埼玉サンクチュアリ教会(日本サンクチュアリ協会 埼玉教会)

私ども夫婦は、2015年8月30日に米国サンクチュアリ教会本部で行われた「真の御父様の聖和3周年記念礼拝」(蘇生期・真の基元節)および「真の御父様の権威に戻るための祝福式」に参加し、同日の夜、日本において「真の御父様の権威に戻るための祝福式」を行うための、任命の祝祷を受けました。
2015年12月30日にCyberサンクチュアリ人協会の会長を辞め、文鮮明真の御父母様・文亨進二代王様・文國進監察総監様の側近である江利川総会長の下で働くため、日本サンクチュアリ協会に移籍しました。

「神様の栄光のために」 「JC-C2」

とても古いですが、2015年9月5日の当ブログから引用します。

今回の「巡礼」の中で、短い時間ですが、亨進様から一対一で(夫婦対夫婦で)、日本語で、み言を賜る貴重な機会がありました。

「政府が市民を奴隷にしていた、サタンの王権は終わり、政府が奴隷になります」

「天一国市民は、天一国主人であり、王様の兄弟の王様になります」

「それが神様の王権です」

今日の摂理のエッセンスを、簡潔に語って下さいました。
そして、この時の締めくくりは、次の御言葉でした。

迫害があっても、絶対信仰で、神様に栄光をお捧げしましょう

ブログで書いたことがあったかどうか、少し探しましたが、見つかりませんでした。
今回、その御言葉を思い出したのは、一昨日の当ブログの締めくくりからです。

神様の栄光のために」「思いわずらう」「幸せな」「自由人」です。


<二人の愛の錨は神の盤石に>「鉄の杖」20<中編>2018年7月4日 韓国語説教 文亨進二代王 から引用します。
(翻訳・掲載に感謝申し上げます。)

心が揺れる時、自分がどうしてこんなことになったのか、いつも反省、盤石、いつもキリスト、イエスキリスト、再臨のイエスキリスト、JC -C2 そうでしょ? JC-C2 盤石、私たちの盤石がある、盤石! だから、訓練する時、写真を撮るとき、挨拶する時、我々は写真を撮る時にもJC-C2。これが問題だ、これが。JC- C2と言うじゃない、そうでしょ? どうして、何故? それは我々の盤石です。我々が訓練する理由です、これが!。お互いに助け合い、お互いに発展させて、お互いに強くなって、お互いに神様に栄光をお返しして、それが我々の中心です。  


大切なことを忘れないために、「JC-C2」も良い習慣だと思います。
しかし、私は取り急ぎ、「神様の栄光のために」と何枚か印刷して、自宅の壁に貼りました。



(お問い合わせ先:メール sanctuary.saitama@gmail.com
         電話番号 堀勇一070-6670-5334 堀久子070-6637-7424 )


「キリスト教」のブログは、こちら


任命式の映像はこちら

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。