埼玉サンクチュアリ教会(日本サンクチュアリ協会 埼玉教会)

私ども夫婦は、2015年8月30日に米国サンクチュアリ教会本部で行われた「真の御父様の聖和3周年記念礼拝」(真の基元節)および「真の御父様の権威に戻るための祝福式」に参加し、同日の夜、日本において「真の御父様の権威に戻るための祝福式」を行うための、任命の祝祷を受けました。
2015年12月30日にCyberサンクチュアリ人協会の会長を辞め、文鮮明真の御父母様・文亨進二代王様・文國進監察総監様の側近である江利川総会長の下で働くため、日本サンクチュアリ協会に移籍しました。

天一国の為のシステム

ブログ「三大王権・真の御父様に帰ろう!」の「2015年8月2日 亨進様 英語説教 『我々の強さは主の中にある』」から引用させて頂きます。
 
>サンクチャリー教会は自由な教会です。私達は自由にここに集まっているのです。誰も私達を強制していません。私達は主に奉仕する為に自由に集まった群れなのです。


>彼らは教会の組織があり、宮殿があるので、人々を脅迫することができると思っているのです。これがどれだけ愚かなことでしょうか。それらのものは主の前に崩れていくでしょう。


>私はお父様が誰なのかを宣言する為にここに来たのです。


>もしあなたが私と共に立って、このことをするならば、あなたを歓迎します。私達は神様と共に立ち上がる自由な人達なのです。私達は組織の為ではなく信仰のゆえにここに集まっているのです。組織の為に集まっているのではありません。


>私達は天一国の為のシステムを作るためにここにいるのです。大学の学生のように、人々は選択の自由があるのです。誰も何も強制されません。誰もがあるときは先生になり、あるときは学生になるのです。ですから、人々は目覚め始めているのです。人々はどこに神様の願いがあるのかを理解し始めているのです。


「日本サンクチュアリ教会」も「埼玉サンクチュアリ教会」も、天一国の為のシステムは共通しています。




魂の成長

「秀のブログ」8月9日付「サンクチュアリ教会への福音」から引用させて頂きます。

>江利川女史の脱会届けに呼応してか、日本では以下の文(メール)が全食口宛てとして発せられた。


>今後、同氏およびサンクチュアリ教会のメンバー等による勧誘等により、信仰的に悪影響を受ける被害を防ぐために、公文を全国に配信予定です。


先日の公文では「彼らを救うために」という偽善的な表現でしたが、「悪影響を受ける被害を防ぐために」という本音が書かれました。
しかし、「信仰的に悪影響」とは、何でしょうか?
自分と違う考えの人と授受作用できなければ、伝道などできないでしょう。
それが正しい信仰指導でしょうか?



「2015年7月26日 亨進様 英語説教 『魂の成長』(Spiritual Growing)」 には次の部分があります。

>心の奥深く尋ねて行くとそこには「不安」があるというのです。不安に溢れているのです。


>深層には泥水が流れる。魂の夜の闇の中、神様は私たちをその泥水のある場所に導かれるのです。そしてそこで何かを学ばせようとなさるのです。そこで何を学ぶのでしょうか。自分自身の事に限られる訳ではありません。


外から影響を受ける以前に、既に私達の心の奥深くには「不安」があるということです。
「献金できない私の家庭は大丈夫だろうか」
「解怨できない私の先祖は大丈夫だろうか」
「神山会長に続いて江利川会長も離れた統一教会は大丈夫だろうか」
「顕進様に続いて亨進様も離れた真の家庭は大丈夫だろうか」



「2015年7月22日韓国語説教 “奥深い信仰”」から引用します。

>コリント人へ第二の手紙12章9節には、

「私の力は弱いところに完全にあらわれる。」それだから、キリストの力が私に宿るように、むしろ、喜んで自分の弱さを誇ろう。


>その弱点を見ないといけません。その弱点を見れば、神様が私たちに啓示を下さる時間になるかもしれません。啓示、感動、信仰の賜物、知恵を下さる時間。

神様の願われる意思を悟れる信仰の賜物を受け取れることでしょう。


>私たちは信じてドアをノックし続ければ神様がドアを開けて受け入れようとされる瞬間があります。ドアを開けて入れと言ってくださる時がきます。そのときに私たちは信仰に入っていけるのです。そのとき、神様は役事されるのです。アージュ


日本統一教会が言う「危機を機会に」と同じように、今の時は「魂の成長」のために大きな機会が訪れています。





自由社会(続)

国進様の講演には、次のような内容もあります。


「政府が独占を行うと、市民同士は助け合う余裕がなくなる」
「市民が政府に独占を許す原因は、市民が政府に甘えることである」


これは、まさに食口たちが経験してきたことに似ています。


しかし、食口たちが「すべてを捧げた」ことは、真の御父様が「すべてを成し遂げた」ことに貢献したと信じます。
しかし、組織に従ってさえいれば良いと思って、「家庭教会」「氏族的メシヤ」として自立しなかったことは反省しなければなりません。


米国サンクチュアリ教会の世界宣教本部長は、次のようなメッセージを語っています。


「日本が犠牲になる時代は終わった」
「古い考えの教会の時代は終わった」
「これからの教会は、食口に奉仕し、傷をいやし、必要としているものを把握して提供する」
「生前は遠かった御父様が、今や霊界から直接指導できるので、食口一人ひとりが御父様と出会えるようにする」
「食口を統制するのではなく、各家庭が自立して、必要に応じて複数の家庭が集まる」


日本統一教会も、「幸福な家庭」というスローガンはあります。
またしても御父様の言葉を変えてしまいましたが、「氏族的メシヤ」の活動はあります。
しかし、「氏族的メシヤ」の仕事以外は「すべてを成し遂げた」はずなのに、不思議に継続する「摂理」が、結局何よりも優先されていないでしょうか?


食口たちが「選択の自由」を行使すべき時代が来ました。