埼玉サンクチュアリ教会(日本サンクチュアリ協会 埼玉教会)

私ども夫婦は、2015年8月30日に米国サンクチュアリ教会本部で行われた「真の御父様の聖和3周年記念礼拝」(真の基元節)および「真の御父様の権威に戻るための祝福式」に参加し、同日の夜、日本において「真の御父様の権威に戻るための祝福式」を行うための、任命の祝祷を受けました。
2015年12月30日にCyberサンクチュアリ人協会の会長を辞め、真の御父様・亨進様・国進様の側近である江利川総会長の下で働くため、日本サンクチュアリ協会に移籍しました。

「高齢者」のエピソード

昨年9月24日の当ブログで、「高齢者のための御言葉」について書きました。


今回は、まず、保守派の台頭-4月1日鉄のつえの王国11(英語説教その4:完結)から引用します。


それは40代、50代、60代、70代という人たちではありません

待ち構えている次世代とつながるのはあなたたちです。彼らは指導者と、導きを待っています。それは40代、50代、60代、70代という人たちではありません。20代の人に指導してもらうことを期待しています。十代後半の人たちを待っています。社会主義の弱点を理解し、相対主義の弱点を理解し、多文化主義の弱点を理解している人です。私たちを地獄の王国に導く偽の思想の弱点を。そして王国へとつながる道をはっきりと知っている人です。


逆説的に始めましたが、次の「オチ」があります。


あらゆる世代で人の心は変わります

しかしまた、あらゆる世代で人の心は変わります。機は熟しており、収穫が準備されています。霊界が非常に強力に働いているということです。この地球全体で霊界が、空気が変わりつつあります。


そして、文鮮明先生말씀選集の、選択を受けた召命的な責任を果たしなさい(8、完)から引用します。


青年時代の新しい出発をすると決意すれば

皆何才なのか? 

50以上になった人手をあげてみなさい。

50以上が半分以上、3分の2だ。


今から新しく生まれると考えなさい。

新しく生まれて50歳でなく

16歳の先生の時と

先生が夢で願った24歳に闊達にして

国と争うことが出来

世界を信じ上がって行くことのできる

青年時代の新しい出発をすると決意すれば、


皆さんの将来の道は

坦々たる大道が待っている為に

間違いなくその接線だけさせれば

万事がすべて亨通するのだ! 

アーメン! 「アーメン!」(拍手)

素晴らしい祝福です。
アージュ!



(お問い合わせ先:メール sanctuary.saitama@gmail.com
         電話番号 堀勇一070-6670-5334 堀久子070-6637-7424 )


「キリスト教」のブログは、こちら

任命式の映像はこちら

郭錠煥の「嘘」 (文鮮明先生말씀選集から)

(翻訳・掲載に感謝申し上げます。)


未来の明日を開拓しよう  (4)から引用します。 

先生がよく騙される。郭錠煥も先生を多く騙しただろう?

この後、お金の話になりますが、私が理解できないので、引用しません。


代わりに、少し離れた部分から引用します。


未来のアボニムの青写真を皆さんが主役になってなさなければなりません

さ! 「アボニム、この人たち、若い人たちがサッカーを非常に好むが、ピースカップの話もしてあげられませんでした。少ししてあげようか?」 そう、してあげなさい。(ピースカップに対する郭錠煥会長の報告)


「・・・・・・オリンピックもワールドカップも良い競技であるが、それを運営するピパ(FIFA; 国際査サッカー連盟)もそうであり、国際オリンピク委員会(IOC) もそうだし腐敗し、商業的に流れ、お金の為にスキャンダルが多く、このようである為アボニムはそれをすっきりと整理されるのだ。そこでそのような未来のアボニムの青写真を皆さんが主役になってなさなければなりません。その希望を持ちアボニムの青い夢を皆さんが心の中に刻まなければなりません。」


話されたオリンピックよりもあるいはワールドカップよりもさらに偉大な大会をつくって行かれるその目的は必ずなされます

「そこですでに公文が出ました。すべての宣教国は中学校であれ、高等学校であれ、大学校であれ、生活サッカーであるとか、いずれにせよサッカーチームを作れと言われたアボニムの指示がすでにありました。話されたオリンピックよりもあるいはワールドカップよりもさらに偉大な大会をつくって行かれるその目的は必ずなされます。」


お金を持っている、「郭グループ」は、「その目的」を追求しないのでしょうか?
それとも、上記の時点で、「嘘」だったのでしょうか?



(お問い合わせ先:メール sanctuary.saitama@gmail.com
         電話番号 堀勇一070-6670-5334 堀久子070-6637-7424 )


「キリスト教」のブログは、こちら

任命式の映像はこちら

「康御母様の宗教性」「御父様の寿命」 (文鮮明先生말씀選集から)

(翻訳・掲載に感謝申し上げます。)


1.康御母様の宗教性


平和の主流の道を探し求める開拓開発  (3)から引用します。


我々の教会で先生よりも目が小さなのが誰かと言えばということだ。カン・ヒョンシル(姜賢実)だ

目が小さいので細密にだ。遠く見る。小さいじゃないか? 我々の教会で先生よりも目が小さなのが誰かと言えばということだ。カン・ヒョンシル(姜賢実)だ。その次にまた誰か? 信仰的にだ。遠く見るのだ。遠く見ると、現実主義者じゃない。現実主義者は足元だけを見るのだ。山を越えるのを見ようとしない。しぼりを調節すれば遠く見るじゃないか? 、宗教的に霊的に明るい。そのような人たちが専門分野に行くようになれば世界的に有名になるというのだ。そのような人は一生涯奉仕しなければならない。サタンからどれ程反対され蔑まれるのかというのだ。生まれながら反対だ。

それは、まさに証明されました。



2.御父様の寿命


平和の主流の道を探し求める開拓開発  (4) から引用します。


92歳まで今捉えているが、その時間よりもっと生きれば罪だ

私が92歳まで今捉えているが、その時間よりもっと生きれば罪だ。先生がこれがマヒして植物人間になれば横になって小便を受け大便を受けながら侍りなさいと言えば、1か月間来てそうだとすればすべて逃げようとするのだ。統一教会の食口たちの中で、ヤン・チャンシキ(梁昌稙)も逃げるのだ。1年間したが、1年以内に死ぬことよりももっと騒ぎたてることを考え、そうなのだ。どうか? 「そうじゃありません。」 そうじゃないとは何がそうじゃないのか?

「92歳」は、ピタリと合いました。
ここでは「介護」あるいは「尊厳死」についてですが、何事でも「現実を直視する」のは、御父様も二代王も同じです。



(お問い合わせ先:メール sanctuary.saitama@gmail.com
         電話番号 堀勇一070-6670-5334 堀久子070-6637-7424 )


「キリスト教」のブログは、こちら

任命式の映像はこちら