埼玉サンクチュアリ教会(日本サンクチュアリ協会 埼玉教会)

私ども夫婦は、2015年8月30日に米国サンクチュアリ教会本部で行われた「真の御父様の聖和3周年記念礼拝」(蘇生期・真の基元節)および「真の御父様の権威に戻るための祝福式」に参加し、同日の夜、日本において「真の御父様の権威に戻るための祝福式」を行うための、任命の祝祷を受けました。
2015年12月30日にCyberサンクチュアリ人協会の会長を辞め、文鮮明真の御父母様・文亨進二代王様・文國進監察総監様の側近である江利川総会長の下で働くため、日本サンクチュアリ協会に移籍しました。

澤田さんと、ボブ・ディラン

2月8日の当ブログから引用します。

家庭連合が、今では破綻したような「訴訟作戦」を始めた当初、裁判所は「和解」を勧めました。

当時、私は「政治的」な事情もあり、そうでなくても時間がもったいないと考え、「和解」に応じました。

その結果、私自身は、「松濤本部」と同様に「大会会場」からも、一定距離では「抗議活動」をできなくなっています。


来日が近づいた、ボブ・ディランに関する、最近の記事から引用します。

「あなたは自分の音楽で何を言おうとしているのですか? 私にはひとつとして理解できません」と質問されると以下のように答えたようだ。


気にしなくてもいい。あなたに何か言っているわけじゃないから。理解できないのなら、考える必要はない、あなたに向けて書かれたものじゃないから。


若い頃に読んだインタビューでは、「人に理解されないかも知れないのに、なぜ歌を作るのですか?」と質問されて、次のように答えました。

他にやることが無いからさ。


また、「ジョン・レノン夫妻の平和運動を、どう思いますか?」と質問されて、次のように答えました。

誰だって、自分にできることを、やっているんだろ。


私は、ボブ・ディランよりも、御言葉を大切にします。
しかし、兄弟姉妹の意見が分かれているところを見ると、御言葉では答が出ないようです。


そのチャンスに、自分の趣味で、書かせて頂きました。
「答」を出すためではありません。
「他に書くことが無いから」です。



(お問い合わせ先:メール sanctuary.saitama@gmail.com
         電話番号 堀勇一070-6670-5334 堀久子070-6637-7424 )


「キリスト教」のブログは、こちら


任命式の映像はこちら

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。