埼玉サンクチュアリ教会(日本サンクチュアリ協会 埼玉教会)

私ども夫婦は、2015年8月30日に米国サンクチュアリ教会本部で行われた「真の御父様の聖和3周年記念礼拝」(蘇生期・真の基元節)および「真の御父様の権威に戻るための祝福式」に参加し、同日の夜、日本において「真の御父様の権威に戻るための祝福式」を行うための、任命の祝祷を受けました。
2015年12月30日にCyberサンクチュアリ人協会の会長を辞め、文鮮明真の御父母様・文亨進二代王様・文國進監察総監様の側近である江利川総会長の下で働くため、日本サンクチュアリ協会に移籍しました。

親愛なる家庭連合**教会長へのメッセージ

お読み頂いているかどうか分かりません。
本当はお目にかかりたかったのですが。


お電話を頂いた時には、ほんの少し期待したのですが。
やはり個人情報に関するクレームだけでした。


その後、忙しくて、「個人情報」を使った「第二弾」のメールはお送りしていません。
しかし、大切なのは、この世のプライバシーよりも、永遠の生命だと信じています。


私は、**教会長から見て、見失った「一匹の羊」ではないのでしょうか?
昨年3月に、既に**教会から##教会に移管されたからでしょうか?


「組織を超えた関係」は無かったのでしょうか?
私は「組織を超えた関係」を信じています。


そして私は、「狼」や「羊泥棒」ではありません。
悪い主人は、「羊飼い」に冬にも毛を刈らせ、皮まで切らせても、平気でいるようです。
私は、善い主人のために働く「羊飼い」のヘッドハンターです。


「羊たち」の命は「羊飼い」にかかっています。
婦人たちは、やはり「エバ」であり「対象」だからです。
**教会長は、「主体」であり「御父様の代身」です。


「御父様の代身」は、今の御母様がなさることを許せるのでしょうか?
霊界の御父様も、許していらっしゃると思いますでしょうか?


亨進様は「許すはずがない」とお考えです。
私は、それに納得しました。


御母様ご自身も、それはご存じだと思います。
しかし、御母様は「その必要がない」とお考えなのでしょう。


地上では御父様に逆らえませんでしたが、霊界では「対等」もしくは「自分が上」だとお考えだと思います。
それ以外には、今の御母様を理解できません。


「御父様の代身」は、どのようにお考えなのでしょうか?
それとも**教会長は、「天使長」に過ぎないのでしょうか?


「一匹の羊」のために、お返事を頂ければ幸いです。

(お問い合わせ先:メール sanctuary.saitama@gmail.com
         電話番号 堀勇一070-6670-5334 堀久子070-6637-7424 )


世界基督教統一神霊協会の出発 家庭教会の出発

1月31日に、サンクチュアリ教会・埼玉地域の第4回「礼拝と家庭集会」を行いました。


1.世界基督教統一神霊協会の出発について


自叙伝132頁を訓読し、御父様の「教会観」を再確認しました。
それは、亨進様と矛盾するものではありません。


>統一は連合ではありません。
>連合は二つが集まったものですが、統一は二つが一つになることです。


>本来、教会という言葉で人と私を分ける理由は何もありません。
>にもかかわらず、世間は「教会」を特別な意味を持つ言葉として使うのです。
>私はそういう特別な部類に属したくありませんでした。


2.家庭教会の出発のために


2月13日以降、比重が高まると思われる「外部伝道」の準備を始めました。
サンクチュアリ教会(家庭教会)の「外部伝道」は希望があります。


(1)献金の重荷がありません。
(2)悪評判がありません。
(3)「宗教団体」ではない「自由」があります。
(4)世界的宗教「キリスト教」に基づく権威があります。
(5)夫婦愛を大切にして、お見合いもできます。
(6)先祖供養もして、悪霊現象を乗り越えられます。


私が作ったチラシの案を配布しました。
日本サンクチュアリ協会のホームページにある紹介文から始まるものです。


わたしたちは、各家庭が神様の真の愛を中心として本然の理想家庭を築いて一つになり、「為に生きる」生活を通して、国を越え、宗教を越えた、「神様の下の人類一家族世界」を目指します。


<神様の真の愛>
宇宙の全ては、陽性と陰性の組み合わせでできています。
神様から見て、真の愛で結ばれた夫婦は、最も大切なものです。
真の愛とは、「為に生きる」ことです。
真の愛は、神様から始まり、夫婦から親子、兄弟、親戚、隣人、社会、世界へとつながるべきものです。


<救世主・キリスト>
しかし現実には、真の愛は、夫婦の間でも実現するのが困難です。
人類最初の夫婦、アダムとエバから始まる「原罪」が、その原因です。
「為に生きる」のと反対に、「自己中心に生きる」のが、悪人・悪霊・悪魔の思想です。
私達は、救世主・キリストの力によって、「原罪」を取り除き、「為に生きる」人間に生まれ変わる必要があります。


<超宗派・超組織>
救世主・キリストの思想は、特定の宗派や組織に限定されるものではありません。
全ての家庭が、自由に学び、実践することができます。
私達は、そのお手伝いをするだけです。

<家庭相談>
夫婦の真の愛は、最も重要なものです。
結婚は絶対に必要です。
私達は、お見合いもお手伝い致します。
夫婦の問題解決のご相談も承ります。

<読書会・祈祷会>
死後の世界・霊界は実在します。
先祖も、私達も、善霊となり、天国に行かなくてはなりません。
悪霊現象は、私達を苦しめます。
それを乗り越えるためには、日々の善行と、先祖供養と、神様・善霊の助けが必要です。
私達は、その方法を共に学び、共にお祈りさせて頂きます。
どうぞお気軽にご連絡下さいませ。

(お問い合わせ先:メール sanctuary.saitama@gmail.com
         電話番号 堀勇一070-6670-5334 堀久子070-6637-7424 )

イスラム教と銃所持 組織と家庭教会

亨進様の最近の説教では、イスラム教の脅威が述べられています。
同時に銃所持の権利も語られ、テロリストや強姦者に対して戦う必要性を強調しています。
思想的にも「文化相対主義」を否定して、「キリスト絶対主義」を訴えています。


しかし、そもそも「自由と責任」です。
天一国憲法でも「信仰の自由」が保障されています。
無神論も自由、イスラム教も自由です。


この矛盾的なことは、どのように解決されるのか、考えさせられます。


「サンクチュアリ教会 JPN 合同ニュースブログ」の「天一国市民の銃所持に違和感を感じますか?」から引用させて頂きます。


>天国に武器?
>確かに矛盾を感じさせる。
>しかし人々の堕落性が徐々に脱げていけば戦争もそれに応じて減るし、殺人などの刑事事件も減るだろう。
>武器を持たせると殺人事件が増えるような社会、国では天国など一億年経ってもやってこないだろう。
>しかし人の堕落性が消えていく社会では自動的に銃自体の必要がレジャー目的以外なくなるだろう。
>天一国の成否のすべては人々の堕落性を消し去る速度に掛っているのだ。
>今の現実世界を見て一朝一夕にそこまで行くことは考えられないので経過措置としてアメリカの初期理念が必要だというのである。
>あとは個人の内的革命、個性完成で自動的に実体天一国はやって来るという考えだ。


エルダー世界宣教本部長の「質問にお答えします」の「宗教の統一は自由市場の機能を通して」からも引用させて頂きます。


>問)サンクチュアリ教会は、どのような方法で他のグループを統合し、さらには諸宗教を統一していくのでしょう。
>答)一言で「自由市場の機能を通して」です。
>原理講論の書き出しにあるように「人間は、何人といえども、不幸を退けて幸福を追い求め、それを得ようともがいている」のであれば、人間は最大の幸福が求められるところへと徐々に集まると思うのが自然でしょう。
>その「ところ」とは、神様の愛と命と血統が最も身近に体験できるところではないでしょうか。
>複数の選択肢があって、各消費者が個人的に好むものを自由に選べる環境を私達が「自由市場」と言うなら、宗教の統一も「自由市場の機能を通して実現する」と表現しても差し支えないと思います。


天一国では、悪にも「自由」が与えられます。
それを解決する「責任」も、私達に与えられます。


家庭連合に対して極めて弱小なのに、早々と組織が乱立するサンクチュアリ教会は、まさにプロテスタント的ですが、最終的には「世界基督教統一」を実現しなければなりません。
「自然屈服」によって「堕落性を脱ぐ」という原理は不変です。


「組織ではなく関係」を追求すれば、残る組織は「家庭教会」だけになると思われます。
御父様が「定着実体み言宣布」で語られた「霊連世協会」が、その「中心軸」になるのだと思います。


>霊界と肉界を連結して実質的な統一を完成し、天理と天道によって摂理を経綸するようになるという意味です。


「家庭教会」は「はげ頭と苺」の「苺」でもあると思います。
「苺」を分け合う仕事に、引き続き最善を尽くして参ります。


「家庭教会」は、「善なる男性を排除して、悪なる男性がその位置を埋める」「悪が徒党を組む」艱難の時代に、最終的な希望であり、砦です。


(お問い合わせ先:メール sanctuary.saitama@gmail.com
         電話番号 堀勇一070-6670-5334 堀久子070-6637-7424 )