埼玉サンクチュアリ教会(日本サンクチュアリ協会 埼玉教会)

私ども夫婦は、2015年8月30日に米国サンクチュアリ教会本部で行われた「真の御父様の聖和3周年記念礼拝」(蘇生期・真の基元節)および「真の御父様の権威に戻るための祝福式」に参加し、同日の夜、日本において「真の御父様の権威に戻るための祝福式」を行うための、任命の祝祷を受けました。
2015年12月30日にCyberサンクチュアリ人協会の会長を辞め、文鮮明真の御父母様・文亨進二代王様・文國進監察総監様の側近である江利川総会長の下で働くため、日本サンクチュアリ協会に移籍しました。

「神様が決して道全体を見せることがなく、足もとを照らす光にしかならない」

1.神様は先を見せない


自分も見えないけれど神様が導いている-12月2日英語説教(その4)から引用します。
(翻訳・掲載に感謝申し上げます。)

しかし心配しないでください。完璧である必要はありません。常に100パーセント素晴らしくある必要はありません。よく分からないけれども神様を信頼している、と言わなければならない時があります。なぜなら信仰を持っているからだ、と。彼女たちを少し怒らせるでしょうが、考えてみればそうかもしれないと言うでしょう。男性が信仰を持っていることが彼女たちに平安をもたらすのです。


夫は道全体が見えなくても・・・。ちょうど神様が決して道全体を見せることがなく、足もとを照らす光にしかならないのと同じように。神様はその道をずっと一緒にいますが、数フィート先しか見えません。奈落の底や暗闇に立つ時、どこに向かうか分からなくても、神様はあなたを導きます。


妻が「どこに向かっているの。どうして前が見えないのか分からない」と言う時、彼女にこう言う必要があります。自分も見えないけれども、神様が導いている、と。彼女はあなたがそのような男らしい自信、何か自分より偉大な物を持っていると知る必要があります。彼女はあなたに従っているだけでなく、あなたよりも偉大なものに従っています。



2.私達はあせらない


上記を読んで最初に思い出したのは、10月29日の当ブログ「王と一緒に行くことが目的なのか、それとも自分の栄光を得るためだけなのか」です。
そこで引用した、ドナルド・トランプを見てみなさい-10月21日 英語説教(その5:最終回)から再掲します。
(翻訳・掲載に感謝申し上げます。)

我々は余りにも遠くまで進み、余りにも不安で、余りにもイライラしています。神様の前に何があるのか見たいと望んでいます。そこにはたどり着けません。賢い人間は神様が歩まれるペースで歩みます。神様が歩まれる時、神様と共に歩みます。

神様と共に歩んで、先に行き過ぎず、また遅れ過ぎないようにしてください。ただ共に歩むのです。それが最良の方法です。



3.見えないけれど希望はある


そして、街を揺るがす神様の霊-11月25日英語説教(その2)も思い出しました。
(翻訳・掲載に感謝申し上げます。)

ところで証があるでしょう。ロザンヌ、素晴らしい霊的な体験をしましたね。ロザンヌから先に証をしてもらいましょう。キャメロン王妃(ロザンヌさん)です。今日の聖句に入る前に手短に証をしてください。


ロザンヌ:(中略)

そしてお祈りを受けている時、こう言われたのです。「恐れる気持ち打ちひしがれる気持ちを吐き出しなさい。」まさに、ぴったりの言葉でした。


それがあった週から、毎週、自分はできると思えるようになりました。打ちひしがれる思いが起こるたびに、「神様は私に対して御計画がある。神様は私たちについての計画を持っておられる。われわれすべてに対する御計画を神様は持っておられる」こう思うことができて救われるのです。


1の御言葉は、「祝福結婚」「夫婦愛」に関するものでした。
しかし、人生の全ての問題に当てはまると思います。



(お問い合わせ先:メール sanctuary.saitama@gmail.com
         電話番号 堀勇一070-6670-5334 堀久子070-6637-7424 )


「キリスト教」のブログは、こちら

任命式の映像はこちら

「祝福」を考える聖句 コリント人への第一の手紙から

1.原罪清算


コリント人への第一の手紙/ 06章 19~20節

あなたがたは知らないのか。自分のからだは、神から受けて自分の内に宿っている聖霊の宮であって、あなたがたは、もはや自分自身のものではないのである。


あなたがたは、代価を払って買いとられたのだ。それだから、自分のからだをもって、神の栄光をあらわしなさい。 


コリント人への第一の手紙/ 07章 14節

なぜなら、不信者の夫は妻によってきよめられており、また、不信者の妻も夫によってきよめられているからである。もしそうでなければ、あなたがたの子は汚れていることになるが、実際はきよいではないか。


上記2つの両方を合わせて、原理講論36~37頁と比較します。

イエスの十字架の代贖によって、明らかに救いを受けたと信じている人々であっても、有史以来、一人として、救い主の贖罪を必要とせずに天国へ行けるような罪のない子女を生むことができなかったという事実は、彼らが重生した以後においても、それ以前と同じく、原罪が、その子孫にそのまま遺伝されているという、有力な証拠とならざるを得ないのではなかろうか。このような実証的な事実を見るとき、十字架の代贖の限界は果たしてどのくらいまでなのかということが、大きな問題とならざるを得ない。事実、イエス以後二〇〇〇年にわたるキリスト教の歴史の期間を通じて、イエスの十字架の血によって完全に赦罪することができたと自負してきた信徒たちの数は、数え尽くせないほど多かった。しかし実際には、罪のない個人も、罪のない家庭も、罪のない社会も、一度たりとも存在したことはなかったのである。

「原罪清算ができていない」
はたしてクリスチャンが、どう考えているのか、まだ知りません。
これに関しては、やはり次の聖句が必要です。


ローマ人への手紙/ 08章 23節

それだけではなく、御霊の最初の実を持っているわたしたち自身も、心の内でうめきながら、子たる身分を授けられること、すなわち、からだのあがなわれることを待ち望んでいる。



2.第二祝福


コリント人への第一の手紙/ 07章 01節~02

さて、あなたがたが書いてよこした事について答えると、男子は婦人にふれないがよい。


しかし、不品行に陥ることのないために、男子はそれぞれ自分の妻を持ち、婦人もそれぞれ自分の夫を持つがよい。


コリント人への第一の手紙/ 07章 08~09節

次に、未婚者たちとやもめたちとに言うが、わたしのように、ひとりでおれば、それがいちばんよい。


しかし、もし自制することができないなら、結婚するがよい。情の燃えるよりは、結婚する方が、よいからである。


原理講論64頁から引用します。

神はアダムとエバを創造なさったのち、生育せよ、繁殖せよ、万物世界を主管せよ(創一・28)と言われたのである。この三大祝福のみ言に従って、人間が神の国、すなわち天国をつくって喜ぶとき、神もそれを御覧になって、一層喜ばれるということはいうまでもない。

これもクリスチャンが、どう考えているか、まだ知りません。



3.絶対性


コリント人への第一の手紙/ 07章 04節

妻は自分のからだを自由にすることはできない。それができるのは夫である。夫も同様に自分のからだを自由にすることはできない。それができるのは妻である。 


平和メッセージ3から引用します。

皆様、人間は、男性も女性も独りでは半分の人間にすぎません。神様の創造がそのようになっています。それで神様は、愛の器官である生殖器の主人を、お互いに取り替えておいたのです。妻の生殖器の主人は夫であり、夫の生殖器の主人は妻だというのです。したがって、お互いに「ために生きる」真の愛を中心として一つになってこそ、相対の主人の位置に立つことができるのです。言い換えれば、人間は、誰彼を問わず、結婚を通して主人の位置を確保するときに、半分の人間ではない、完全な人間になるのです。

近い線です。
しかし、「生殖器の本当の主人は神様だ」というのは、クリスチャンに対して、言いづらいことです。



4.終末


コリント人への第一の手紙/ 07章 25~31節

おとめのことについては、わたしは主の命令を受けてはいないが、主のあわれみにより信任を受けている者として、意見を述べよう。

わたしはこう考える。現在迫っている危機のゆえに、人は現状にとどまっているがよい。


もし妻に結ばれているなら、解こうとするな。妻に結ばれていないなら、妻を迎えようとするな。


しかし、たとい結婚しても、罪を犯すのではない。また、おとめが結婚しても、罪を犯すのではない。ただ、それらの人々はその身に苦難を受けるであろう。わたしは、あなたがたを、それからのがれさせたいのだ。


兄弟たちよ。わたしの言うことを聞いてほしい。時は縮まっている。今からは妻のある者はないもののように


泣く者は泣かないもののように、喜ぶ者は喜ばないもののように、買う者は持たないもののように、


世と交渉のある者は、それに深入りしないようにすべきである。なぜなら、この世の有様は過ぎ去るからである。 


原理講論147頁から引用します。

このときは、今までキリスト教信徒たちが信じてきたように、天変地異が起こる恐怖の時代ではなく、創世以後、悠久なる歴史路程を通して、人類が唯一の希望としてこいねがってきた喜びの日が実現されるときなのである。

残念ながら、パウロの時には「終末」が来ませんでした。
「終末」の内容も予想と違いましたが、そのアドバイスは、ある意味で正しいものでした。
独身者は、できれば「善男善女の祝福」を受けられるように、そうでなくても「マッチング祝福」を受けられるように、「既成家庭としての苦難」を避けられるように、そして既婚者は、「聖別して既成祝福」に備えられるように、というアドバイスになり得ました。



(お問い合わせ先:メール sanctuary.saitama@gmail.com
         電話番号 堀勇一070-6670-5334 堀久子070-6637-7424 )


「キリスト教」のブログは、こちら

任命式の映像はこちら

クリスチャンと議論したい聖句 まとめ

インタビュー12月6日から引用します。
(翻訳・掲載に感謝申し上げます。)

2代王様:我々の人権は、誰でもない神様から来ます

結局はアメリカを創建した創建の父たちもカトリック中央権力的な教団の暴政ではない

神様と聖書を通じて一対一の関係を強調する信仰から出たものではありませんか!

組織に支配されず、自分で考える、プロテスタント精神を思い出してもらうことが、大前提です。


キングスリポート10月25日から引用します。
(翻訳・掲載に感謝申し上げます。)

また2代王様はキリスト教徒が自分の聖書を読まないとはいう言葉をたびたび仰っておられますが、それもまた事実です。

「エホバの証人」も、自分の「教材」に無い、ダニエル書/ 07章 13~14節を知りませんでした。

わたしはまた夜の幻のうちに見ていると、見よ、人の子のような者が、天の雲に乗ってきて、日の老いたる者のもとに来ると、その前に導かれた。


彼に主権と光栄と国とを賜い、諸民、諸族、諸国語の者を彼に仕えさせた。その主権は永遠の主権であって、なくなることがなく、その国は滅びることがない。


ヨハネによる福音書/ 06章 41節~42節で、補強すべきかと思います。

ユダヤ人らは、イエスが「わたしは天から下ってきたパンである」と言われたので、イエスについてつぶやき始めた。


そして言った、「これはヨセフの子イエスではないか。わたしたちはその父母を知っているではないか。わたしは天から下ってきたと、どうして今いうのか」。


マタイによる福音書/ 11章 11節から14節も必要です。

あなたがたによく言っておく。女の産んだ者の中で、バプテスマのヨハネより大きい人物は起らなかった。しかし、天国で最も小さい者も、彼よりは大きい。


バプテスマのヨハネの時から今に至るまで、天国は激しく襲われている。そして激しく襲う者たちがそれを奪い取っている。


すべての預言者と律法とが預言したのは、ヨハネの時までである。


そして、もしあなたがたが受けいれることを望めば、この人こそは、きたるべきエリヤなのである。

ダニエル書は、初臨の話だという確認です。
また、「洗礼ヨハネの失敗」の話もありますが、まずは「エリヤの再臨方法」です。


獣が海から上って来る―10月15日礼拝説教「七年患難の後半」(その1)から引用します。
(翻訳・掲載に感謝申し上げます。)

本物の怪物が海からやってくると考えているクリスチャンは一人もいません。そのように考えている人は一人もいません。トップレベルの解釈者から学術界、普通の人に至るまで、本物の獣がやって来ると考えている人はいないのです。

それなのに、「空中再臨」にこだわるのが不思議です。


ルカによる福音書/ 17章 20節から25節

神の国はいつ来るのかと、パリサイ人が尋ねたので、イエスは答えて言われた、「神の国は、見られるかたちで来るものではない。


また『見よ、ここにある』『あそこにある』などとも言えない。神の国は、実にあなたがたのただ中にあるのだ」。


それから弟子たちに言われた、「あなたがたは、人の子の日を一日でも見たいと願っても見ることができない時が来るであろう。


人々はあなたがたに、『見よ、あそこに』『見よ、ここに』と言うだろう。しかし、そちらへ行くな、彼らのあとを追うな。


いなずまが天の端からひかり出て天の端へとひらめき渡るように、人の子もその日には同じようであるだろう。


しかし、彼はまず多くの苦しみを受け、またこの時代の人々に捨てられねばならない。

「偽メシヤ」には注意しなければなりません。
しかし、「いなずま」は、誰にでも分かる「原理講論」の啓示かも知れませんし、世界的な「メシヤ宣言」かも知れません。
「苦しみ」「捨てられ」とは、どういう意味か、尋ねてみたいと思います。


キングスリポート10月23日から引用します。
(翻訳・掲載に感謝申し上げます。)

ヨハネの黙示録で、新しい名と新しいエルサレムを我々に下さると約束されます。


3:12勝利を得る者を、わたしの神の聖所における柱にしよう。彼は決して二度と外へ出ることはない。そして彼の上に、わたしの神の御名と、わたしの神の都、すなわち、天とわたしの神のみもとから下ってくる新しいエルサレムの名と、わたしの新しい名とを、書きつけよう。

その名前を証ししたら、次に進みます。


冒頭の、キングスリポート10月25日に戻ります。

聖書では、再臨主が来られた時、鉄の杖を持って主と共同相続者として治めながら、陶器を壊し、神様の王国を統治しなければならないというのです。

多くのキリスト教徒たちは最後の悪との戦いを神様がやってくれると思うのですが、それは聖書的でもないということです。


聖書では主だけが鉄の杖を持っておられるのではなく、我々に鉄の杖の力を許してくださったのです。

その聖句は、次です。


ヨハネの黙示録/ 02章 26~27節

勝利を得る者、わたしのわざを最後まで持ち続ける者には、諸国民を支配する権威を授ける。


彼は鉄のつえをもって、ちょうど土の器を砕くように、彼らを治めるであろう。それは、わたし自身が父から権威を受けて治めるのと同様である。

そして最後は、二代王様と天一国憲法の証しです。



(お問い合わせ先:メール sanctuary.saitama@gmail.com
         電話番号 堀勇一070-6670-5334 堀久子070-6637-7424 )


「キリスト教」のブログは、こちら

任命式の映像はこちら