埼玉サンクチュアリ教会(日本サンクチュアリ協会 埼玉教会)

私ども夫婦は、2015年8月30日に米国サンクチュアリ教会本部で行われた「真の御父様の聖和3周年記念礼拝」(蘇生期・真の基元節)および「真の御父様の権威に戻るための祝福式」に参加し、同日の夜、日本において「真の御父様の権威に戻るための祝福式」を行うための、任命の祝祷を受けました。
2015年12月30日にCyberサンクチュアリ人協会の会長を辞め、文鮮明真の御父母様・文亨進二代王様・文國進監察総監様の側近である江利川総会長の下で働くため、日本サンクチュアリ協会に移籍しました。

国境線撤廃のために まず天一国の国境を築く

タイトルは、み言葉ではなく、私の言葉です。恐れ入ります。


「原理本体論」145頁から引用します。

銃刀を持って監視をし、国境線を越えてくれば殺し、監獄に監禁するというのは誤ったことです。

久しぶりに、御父様の「国境線撤廃」を思い出しました。


日本サンクチュアリ協会のホームページより、岡山の齋藤章さんによる 「訪米の証し」から引用させて頂きます。

サタン世界からの影響を避け、サタン世界からの干渉を排し、独立し、神様の支配、良心の支配によって、正直に、自由と責任の中で個々の人格として完熟し、自給自足、自活して、神様の前に正しく生きることが大切であると理解しました。

ファーム(ブルーストーンズ農場)へ到着。「ここに、サタン世界に干渉されない、神の主権、神の国を。」と。正に、森林を開拓し、農地を拓き、家を建て、墓、消防署等必要施設の準備を進めておられる現場を見せていただきました。現実的・具体的に神の国を立てる動きがここで始まっていました。

亨進様が説教で語られているビジョンが実践されているという証言です。

アーミッシュ共同体も参考にしながら、サタン世界と「隔絶」する方向性と、「国境線撤廃」との「整合性」について、また考えさせられました。


氏族的メシヤの摂理が失敗しなかったら、既存の国を転換して、天一国を拡散する道があったのだと思います。

しかし今や、既存の国ではなく、新しい国を起点として、全ては始まるのだと思います。


(お問い合わせ先:メール sanctuary.saitama@gmail.com

         電話番号 堀勇一070-6670-5334 堀久子070-6637-7424 )

         任命式の映像はこちら




より大きな自由 江利川総会長の下で

2016年4月17日の亨進様説教から引用します。

神の国について知り、その祝福を受けそこで暮らす人々は、自分達がこの世で最も自由な国を造り出そうとしていることを自覚しています。人々、仲間と協力して作る、より自由な結社、より自由な交易が確保される大きな自由と機会のある社会。

王国とその憲法を持っている人は自由の意味を知り、自由な取引と自由なコミュニティづくり、そのネットワーク形成を通してすべてにおいて良好な結果を得ることができます。


昨年10月10日の当ブログ「天一国憲法公布の前夜」から引用します。

私がCyberサンクチュアリ人協会の会長だった時のことです。

私は、江利川会長とお目にかかった時、江利川会長を尊重して、ある質問をしました。

すると江利川会長は「それは自由です」とおっしゃいました。

江利川会長は亨進様の思想を体恤していらっしゃると感じました。

すぐに分かることでした。

今や確認された事実です。


「指導」は、私が願う時に受けます。

それ以外は、全く「自由と責任」です。


実際、私は過去と比べて自由です。

過去には「制約」と戦わなければなりませんでした。


間違ったイメージを持たれないように、重ねて証しさせて頂きます。


****


関連して、日本サンクチュアリ協会の「祝福と訪米の証し 2016.4.19 J.S 」から引用させて頂きます。

(二つ目の証しなので、ページの下の方です。)

4月9日(天歴3月3日)に祝福の恩恵を授かりました。私は両親が6000双家庭の祝福二世です。

私が接した江利川会長は神様に、アボニムに本当にまっすぐな方だというのが率直な印象です。日本の会長時代の話をお聞きしました。真夜中でもアボニムから電話が掛かってくるから、ゆっくり寝ることもできなかった、メシアのみ言を聞き間違えては大変なことになる、一字一句み言を間違えず日本シックに伝えようと本当に必死だったと言う江利川会長の証しを聞きました。並大抵の努力ではできない、アボニムに侍る姿勢をこの方から学んでいかなくてはと思いました。

そうして、立派な二世が多く現れることを願います。


(お問い合わせ先:メール sanctuary.saitama@gmail.com

         電話番号 堀勇一070-6670-5334 堀久子070-6637-7424 )

         任命式の映像はこちら




続編 大切だと思われる亨進様のみ言葉

「続編」というのは、ここにも「ユ氏」が登場するからですが、「柳氏」かも知れません。
大切さにおいては、昨日のみ言葉よりも重要ですので、この機会に触れたいと思いました。
「サンクチュアリNEWS」から昨年9月20日の亨進様説教を引用します。
かなり長いですが、忘れてはいけない内容です。

ナイジェリアでの話です。5時の訓読会の直前、5分前頃のことです。部屋中の物をお父様が動かしておられるのです。部屋の中はパニック状態でした。そこにお母様と鄭元周(補佐官)もいて、「お父様がおかしくなった!」と言いました、お父様は「気が狂った」と。お父様はベッドに座って「あれをこっちに動かしなさい」「これをあっちに置きなさい」と忙しく指示されておられたのです。私も「はいお父様、わかりました。こちらですね」と言いながら対処していました。「そうだ、そうだ。いやあれはこちらに」という風でした。その後、お父様は「よし、訓読会に行こう」と言われ、訓読会で祈祷、宣布などこなされました。その夜のことです。韓オモニが幹部を集めて、正確に誰を呼んだのかは知りません。しかしユ氏がいたことは確かです。なぜならユ氏はその後私の部屋にやって来たからです。彼は私に「朝の出来事をどう思いますか」と尋ねました。


「もしあなたが宗教学者で土俗宗教の研究でアフリカの村を訪れたとしたら、村の長老に、たとえ彼が死んだ亀の甲羅やビーズ、木の実をいじりまわしていたとしても敬意を払うでしょう。」と私は答えました。彼は「私は文化の違いには思慮深く対応します」と答えていました。


ところが自分の目の前で朝の様なことが起こった時、この世の宗教学者ほどの思慮深さを持てないのかというのです。世俗的宗教学者ですらおかしなふるまいをする村の長老に対して色々な視点から分析するではないですか。それも出来ずに「ああ、気が狂った」とは。


土俗の村の長老にすら払う敬意をメシアには払えないということはあまりにも悲しいことです。その悲しみを味わいました。あまりに痛々しかったのです。ユ氏に言いました「もしあなたがお父様をメシアと信じるのなら、おかしな行いも何か意味と目的があると考えるべきではないですか」。「地上における神様の実体だと信じるのなら、目的ある行動だと見るべきではありませんか」。


今ではその意味が分かっています。お父様は私達の信仰を試しておられたのです。1980年代から幹部の一部はお父様がおかしいとささやくことがありました。お父様はまだ60代70代のときからです。最終的にはお母様もそう信じるようになりました。

「幹部」と「お母様」だけの問題ではなく、「私達」すべての問題です。
「絶対信仰」の問題です。
私が戦った、「御父様にも間違いがある」という思想との戦いです。
亨進様のみ言葉によって、私は武装されています。
同じテーマで、昨年11月1日の説教からも引用して終わります。

韓お母様は最終的にお父様がおかしくなったと思っていました。ナイジェリアの一件です。ここでも一度お話しした、「部屋のあれをここに、いやあちらに」とお父様が訓読会の前に忙しく指示された時のことです。


お父様のみ言葉にあります。


私が半ば狂って服を脱ぎ、そこでおしっこをするとき、どれ位の者が残るだろうか。私がたどった道がどれほどおそろしい道であったが誰も知らない。分からないのです。わたしを産んだお母さんも知りません。ここにいるお母様も知りません。それで多くの霊能者が私がかわいそうだと言って泣くんだね。これをいわなければだれが知るだろうか。どれほど問題が深刻であったか、どれほど霊肉共に闘ってきたのかがあなたたちにはわからないだろう。(210-81,1990.12.1)


お父様は私を試されたのです。意図的にお父様は気がふれたように振舞ったのです。「これをあそこに!」「いや、ここだ!」と叫ぶように言われました。お父様は愚かな人ではありません。誰が自分を信じているかじっと観察しておられたのです。数えきれない位、お父様が試される場に居合わせました。わたしを試されたのです。


ハワイでお父様が講演をされた時のことです。上着を脱ぎ、ズボンも脱いで「わたしは何も恥ずかしくない」とおっしゃいました。舞台裏は大騒ぎです。お母様は元周(チョン・ウォンジュ)「このタオルをもっていきなさい!」と叫んでいました。お父様はそのタオルをはねのけました。お父様が舞台から戻ってこられた時、皆が異様な雰囲気にありました。そこに「不信」が蔓延しているのを私は感じました。


ハワイはエデンの園です。恥じらいはあってはいけないのです。私はお父様をお風呂に入れて差し上げるときも恥ずかしく思ったことはありません。


(お問い合わせ先:メール sanctuary.saitama@gmail.com
         電話番号 堀勇一070-6670-5334 堀久子070-6637-7424 )
         任命式の映像はこちら