埼玉サンクチュアリ教会(日本サンクチュアリ協会 埼玉教会)

私ども夫婦は、2015年8月30日に米国サンクチュアリ教会本部で行われた「真の御父様の聖和3周年記念礼拝」(蘇生期・真の基元節)および「真の御父様の権威に戻るための祝福式」に参加し、同日の夜、日本において「真の御父様の権威に戻るための祝福式」を行うための、任命の祝祷を受けました。
2015年12月30日にCyberサンクチュアリ人協会の会長を辞め、文鮮明真の御父母様・文亨進二代王様・文國進監察総監様の側近である江利川総会長の下で働くため、日本サンクチュアリ協会に移籍しました。

本体論セミナーの余話 赤い天聖経について

最近の当ブログで、自分が感じたことです。
下記のような「整理」が多く登場しました。


本体論

本性相=心情・真の愛・人格=夜の神様=御父様の根源

本形状=原理・法度・秩序=昼の神様=二代王と私達の根源

クリスチャンの格付け

1.反民主党

2.親トランプ

3.銃器所持


本体論セミナーで、劉先生は、赤い天聖経について、次のような趣旨で批判しました。

箇条書きのように御言葉を整理してしまった。

そのことを思い出しました。


私自身は、感想文に書いたような性格です。

なるべく簡潔にまとめた方が分かりやすいと考える性格です。

赤い天聖経について、家内は「読んでいると気持ち悪くなった」と証します。
他の人達も、「霊的な恵みが無かった」等の証をします。
私自身は、「意的」「知的」人間として、「問題を感じなかった」と告白します。
感想文に書いた通りです。

自分は、亨進様に教えられるまで分かりませんでした。

もちろん「御言葉を変えてはいけない」「八大教材教本は人類への遺言」とは知っていました。
それについては、2015年8月17日の当ブログに書きました。
それを引用して終わります。

「天一国の歌」は最初「天一国国歌」に次ぐ愛唱歌のようなものだと思っていました。

「天一国経典」も「八大教材・教本」に次ぐ副読本のようなものだと思っていました。


ですからサタンは巧みです。

いつの間にか、すり替えてしまいました。


サタンを見抜くことができる人は、メシヤの後継者に違いありません。
天一国国歌の精神を見事に指摘できる人は、メシヤの後継者に違いありません。
御父様が聖和された後、なぜかしら感動を忘れていた筆者に、涙を流させた説教者は、メシヤの後継者に違いありません。


(お問い合わせ先:メール sanctuary.saitama@gmail.com
         電話番号 堀勇一070-6670-5334 堀久子070-6637-7424 )


「キリスト教」のブログは、こちら

任命式の映像はこちら

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。