埼玉サンクチュアリ教会(日本サンクチュアリ協会 埼玉教会)

私ども夫婦は、2015年8月30日に米国サンクチュアリ教会本部で行われた「真の御父様の聖和3周年記念礼拝」(真の基元節)および「真の御父様の権威に戻るための祝福式」に参加し、同日の夜、日本において「真の御父様の権威に戻るための祝福式」を行うための、任命の祝祷を受けました。
2015年12月30日にCyberサンクチュアリ人協会の会長を辞め、真の御父様・亨進様・国進様の側近である江利川総会長の下で働くため、日本サンクチュアリ協会に移籍しました。

「アボジに反対したオモニは入ることが出来ない」

文鮮明先生말씀選集の、未来の明日を開拓しよう  (2) から引用します。
(翻訳・掲載に感謝申し上げます。)

皆さん、祝福を受けた人が、霊界に全て入れない。今まで霊界の天国の前に楽園があったし、楽園の前に地獄があったのと同様に、祝福を受けた家庭たちが、完全に出来ないようになれば、完全に先生について入って行くことが出来る人、アボジに従って入って行ってもアボジに反対したオモニは入ることが出来ない。敷居越しで待たなければならないのだ。こうして入って行った人たちが出てきて救ってくれなければならないのだ。アボジが負債を負えば、父母が負債を負えば、子女たちが負債を返してあげれば解放されるのと全く同じだ。

2005年7月28日(木) 漢南国際研修院の御言葉です。
韓氏オモニのことでしょうか?
祝福家庭の夫人のことでしょうか?
いずれにしても、「救ってくれる」のは「子女たち」です。
韓氏オモニであれば、二代王です。
家庭連合の人達は、御子女様を含めて、「救ってくれる」人ではありません。
結局、韓氏オモニの期待に反して、「真の孝子」は、二代王以外にありません。



バイブル(Bible)が一つだ、二つがありえない

『天聖經』の内容が法になっているが、皆さんが思い通り、‘私は関係がない。’ してみなさいということだ。すべて引っかかってしまう。先生が行く時間が近づいてくるので、これを作っておいたのだ。天の国や地上の国や聖書が一つだ。バイブル(Bible)が一つだ、二つがありえない。行く道が二つではない。この通り行かなければだめだ。

今や、韓氏オモニの「異端」は、多岐にわたっていますが、これ一つでも充分です。
天聖経と、天一国国歌、家庭盟誓と「天の父母」、これが「異端」の「基本」です。
家庭連合の人達は、どれほど心が広いのでしょうか?
(御父様への貞操が無いのでしょうか?)


キリスト教徒たちが聖書を千回以上読めば、これは万回、それ以上数十倍読んでも不足する

そのために訓読会を専門化しなければならない。どこに何があるかということ、キリスト教徒たちが聖書を千回以上読めば、これは万回、それ以上数十倍読んでも不足するということを知らなければならない。堕落した世の中の小学校の先生、大学校教授の言葉と比較できない。これは名前が何か? ‘天聖經’だ。‘天聖經’の‘天’の字は‘天の天’の字だ。‘天の天’の字は二人の人だ。

「真の天聖経」(黒い天聖経)に関して言えば、家庭連合で伝道された人達は、もはや、1回も読むことがないでしょう。
ですから二代王のおっしゃる通り、「キリスト教徒」の下に堕ちた「家庭連合」です。



(お問い合わせ先:メール sanctuary.saitama@gmail.com
         電話番号 堀勇一070-6670-5334 堀久子070-6637-7424 )


「キリスト教」のブログは、こちら

任命式の映像はこちら

あとがき 「民間防衛」

本文を飛ばして、先に読みました。
本文は、徐々に、記事にしたいと思います。


平和(序論)

真に平和を望むものは、平和を守るための努力を惜しんではならないということである。

単なるスローガンで平和を守ることは不可能である。

まず「左派」の「スローガン」を否定しなければなりません。



スイス(モデル)

戦乱の歴史をくり拡げたヨーロッパにおいて、150年以上にわたり平和と安全を享受してきた国であった。

スイス国民の平和を守るための努力、国民一人一人の大変な負担とこれに耐えぬく気迫という現実には目をつぶり、(中略)平和という美しい花にのみ気をとられてきたきらいがないだろうか。

本書は、スイス政府により、全国の各家庭に一冊ずつ配られたものである。

私達も、ポスティングを頑張らなくてはなりません。
「銃器」より先に「思想」が必要です。



自由(思想)

「自由」を根幹とする社会体制を重視している。

ここで「自由」は自分達のよりよき社会を築いていくことができるための不可欠な要素として捉えられている。

したがって、かかる「自由」を否定、ないしは大はばに制限する左右の全体主義に対しては、断固としてこれと対決する姿勢を示しており、「自由」の思想を否定するものに対しては、常時、警戒を怠らない。

「奴隷」であってはなりません。



心理的防衛(信念)

たとえスイスが軍事防衛に敗れ、占領されても、心理的防衛により必ず最後の勝利を得られると考えている。

ただし、その場合でも、最終的な段階では武力の裏付けがあってはじめて可能としている

「信仰」と「鉄杖」が必要です。



体制(目標)

平時から、戦時に備えて2年間分位の食糧、燃料等必要物資を貯え、24時間以内に最新鋭の武器を具えた約50万の兵力の動員が可能という体制

確かに、「森友」「加計」よりも、やるべきことがあります。



(お問い合わせ先:メール sanctuary.saitama@gmail.com
         電話番号 堀勇一070-6670-5334 堀久子070-6637-7424 )


「キリスト教」のブログは、こちら

任命式の映像はこちら

「民間防衛」 永田先生の推薦書

3月13日の当ブログで引用した、銃と平和-アメリカ・スイス・日本(永田正治)から、別の部分を引用します。

スイス政府が発行している『民間防衛』(2003)という本には、思想侵略から核攻撃まで、あらゆる侵略を想定し、国民にそれに対応する教育を行っています。


永田先生は、特別寄稿「太田朝久講師よ、いい加減にしなさい!」等、家庭連合との論争に注力するため、本の内容紹介を私に委ねて下さいました。
私自身も、「本体論セミナー」の間に遅れた、御言葉の訓読を優先していましたが、やっと本を読み始めました。


まず「まえがき」から引用します。
永田先生の推薦通り、短い文章の中にも、貴重な言葉が含まれています。


武器をとり得るすべての国民によって組織され、近代戦用に装備された強力な軍のみが、侵略者の意図をくじき得るのであり、これによって、われわれにとって最も大きな財産である自由と独立が保障されるのです。

島国、日本人の鈍感な部分です。


われわれは、脅威に、いま、直面しているわけではありません。

スイスは友好国に囲まれています。
ところが、日本は、昨日の当ブログの通り、「韓半島が赤化統一されれば、中国による日本侵略は時間の問題です。」


近代戦では、戦線はいたるところに生ずるものであり、(中略)どの家族も、防衛に任ずる軍の後方に隠れていれば安全だと感じることはできなくなりました。

北朝鮮の「恐るべき10万人の特殊部隊」を考えれば、なおさらです。


作戦実施のずっと以前から行われる陰険で周到な宣伝は、国民の抵抗意志をくじくことができます。

「集団的自衛権を認めれば、戦争に巻き込まれる」という「宣伝」も、その一つです。
「個別的自衛権」だけでよいなら、アメリカに頼らない「軍備増強」が必要です。
「軍備増強」に反対なら、安倍首相に感謝すべきです。


しかし私達は、「軍備増強」を訴えなければなりません。
「自衛隊」ではなく、「民間防衛」の増強です。


それを本格的に訴えた時、「自治」の好きな「左派」の人達が、どのように反応するのか、まだ分かりません。



(お問い合わせ先:メール sanctuary.saitama@gmail.com
         電話番号 堀勇一070-6670-5334 堀久子070-6637-7424 )


「キリスト教」のブログは、こちら

任命式の映像はこちら