埼玉サンクチュアリ教会(日本サンクチュアリ協会 埼玉教会)

私ども夫婦は、2015年8月30日に米国サンクチュアリ教会本部で行われた「真の御父様の聖和3周年記念礼拝」(真の基元節)および「真の御父様の権威に戻るための祝福式」に参加し、同日の夜、日本において「真の御父様の権威に戻るための祝福式」を行うための、任命の祝祷を受けました。
2015年12月30日にCyberサンクチュアリ人協会の会長を辞め、真の御父様・亨進様・国進様の側近である江利川総会長の下で働くため、日本サンクチュアリ協会に移籍しました。

「私たちのような考えと心を持った多い人々を神様が準備してくださっている」 亨進様の御言葉と御父様の御言葉

3月30日「王の報告」から引用します。
(翻訳・掲載に感謝申し上げます。)

私たちがひとりと感じる時、私たちしか救国を思わないのかと感じる時、「私たちのような考えと心を持った多い人々を神様が準備してくださっている」と信仰で出て行くことが重要であると考えられます。

本当に絶望が来て何も意味が無いと感じる時、「神様の顔を願い共に行きなさい」と言われたお父様を再び思わなければならないのです。


そして、今週、聖霊大学のJacobさんの講座で学ぶ御父様の御言葉は、「天の心情を誰が知っていたか」(1960年1月17日)です。
そこから引用します。


善を指向して良心が澄んだきれいな人

この世界は悪を中心とし、悪の事情に通じ、悪の心情と結託して成された世界であって、善を中心として善の事情に通じ、善の心情と結託して成された世界ではないのです。


それゆえ、善を指向して良心が澄んだきれいな人であるならば誰でも、この世が嫌だと感じるのです。この世が、自分の心と相反するからです。世の中がこうなので、天は見えない所で歴史路程を通じて「道」を立て、人類を引っ張ってきました。その中で、代表的なものがキリスト教です。


痛嘆して泣き叫ぶ群れ

私たちが横になって寝るその家庭は、自分がとどまる家庭ではなく、私たちが活動しているこの社会は、自分が願う社会ではなく、二つの目で見つめているこの地球は私たちが理想とする地球ではありません。この被造世界が私のものとはなっていないというのです。「私のものでありながら、怨讐のものとなっているのだな。本来は私のものだったのに、怨讐に奪われてしまったのだなあ」と、痛嘆して泣き叫ぶ群れが地球上にあふれ出てこなければなりません。


善を見つめ良心が指向する方向に従っていこうとする人々

今日、堕落した人間たちの中において善を見つめ良心が指向する方向に従っていこうとする人々は、「神様がいらっしゃるならば、神様、あなたの事情を知ることができますように」と求めなければなりません。


イエス様による「天国建設の青写真」宣布

そうしてイエス様が、それを知り、それを知らせるために来られました。来られて新しい宣布をなさらなければなりませんでした。何を宣布されるのでしょうか。天国建設の青写真を宣布なさったことでしょう。人間が失ったエデンの園をサタンが所有しているので、そのサタンを打ちのめし新しい本然の園を建設することができる、という内容を宣布なさったことでしょう。その宣布文が聖書には出ていません。みな消してしまいました。それゆえ二千年の歴史路程は、彷徨の歴史であったのです。


再臨主による「天国の法度」「神の国」宣布

この世界を率いていく主人とは誰でしょうか。この世界の主人は、神様のひとり子であられる王の中の王です。その方が主管し得る世界であるがゆえに、死亡世界にとどまっている数多くの人類は「来たり給え、メシヤよ」と言っているのです。


その方が再び来て、何をされるのでしょうか。

(中略)


その方はサタンを糾明し、審判台に上げ、人類を糾明して審判できる原則を立て、その次に天国の法度を宣布なさるはずです。私が探す息子、娘はこのような息子、娘、私が探すその息子、娘が生きる家庭はこのような家庭、私が建設する社会はこのような社会、私が成し遂げるべき国はこのような国だと宣布して、その統治権内に世界を引き込み、天地が一つに和することができる基盤をつくっておいて数年後に、神の国を宣布なさるはずです。


団結すべき、全世界のキリスト教徒

歴史がこのように血にまみれ、悲しみでつづられて流れてきたということを知っている私たちは、団結しなければなりません。東西を問わず、国家、民族を問わず、皆が団結しなければなりません。これが、み旨を抱いた人々が肝に銘じるべき一つの標語です。団結するには、生活の統一、行動の統一、理念の統一、心情の統一がなされなければなりません。黒人が問題ではなく、白人が問題ではありません。イエス様の血筋がうごめいている人、心情にあふれて父を呼び求めたい人は、みな団結しなければなりません。このような運動を、全世界のキリスト教徒の前に宣布すべき時期が近づいてきているのです。


怨讐たちと戦うべき、全世界のキリスト教徒

天は、このようにしてくれることを願われるはずです。全世界のキリスト教徒が、滅びたイスラエルの代わりに、第二イスラエルとして世界に登場し、怨讐たちと戦うことを願っていらっしゃいます。その日が、イエス様の再臨の日であり、その戦いに責任をもって来られる方が、再臨のイエス様です。


今週も「予習」を記事にさせて頂きました。



(お問い合わせ先:メール sanctuary.saitama@gmail.com
         電話番号 堀勇一070-6670-5334 堀久子070-6637-7424 )
         任命式の映像はこちら

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。