埼玉サンクチュアリ教会(日本サンクチュアリ協会 埼玉教会)

私ども夫婦は、2015年8月30日に米国サンクチュアリ教会本部で行われた「真の御父様の聖和3周年記念礼拝」(蘇生期・真の基元節)および「真の御父様の権威に戻るための祝福式」に参加し、同日の夜、日本において「真の御父様の権威に戻るための祝福式」を行うための、任命の祝祷を受けました。
2015年12月30日にCyberサンクチュアリ人協会の会長を辞め、文鮮明真の御父母様・文亨進二代王様・文國進監察総監様の側近である江利川総会長の下で働くため、日本サンクチュアリ協会に移籍しました。

「澤田さんの人気」「銃所持の豆知識」

左派も神の鉄の杖を賛美する。私はあなたを敵陣の中心に置いた。 キングスリポート11月14日,15日(2日分) から引用します。
(翻訳・掲載に感謝申し上げます。)


1.澤田さんの人気

(エルダー部長:)私たちの祝福家庭の兄弟の中に毎週日本で(戦うために)家庭連合の建物に行く方がいます。 まるでこの状況と似ています。


ラウチ王:そのような人は本当に好きです。 一緒に話す時間を持ちたいです。

キングズレポートに招待されるかも知れません。



2.銃所持の豆知識

ティム・エルダー王:自分を守るために神が下さったものです。

日本の銃携帯も厳しいですね

銃弾の殻(薬莢)は絶対に持って日本に持って行ってはいけません。


クォン・ヨンピル王:日本は銃の免許を持つと銃の携帯が可能だそうです。韓国は許可されませんが。

赤字について、厳密には、次の通りです。

猟銃や空気銃は、所持許可証に記載された用途(「狩猟」「有害鳥獣駆除」「標的射撃」のいずれか)に使用する場合や修理のためなどの正当な理由がある場合でなければ携帯、運搬できない。

すなわち「自分を守るため」には携帯できません。
ですから「奴隷」です。


戦場の喊声・ハワードよ、再臨主の息子と一緒に活動しなさい。<全文>10月31日 韓国語説教 文亨進二代王から引用します。
(翻訳・掲載に感謝申し上げます。)

そこに行ったところ、お父様が私達に「その牧師達を訓練させなさい。」としながら、我が聖殿で副牧師達を訓練させるでしょう。訓練のために送るつもりです。恐ろしいAR-15鉄の杖の訓練をするために送ることでしょう。夫人たちも行かなければなりません。夫人が行かなければその牧師たちも行くことができません。

日本の「許可」に関しても、少なくとも夫人が反対していてはいけません。
「調査」の「面接」で、「自分は反対なのだけど」と言おうものなら、夫に「許可」は下りません。
「政府」は基本的に「許可」したくないのですから。



(お問い合わせ先:メール sanctuary.saitama@gmail.com
         電話番号 堀勇一070-6670-5334 堀久子070-6637-7424 )


「キリスト教」のブログは、こちら

任命式の映像はこちら

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。