様を世界に出されるまでに、お父様がどれほど、精誠を尽くされたか。

(中略)

お父様は、「私がこのように精誠を捧げて、お母様を私の前に立てた」とおっしゃいました。

この部分からも、史吉子氏は、御母様の間違いが分かるはずです。
史吉子氏が、過去の恵みを思い出し、霊界の御父様と「心情一体」になり、「サタンが讒訴することができない条件を立てること」を願います。



(お問い合わせ先:メール sanctuary.saitama@gmail.com
         電話番号 堀勇一070-6670-5334 堀久子070-6637-7424 )
         任命式の映像はこちら

4300双祝福のために 伝道がよくできる秘訣 

長い前置きをします。


シャボン玉さんのブログから引用させて頂きます。

その場で断然注目を集めた発言の主人公は史*子女史であったという。史*子女史は、世界統一家において最も広く知られている女性元老である。柳ヒョオン初代協会長の夫人であり、原理とみ言葉による真の父母様の証し人としてよく知られている方である。


その日の集まりで史*子女史から言葉が出たのである。いつもならお母様の近年言動には極めて言葉の少ない方が、この日の集まりでは決心して発言したという。


お母様がどうにかならない限り、どうして「原罪なく誕生した独生女」であると自ら語ることができ、さらには「お父様から何の教育や指導も受けたことがない」などと語ることができるのだろうかと言ったという。そして自身が出版した自伝籍「原理に関するみ言葉の証」に書いた内容を言及したという。


(筆者注:聖和(成和?)出版社、2012年8月、333ページ:…(後略)

日本語版は、明圓MEDIAというところから発行され、該当ページは380頁です。
「原理に関するみ言の証」は、当ブログでも、何度か引用しました。


実は、この本の日本語版160頁には、なんと「私たちが知るべき天のお母様」という節があります。
この本は、御父様の御言葉を証する本なのに、この節だけは違います。
2012年8月の本なので、既に御母様賛美の目的があったのかも知れません。
いずれにしても、亨進様と國進様が明確にされた、神様の女性性相、すなわち聖霊を、勘違いしたものに過ぎません。


しかし、その他の部分は、初期の大先輩が恵みを受けた、御父様の御言葉の証です。
日本語版136頁から引用します。

伝道がよくできる秘訣は、伝道対象者の名前を何度も呼ぶことです。

「キムヨンジャ! キムヨンジャ! キムヨンジャ!」のようにです。

名前を呼べば、その人の霊人体が私に引かれてくるようになり、逃げられなくなるそうです。

名前をずっと呼び続けると、その人が私に会いたい、私に電話したいと思うようになり、私を恋しく思うようになるそうです。

このように恋しくて、その人の方から私を訪ねて来るようになるのです。

草創期にお父様は、私たちの名前を熱心に呼ばれたそうです。

やはり初期の大先輩は、大きな恵みを受けています。


今、御父様は誰の名前を呼んでいらっしゃるでしょうか?
時空を超越して、全ての食口を呼んでいらっしゃると思います。
私達も、声を合わせて、呼び続けたいと思います。



(お問い合わせ先:メール sanctuary.saitama@gmail.com
         電話番号 堀勇一070-6670-5334 堀久子070-6637-7424 )
         任命式の映像はこちら