埼玉サンクチュアリ教会(日本サンクチュアリ協会 埼玉教会)

私ども夫婦は、2015年8月30日に米国サンクチュアリ教会本部で行われた「真の御父様の聖和3周年記念礼拝」(真の基元節)および「真の御父様の権威に戻るための祝福式」に参加し、同日の夜、日本において「真の御父様の権威に戻るための祝福式」を行うための、任命の祝祷を受けました。
2015年12月30日にCyberサンクチュアリ人協会の会長を辞め、文鮮明真の御父母様・文亨進二代王様・文國進監察総監様の側近である江利川総会長の下で働くため、日本サンクチュアリ協会に移籍しました。

「真のクリスチャン」 二代王の本音

初期にサンクチュアリに来た人達が、一番気になったのが「銃器所持」の問題でした。
それは今や、御言葉と理解が増えるにつれて、次の順序で次元が高まりました。

1.ただ「受け入れる」

2.平和軍警察として「自ら追求する」

3.クリスチャンとして「信仰の証とする」


<トランプを大統領にした人々-12月17日英語説教 ポイント③>から引用します。
(翻訳・掲載に感謝申し上げます。)


奴隷階級の精神がしみついたクリスチャン

奴隷階級の精神がしみついたクリスチャンたちにはもう、うんざりさせられます。まったく胸が悪くなるのです。(アメリカの)民主党をなんだかんだと非難していますが、彼らの信仰は民主党と同じではないですか!一体どういうことだというのです。とんでもないことです。

普通のクリスチャンとイエスの再臨について話をするとき、彼らの気構えは完全に社会福祉を受けるのと同じものです!

これはキリスト教会内の最も偽善的なファシスト的な嘘偽りです。あまりに愚かしく、あきれ果ててしまいます。


GOA(米国銃所有者協会)の人たち

だから私はアベル型の生き残りであり真のキリスト者は、GOA(米国銃所有者協会)の人たちだといつも言っているのです。彼らこそアベル型人間であり、真のクリスチャンです。彼らはキリスト教会の中心です。皆も知っているように彼らがトランプを大統領に押し上げ、大いなる主権革命をもたらしたのです!


勤勉なブルーカラーの労働者たち、退役軍人たち

トランプを大統領にしたのは修正2条を支持する、勤勉なブルーカラーの労働者たち、退役軍人たちです。彼らが投票場に出向いてトランプに票を入れたのです。

彼らは模範的なキリスト教徒ではないかもしれません。奥さんにぼやかれているかも知れません。しかし心で分かっていたのです。この国がサタン主義者に倒されそうだとその良心が知っていたのです。


上記を基に、クリスチャンを格付けすると、低い方から次の順序だと思われます。

1.反民主党

2.親トランプ

3.銃器所持


関連して、次のことを考えます。

1.家庭連合は、「偶像崇拝」によって、「クリスチャン」から堕ちてしまいました。


2.日本の保守派の多くは、「クリスチャン」ではありません。


3.日本のクリスチャンの多くは、「奴隷階級の精神がしみついたクリスチャン」です。

どれも悩ましいですが、「構え、撃て、狙え」の参考です。


(お問い合わせ先:メール sanctuary.saitama@gmail.com
         電話番号 堀勇一070-6670-5334 堀久子070-6637-7424 )


「キリスト教」のブログは、こちら

任命式の映像はこちら

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。