埼玉サンクチュアリ教会(日本サンクチュアリ協会 埼玉教会)

私ども夫婦は、2015年8月30日に米国サンクチュアリ教会本部で行われた「真の御父様の聖和3周年記念礼拝」(蘇生期・真の基元節)および「真の御父様の権威に戻るための祝福式」に参加し、同日の夜、日本において「真の御父様の権威に戻るための祝福式」を行うための、任命の祝祷を受けました。
2015年12月30日にCyberサンクチュアリ人協会の会長を辞め、文鮮明真の御父母様・文亨進二代王様・文國進監察総監様の側近である江利川総会長の下で働くため、日本サンクチュアリ協会に移籍しました。

亨進様の立場を語るイエス様 ヨハネによる福音書の続き

ちなみに、私は毎日、聖書の一つの「章」を訓読するようにしています。
プロテスタント教会の牧師の勧めに従うものです。
牧師も「原理講論を読んでみる」と言いましたので、条件としています。
サンクチュアリの活動があって、あまり顔を出せず、「長子権復帰」には時間がかかりそうです。


ヨハネによる福音書10章から引用して参ります。



1.御父様にそっくりな亨進様に従う私達


ヨハネによる福音書/ 10章 03節~05節

門番は羊飼いには門を開き、羊はその声を聞き分ける。羊飼いは自分の羊の名を呼んで連れ出す。


自分の羊をすべて連れ出すと、先頭に立って行く。羊はその声を知っているので、ついて行く。


しかし、ほかの者には決してついて行かず、逃げ去る。ほかの者たちの声を知らないからである。」

今回もそうですが、式典があるたびに、亨進様を見た人達は、「御父様が乗り移ったようだ」と言います。
しかし、御母様に対して、そういう話は聞きません。



2.私達を豊かにする亨進様


ヨハネによる福音書/ 10章 09節~10節

わたしは門である。わたしを通って入る者は救われる。その人は、門を出入りして牧草を見つける。


盗人が来るのは、盗んだり、屠ったり、滅ぼしたりするためにほかならない。わたしが来たのは、羊が命を受けるため、しかも豊かに受けるためである。

私達は、献金を盗む人達から救われました。
天一国憲法と「自由と責任」で、豊かになる道が開かれました。



3.「狼」に協力する「雇い人」


ヨハネによる福音書/ 10章 12節~13節

羊飼いでなく、自分の羊を持たない雇い人は、狼が来るのを見ると、羊を置き去りにして逃げる。――狼は羊を奪い、また追い散らす。――


彼は雇い人で、羊のことを心にかけていないからである。

「公職者」は逃げずに、一緒に「羊」を食べています。



4.家庭連合は「ユダヤ人」


ヨハネによる福音書/ 10章 20節

多くのユダヤ人は言った。「彼は悪霊に取りつかれて、気が変になっている。なぜ、あなたたちは彼の言うことに耳を貸すのか。」

驚くほど、同じです。



5.御父様の遺業を守る亨進様


ヨハネによる福音書/ 10章 37節~38節

もし、わたしが父の業を行っていないのであれば、わたしを信じなくてもよい。


しかし、行っているのであれば、わたしを信じなくても、その業を信じなさい。そうすれば、父がわたしの内におられ、わたしが父の内にいることを、あなたたちは知り、また悟るだろう。」

私達は悟りました。
なぜ悟れないのか、不思議です。



6.私達は「御父様の遺産」


ヨハネによる福音書/ 10章 28節~30節

わたしは彼らに永遠の命を与える。彼らは決して滅びず、だれも彼らをわたしの手から奪うことはできない。


わたしの父がわたしにくださったものは、すべてのものより偉大であり、だれも父の手から奪うことはできない。


わたしと父とは一つである。」

「御父様の遺産」は「相続者」のものです。



7.亨進様の愛


ヨハネによる福音書/ 10章 16節

わたしには、この囲いに入っていないほかの羊もいる。その羊をも導かなければならない。その羊もわたしの声を聞き分ける。こうして、羊は一人の羊飼いに導かれ、一つの群れになる。

私達は、亨進様の愛を、代身して実践したいと思います。



(お問い合わせ先:メール sanctuary.saitama@gmail.com
         電話番号 堀勇一070-6670-5334 堀久子070-6637-7424 )
         任命式の映像はこちら

「家庭連合の人達は、御父様の子女ではなくなった」 ヨハネによる福音書から

8月20日の当ブログで注目した亨進様の訴えは、サンクチュアリNEWSでもクロースアップされました。

私はただの真の子女ではなく(真のお父様の)後継者、相続者です。


そうした時に、ちょうど訓読した「ヨハネによる福音書」8章と9章の聖句がぴったりだと感じましたので、引用したいと思います。



1.御父様の子女であるならば


ヨハネによる福音書/ 08章 42節

イエスは言われた。「神があなたたちの父であれば、あなたたちはわたしを愛するはずである。

(後略)

読み替えれば、こうです。
「御父様が食口達の父であれば、食口達は亨進様を愛するはずである。」
この聖句から見ても、家庭連合の人達は、御父様の子女ではなくなりました。
「戻る祝福」は必然です。


ヨハネによる福音書/ 08章 47節

神に属する者は神の言葉を聞く。あなたたちが聞かないのは神に属していないからである。」

家庭連合の人達は、神に属していないようです。



2.御母様の偽り


ヨハネによる福音書/ 08章 44節

あなたたちは、悪魔である父から出た者であって、その父の欲望を満たしたいと思っている。悪魔は最初から人殺しであって、真理をよりどころとしていない。彼の内には真理がないからだ。悪魔が偽りを言うときは、その本性から言っている。自分が偽り者であり、その父だからである。

御母様が平気で「愛するふりをしているだけ」というのは、当初から驚きでした。
残念ながら「悪魔」になられた、と考えれば納得できます。



3.亨進様の栄光


ヨハネによる福音書/ 08章 50節

わたしは、自分の栄光は求めていない。わたしの栄光を求め、裁きをなさる方が、ほかにおられる。

まさに御父様が、亨進様に対して、三度にわたる戴冠式をされました。



4.ユダヤ人、ファリサイ派のような人達


ヨハネによる福音書/ 09章 22節

両親がこう言ったのは、ユダヤ人たちを恐れていたからである。ユダヤ人たちは既に、イエスをメシアであると公に言い表す者がいれば、会堂から追放すると決めていたのである。

家庭連合は、ユダヤ人たちのようになりました。
しかし、もはや私達は、恐れてはいけないと思います。


ヨハネによる福音書/ 09章 39節~41節

イエスは言われた。「わたしがこの世に来たのは、裁くためである。こうして、見えない者は見えるようになり、見える者は見えないようになる。」


イエスと一緒に居合わせたファリサイ派の人々は、これらのことを聞いて、「我々も見えないということか」と言った。


イエスは言われた。「見えなかったのであれば、罪はなかったであろう。しかし、今、『見える』とあなたたちは言っている。だから、あなたたちの罪は残る。」

家庭連合は、ファリサイ派の人々のようになり、盲人になり、裁かれるようになりました。



(お問い合わせ先:メール sanctuary.saitama@gmail.com
         電話番号 堀勇一070-6670-5334 堀久子070-6637-7424 )
         任命式の映像はこちら

その1「王族の義務」「10倍の収穫」等 世界経典「悪と戦争」から

1.戦いの必要性


世界経典1170頁

罪悪の闘争(善悪の闘争?-ブログ筆者)において一抹の妥協もない信仰が、生きた躍動的な信仰である。

社会が不正、腐敗で覆われていて、平和が攻撃者によって危険にさらされれば、その世界では正義の側に立つ闘士が必要である。

実際に多くの宗教では、弱者を保護し、攻撃者たちの悪行を阻止するために闘争することを愛の叫びとする反面、社会的不正に受動的に対処することを罪として扱う。

亨進様が繰り返し語られていることです。



2.霊的な戦い


世界経典1170頁

地上の敵がもつ敵対感の背後に悪霊の「権力と主権」が作用している。

たとえ敵が深い怨恨に満ちていて、必ず武力を通してのみ屈服させるとしても、本当の勝利は、敵が神様のみ旨を悟るように教育する時まで確保できたと言うことはできない。

「教育」するためには、真実と、愛が必要です。



3.王族の義務


世界経典1171頁

クシャトリヤ(王族、士族)にとって」、義務に基づく戦いに勝るものは他にない

(ヒンドゥー教)

天一国国民は皆「王」なので、戦わなければなりません。



4.10倍の収穫


世界経典1171頁

なんじらのうち二十の堅忍者がおれば、よく二百を征服するであろう。

(イスラーム)

世界経典1177頁

神様は、一人の善人を立てて、10人の悪人を屈服させるということをされる方です。

(御父様)

3,000家庭は30,000家庭を屈服させることになります。
しかし、とりあえず、4,300家庭が目標です。



(お問い合わせ先:メール sanctuary.saitama@gmail.com
         電話番号 堀勇一070-6670-5334 堀久子070-6637-7424 )
         任命式の映像はこちら