埼玉サンクチュアリ教会(日本サンクチュアリ協会 埼玉教会)

私ども夫婦は、2015年8月30日に米国サンクチュアリ教会本部で行われた「真の御父様の聖和3周年記念礼拝」(蘇生期・真の基元節)および「真の御父様の権威に戻るための祝福式」に参加し、同日の夜、日本において「真の御父様の権威に戻るための祝福式」を行うための、任命の祝祷を受けました。
2015年12月30日にCyberサンクチュアリ人協会の会長を辞め、文鮮明真の御父母様・文亨進二代王様・文國進監察総監様の側近である江利川総会長の下で働くため、日本サンクチュアリ協会に移籍しました。

仮説 二代王様と顕進様が共に「世界的な恵沢圏」へ進む可能性  

1.(王様の本)ROD OF IRON KINGDOM (日本語訳)第1回から引用します。
(翻訳・掲載に感謝申し上げます。)

私は、格闘技を学ぶことに没頭しました。幼いころにいじめにあったことから、自己防衛の思いが私の情熱をもっともかきたてたのです。格闘技こそ私の青春時代のすべてでした。いじめに対抗できる自分を作るために毎日7時間から9時間、道場で学び、練習し、訓練しました。

成長するにつれて、自己防衛への情熱は、刀や棒術、流星錘(りゅうせいすい)へと広がっていきました。最終的には、銃器の使用、いわば「鉄のつえの扱い方」を開始しました。

「いじめ」という「悪」が、「鉄のつえ」という、今日の摂理の原点に関係しています。



2.3月28日の当ブログで引用した御言葉を思い出します。

実は、私が武器訓練をするようになったきっかけは、私の家族の一人が私をテニスラケットで、私の成績と行動を直すという名目で叩き始めた時からです。

それで、私自身を守らなければならないという決意をして、私自身がこれ以上、他の人からの暴力の脅威に引きずられて行っていけないと思い始めました。

「家族」と言えば、もしかすると、「顕進様」だった可能性もあります。



3.原理講論230頁から引用します。

このようなとき、地上人がその悪霊人の与える苦痛を甘受すれば、これを蕩減条件として、彼は家庭的な恵沢圏から種族的な恵沢圏に入ることができるのである。このとき、彼に苦痛を与えた悪霊人も、それに該当する恵沢を受けるようになる。このようにして、復帰摂理は、時代的な恵沢によって、家庭的な恵沢圏から種族的な恵沢圏へ、なお一歩進んで民族的なものから、ついには世界的なものへと、だんだんその恵沢の範囲を広めていくのである。

仮に、2の通りであれば、二代王様が、今日の摂理の原点に関係した「顕進様」に感謝することによって、「顕進様」も「恵沢」を受け、御二人共に、「世界的な恵沢圏」へ進めるかも知れません。



(お問い合わせ先:メール sanctuary.saitama@gmail.com
         電話番号 堀勇一070-6670-5334 堀久子070-6637-7424 )


「キリスト教」のブログは、こちら

任命式の映像はこちら

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。