埼玉サンクチュアリ教会(日本サンクチュアリ協会 埼玉教会)

私ども夫婦は、2015年8月30日に米国サンクチュアリ教会本部で行われた「真の御父様の聖和3周年記念礼拝」(真の基元節)および「真の御父様の権威に戻るための祝福式」に参加し、同日の夜、日本において「真の御父様の権威に戻るための祝福式」を行うための、任命の祝祷を受けました。
2015年12月30日にCyberサンクチュアリ人協会の会長を辞め、真の御父様・亨進様・国進様の側近である江利川総会長の下で働くため、日本サンクチュアリ協会に移籍しました。

「康御母様の宗教性」「御父様の寿命」 (文鮮明先生말씀選集から)

(翻訳・掲載に感謝申し上げます。)


1.康御母様の宗教性


平和の主流の道を探し求める開拓開発  (3)から引用します。


我々の教会で先生よりも目が小さなのが誰かと言えばということだ。カン・ヒョンシル(姜賢実)だ

目が小さいので細密にだ。遠く見る。小さいじゃないか? 我々の教会で先生よりも目が小さなのが誰かと言えばということだ。カン・ヒョンシル(姜賢実)だ。その次にまた誰か? 信仰的にだ。遠く見るのだ。遠く見ると、現実主義者じゃない。現実主義者は足元だけを見るのだ。山を越えるのを見ようとしない。しぼりを調節すれば遠く見るじゃないか? 、宗教的に霊的に明るい。そのような人たちが専門分野に行くようになれば世界的に有名になるというのだ。そのような人は一生涯奉仕しなければならない。サタンからどれ程反対され蔑まれるのかというのだ。生まれながら反対だ。

それは、まさに証明されました。



2.御父様の寿命


平和の主流の道を探し求める開拓開発  (4) から引用します。


92歳まで今捉えているが、その時間よりもっと生きれば罪だ

私が92歳まで今捉えているが、その時間よりもっと生きれば罪だ。先生がこれがマヒして植物人間になれば横になって小便を受け大便を受けながら侍りなさいと言えば、1か月間来てそうだとすればすべて逃げようとするのだ。統一教会の食口たちの中で、ヤン・チャンシキ(梁昌稙)も逃げるのだ。1年間したが、1年以内に死ぬことよりももっと騒ぎたてることを考え、そうなのだ。どうか? 「そうじゃありません。」 そうじゃないとは何がそうじゃないのか?

「92歳」は、ピタリと合いました。
ここでは「介護」あるいは「尊厳死」についてですが、何事でも「現実を直視する」のは、御父様も二代王も同じです。



(お問い合わせ先:メール sanctuary.saitama@gmail.com
         電話番号 堀勇一070-6670-5334 堀久子070-6637-7424 )


「キリスト教」のブログは、こちら

任命式の映像はこちら

天一国に入れなかった御父様 (文鮮明先生말씀選集から)

まず、タイトルは、2017年9月23日までのことですので、ご安心を。


一昨日の当ブログ「アボジに反対したオモニは入ることが出来ない」から、引用します。

韓氏オモニのことでしょうか?

祝福家庭の夫人のことでしょうか?

どうやら、前者だったようです。


未来の明日を開拓しよう  (3)から引用します。
(翻訳・掲載に感謝申し上げます。)


オモニを完成させることが出来なかった

いまだに先生が誇ることが出来なかったこと、オモニを完成させることが出来なかった。 オモニが本当に愛を夫にしてこそ、夫も本当に愛することが出来る主人の場に上がって行くのだ。オモニ、そうだろう? 一人では女を愛することのできる主人の場に行けない。真の女の愛を受けることによって真の夫の絶対的な愛が始まるのだ。わかるか、どういう言葉か? これは良く知らなければならない。

2005年7月28日(木) 漢南国際研修院の御言葉です。
結果として、その後も同じでした。
ですから、2017年9月23日が必要でした。


二人が一つになって王、パン! ドアを閉めるのだ。永遠に開くことが出来ないのだ

‘天’というのは二人の人を言う。天一国は二人が一つになった国だ。国というのは何かと言えば周り(口)の中に‘丸い玉’だ。 そのように用いる? ‘丸い玉’の字をどのように書くのか? 「‘王様の王’に点(、)です。」 そうか? 王様は1代に40年20年するが、玉は千万年行くのだ。だから二人が一つになって王、パン! ドアを閉めるのだ。永遠に開くことが出来ないのだ。


2017年9月23日、御父様と康御母様は、「永遠の入籍」をされました。


このことに「痛み」を感じる家庭連合の人達に、ふさわしい御言葉も見つけました。


未来の明日を開拓しよう  (4) から引用します。


アボジの側になった、私の側になった?

アボジが私に気合いを与えたので痛い私が可哀想だ、アボジが可哀想か? アボジの側になった、私の側になった?’ とすれば神様が‘や こやつの子せがれ!’ と言ってあるいは連れて行って、あるいはくっつけるのだ。世の全ての事を事理に合うように考えることが出来ないこと、天国は事理が合う頭(かしら)たちが行く世の中であるが、思いのままにして天国に行く?


「鉄杖による統治」についても同じですが、「自分の思い」よりも、「御父様の事理」が大切です。



(お問い合わせ先:メール sanctuary.saitama@gmail.com
         電話番号 堀勇一070-6670-5334 堀久子070-6637-7424 )


「キリスト教」のブログは、こちら

任命式の映像はこちら

「アメリカとロシアが戦争にならないように祈祷しましょう」

タイトルを含めて、韓国語キングスリポート4月11日(水)から引用します。
(翻訳・掲載に感謝申し上げます。)

真の父母の日(天暦3月1日、陽暦4月16日、月曜日)まであまり残っていませんが精誠を尽くしていきたいと思います。

月曜日の行事の準備をしています
​行事まで、我々の心も準備をしなければなりません。

このような宗教的話題で済めばよかったのですが、タイトル通りの状況です。

第3次大戦は世界大戦です。ですから​中国がこの時だと思って日本も攻撃するかもしれません。

中東で戦争が起きれば中国がアジアに戦争を仕掛ける可能性があるし、国進様もそうおっしゃっています。


「民間防衛」の25頁から引用します。

軍事的防衛の準備には絶えざる努力を要するが、精神的防衛にも、これに劣らぬ力を注ぐ必要がある。

国民各自が、戦争のショックをこうむる覚悟をしておかねばならない。その心の用意なくして不意打ちを受けると、悲劇的な破局を迎えることになってしまう。

「わが国では決して戦争はない」と断定するのは軽率であり、結果的には大変な災難をもたらしかねないことになってしまう。


昨年9月8日の当ブログ「災害に備える運動」から、「八潮市のトランプ」の演説文を引用します。

今、私は、八潮市で、戦争の危険性を訴えさせて頂きます。

考えたくないことですが、考えなければなりません。

そう言いながら、「のど元過ぎれば」であることを告白します。


シャボン玉のブログの、ティムエルダー本部長 「米国経済は崩壊寸前です」から引用します。

今、世界経済が私達が審判期にいるので、大変、危ない状況に世界経済があるのは事実です。

これからどのようになるかわかりません。だから二代王任はサバイバル技術をたくさん教えておられるのです。

戦争になれば、なおさらです。


昨年9月12日の当ブログで、「準備品のリスト」、および、「準備品のリスト(続き)」を記事にしました。


さらに参考に、「民間防衛」36頁から引用して終わります。

われわれは、家族1人当たり少なくとも次の物資を非常食糧として備蓄しておかなければならない。

米=2キログラム

麺類=2キログラム

砂糖=2キログラム

食用脂肪=1キログラム

食用油=1リットル

さらに、このほか、スープ、ミルク、果物、肉、魚などの罐詰も貯蔵しておく必要がある。



(お問い合わせ先:メール sanctuary.saitama@gmail.com
         電話番号 堀勇一070-6670-5334 堀久子070-6637-7424 )


「キリスト教」のブログは、こちら

任命式の映像はこちら