埼玉サンクチュアリ教会(日本サンクチュアリ協会 埼玉教会)

私ども夫婦は、2015年8月30日に米国サンクチュアリ教会本部で行われた「真の御父様の聖和3周年記念礼拝」(蘇生期・真の基元節)および「真の御父様の権威に戻るための祝福式」に参加し、同日の夜、日本において「真の御父様の権威に戻るための祝福式」を行うための、任命の祝祷を受けました。
2015年12月30日にCyberサンクチュアリ人協会の会長を辞め、文鮮明真の御父母様・文亨進二代王様・文國進監察総監様の側近である江利川総会長の下で働くため、日本サンクチュアリ協会に移籍しました。

「あなたがたの目は見ているから、さいわいである」 マタイによる福音書なう

1.願望実現


マタイによる福音書/ 20章 32節~34節

イエスは立ちどまり、彼らを呼んで言われた、「わたしに何をしてほしいのか」。


彼らは言った、「主よ、目をあけていただくことです」。


イエスは深くあわれんで、彼らの目にさわられた。すると彼らは、たちまち見えるようになり、イエスに従って行った。 


肉体的に「目が見える」ことは、感謝すべきことです。
「眼鏡が買える」ことも、そうです。
もしも、今後も、それを維持できれば、ありがたいことです。



2.伝道


マタイによる福音書/ 13章 15節~17節

この民の心は鈍くなり、その耳は聞えにくく、その目は閉じている。それは、彼らが目で見ず、耳で聞かず、心で悟らず、悔い改めていやされることがないためである』。


しかし、あなたがたの目は見ており、耳は聞いているから、さいわいである。 


あなたがたによく言っておく。多くの預言者や義人は、あなたがたの見ていることを見ようと熱心に願ったが、見ることができず、またあなたがたの聞いていることを聞こうとしたが、聞けなかったのである。


マタイによる福音書/ 19章 17節~19節

イエスは言われた、「なぜよい事についてわたしに尋ねるのか。よいかたはただひとりだけである。もし命に入りたいと思うなら、いましめを守りなさい」。


彼は言った、「どのいましめですか」。イエスは言われた、「『殺すな、姦淫するな、盗むな、偽証を立てるな。


父と母とを敬え』。また『自分を愛するように、あなたの隣り人を愛せよ』」。


さらに、霊的に「目が見える」ことは、感謝すべきことです。
まず「父と母」も、そして「隣り人」も、社会にいる「多くの預言者や義人」も、「目が見える」ようにしてあげられるように、努力しなければならないと思います。



(お問い合わせ先:メール sanctuary.saitama@gmail.com
         電話番号 堀勇一070-6670-5334 堀久子070-6637-7424 )


「キリスト教」のブログは、こちら

任命式の映像はこちら

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。