埼玉サンクチュアリ教会(日本サンクチュアリ協会 埼玉教会)

私ども夫婦は、2015年8月30日に米国サンクチュアリ教会本部で行われた「真の御父様の聖和3周年記念礼拝」(蘇生期・真の基元節)および「真の御父様の権威に戻るための祝福式」に参加し、同日の夜、日本において「真の御父様の権威に戻るための祝福式」を行うための、任命の祝祷を受けました。
2015年12月30日にCyberサンクチュアリ人協会の会長を辞め、文鮮明真の御父母様・文亨進二代王様・文國進監察総監様の側近である江利川総会長の下で働くため、日本サンクチュアリ協会に移籍しました。

テモテへの第二の手紙から 伝道・家庭連合・クリスチャンについて

1.伝道の勧め


1章 07節~08節

というのは、神がわたしたちに下さったのは、臆する霊ではなく、力と愛と慎みとの霊なのである。


だから、あなたは、わたしたちの主のあかしをすることや、わたしが主の囚人であることを、決して恥ずかしく思ってはならない。むしろ、神の力にささえられて、福音のために、わたしと苦しみを共にしてほしい。

「力と愛と慎みとの霊」について、キングスリポート12月19日(火)では、「キリストの統治」と結びつけられています。
上記を見れば、「統治」以前に、まずは「神の国」をつくるための「伝道」を支えるものです。


4章 01節~02節

神のみまえと、生きている者と死んだ者とをさばくべきキリスト・イエスのみまえで、キリストの出現とその御国とを思い、おごそかに命じる。 


御言を宣べ伝えなさい。時が良くても悪くても、それを励み、あくまでも寛容な心でよく教えて、責め、戒め、勧めなさい。

4章 05節

しかし、あなたは、何事にも慎み、苦難を忍び、伝道者のわざをなし、自分の務を全うしなさい。



2.家庭連合について


3章 06節~09節

彼らの中には、人の家にもぐり込み、そして、さまざまの欲に心を奪われて、多くの罪を積み重ねている愚かな女どもを、とりこにしている者がある。


彼女たちは、常に学んではいるが、いつになっても真理の知識に達することができない。


ちょうど、ヤンネとヤンブレとがモーセに逆らったように、こうした人々も真理に逆らうのである。彼らは知性の腐った、信仰の失格者である。


しかし、彼らはそのまま進んでいけるはずがない。彼らの愚かさは、あのふたりの場合と同じように、多くの人に知れて来るであろう。

家庭連合の牧会者と婦人達のようです。
キングスリポート12月 14日(木)の通り、「サタンのえさ」として、おそらく「最後のもの」になりそうです。



3.クリスチャンについて


4章 03節~04節

人々が健全な教に耐えられなくなり、耳ざわりのよい話をしてもらおうとして、自分勝手な好みにまかせて教師たちを寄せ集め、


そして、真理からは耳をそむけて、作り話の方にそれていく時が来るであろう。

<トランプを大統領にした人々-12月17日英語説教 ポイント③>で語られた「奴隷階級の精神がしみついたクリスチャン」のようです。
雲に乗ってくる「社会福祉」を待っています。



4.伝道の心構え


2章 24節~26節

主の僕たる者は争ってはならない。だれに対しても親切であって、よく教え、よく忍び、


反対する者を柔和な心で教え導くべきである。おそらく神は、彼らに悔改めの心を与えて、真理を知らせ、


一度は悪魔に捕えられてその欲するままになっていても、目ざめて彼のわなからのがれさせて下さるであろう。

「対象」が、家庭連合でも、クリスチャンでも、あるいは保守派でも、誰であっても共通のものです。
「希望」は残っています。


(お問い合わせ先:メール sanctuary.saitama@gmail.com
         電話番号 堀勇一070-6670-5334 堀久子070-6637-7424 )


「キリスト教」のブログは、こちら

任命式の映像はこちら

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。