埼玉サンクチュアリ教会(日本サンクチュアリ協会 埼玉教会)

私ども夫婦は、2015年8月30日に米国サンクチュアリ教会本部で行われた「真の御父様の聖和3周年記念礼拝」(蘇生期・真の基元節)および「真の御父様の権威に戻るための祝福式」に参加し、同日の夜、日本において「真の御父様の権威に戻るための祝福式」を行うための、任命の祝祷を受けました。
2015年12月30日にCyberサンクチュアリ人協会の会長を辞め、文鮮明真の御父母様・文亨進二代王様・文國進監察総監様の側近である江利川総会長の下で働くため、日本サンクチュアリ協会に移籍しました。

「盲人」の聖句 新約聖書なう

昨日の当ブログからの連想です。


1.アメイジング・グレイス


「盲人」と言えば、まず思い出す歌詞です。

Amazing grace how sweet the sound

That saved a wretch like me.

I once was lost but now am found,

Was blind but now I see.

wretchは、「罪人」というような意味だと思います。



2.家庭連合


次に、聖書で言えば、ヨハネによる福音書9章が、「盲人」について詳しいものです。
先に、9章の末尾です。


ヨハネによる福音書/ 09章 39節~41節

そこでイエスは言われた、「わたしがこの世にきたのは、さばくためである。すなわち、見えない人たちが見えるようになり、見える人たちが見えないようになるためである」。


そこにイエスと一緒にいたあるパリサイ人たちが、それを聞いてイエスに言った、「それでは、わたしたちも盲人なのでしょうか」。 


イエスは彼らに言われた、「もしあなたがたが盲人であったなら、罪はなかったであろう。しかし、今あなたがたが『見える』と言い張るところに、あなたがたの罪がある。 

代表として、小山田氏を思い浮かべると、しっくりする聖句です。
「先生」と思われた人が、「罪人」になりました。



3.神のみわざ


次に、9章の冒頭です。


ヨハネによる福音書/ 09章 01節~03節

イエスが道をとおっておられるとき、生れつきの盲人を見られた。


弟子たちはイエスに尋ねて言った、「先生、この人が生れつき盲人なのは、だれが罪を犯したためですか。本人ですか、それともその両親ですか」。


イエスは答えられた、「本人が罪を犯したのでもなく、また、その両親が犯したのでもない。ただ神のみわざが、彼の上に現れるためである。

そして、目が見えるようになった人が、イエス様を証しするのが、9章です。
「罪人」と思われた人が、「証し人」になりました。
それが「神のみわざ」です。



他の福音書も連想します。


ルカによる福音書/ 13章 01節~05節

ちょうどその時、ある人々がきて、ピラトがガリラヤ人たちの血を流し、それを彼らの犠牲の血に混ぜたことを、イエスに知らせた。


そこでイエスは答えて言われた、「それらのガリラヤ人が、そのような災難にあったからといって、他のすべてのガリラヤ人以上に罪が深かったと思うのか。


あなたがたに言うが、そうではない。あなたがたも悔い改めなければ、みな同じように滅びるであろう。


また、シロアムの塔が倒れたためにおし殺されたあの十八人は、エルサレムの他の全住民以上に罪の負債があったと思うか。


あなたがたに言うが、そうではない。あなたがたも悔い改めなければ、みな同じように滅びるであろう」。 

「罪人」という点では、皆が同じです。



ルカによる福音書/ 04章 25節~27節

よく聞いておきなさい。エリヤの時代に、三年六か月にわたって天が閉じ、イスラエル全土に大ききんがあった際、そこには多くのやもめがいたのに、


エリヤはそのうちのだれにもつかわされないで、ただシドンのサレプタにいるひとりのやもめにだけつかわされた。


また預言者エリシャの時代に、イスラエルには多くの重い皮膚病にかかった多くの人がいたのに、そのうちのひとりもきよめられないで、ただシリヤのナアマンだけがきよめられた」。

この二人も、「罪人」でしたが、「証し人」になりました。
それが「神のみわざ」です。



ヨハネによる福音書/ 06章 29節

イエスは彼らに答えて言われた、「神がつかわされた者を信じることが、神のわざである」。

代表として、小山田氏に、教えてあげたい聖句です。



(お問い合わせ先:メール sanctuary.saitama@gmail.com
         電話番号 堀勇一070-6670-5334 堀久子070-6637-7424 )


「キリスト教」のブログは、こちら

任命式の映像はこちら

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。