埼玉サンクチュアリ教会(日本サンクチュアリ協会 埼玉教会)

私ども夫婦は、2015年8月30日に米国サンクチュアリ教会本部で行われた「真の御父様の聖和3周年記念礼拝」(蘇生期・真の基元節)および「真の御父様の権威に戻るための祝福式」に参加し、同日の夜、日本において「真の御父様の権威に戻るための祝福式」を行うための、任命の祝祷を受けました。
2015年12月30日にCyberサンクチュアリ人協会の会長を辞め、文鮮明真の御父母様・文亨進二代王様・文國進監察総監様の側近である江利川総会長の下で働くため、日本サンクチュアリ協会に移籍しました。

「自分が信じなければどうして世界が信じるのか?」

必読!<二代王と王妃と、国進兄さんの生命が危ないのだ>■2018年5月23日水曜 韓国語礼拝(全文)から引用します。
(翻訳・掲載に感謝申し上げます。)

何、我々が大きな国があって平和軍警察がどんなに多くの、多くの人達の訓練をするような時、人はすべてを認めるではないか。「おお、王様、王朝だ。王、王権がある」 だからそのような、それはまだ、人の目の前に現れてないではないか。え? そう?そうじゃない? だからわざと二代王様が、二代王、二代王、二代王といつも言うのだ。 これが簡単だと思っているのか? え? 自分が信じなければどうして世界が信じるのか?

名言です。
自分に必要な御言葉を貯める「堀」に入れなければなりません。
「記事」にするため、関連する御言葉を連想します。


キングスリポート5月21日(月)から引用します。
(翻訳・掲載に感謝申し上げます。)

今日のリマでは、アブラハムが信仰の父と呼ばれるという言葉ができました。

神様は、善であるという信仰、神様は善良に生きようとする人たちには福をくださるという信仰が、基本になっています。


国進兄さんはいつも事業について話す時、事業は信頼(信仰?)を前提にしていると言いました。

市場経済では自分の考案した製品を信じて、神様が自分に市場が求める製品を出すことができる力を付与して下さるという信念で、前に進むべきだと言いました。

一つの製品が成功できなかったら、次の製品へと信念を持ってやらなければならないと言いました。

事業では、信頼がどれだけ重要なのかを、いつも話します。

サンクチュアリでは、「王国」、それを支える「事業」が重要視されます。
そのために重要なアドバイスです。


必読!<二代王と王妃と、国進兄さんの生命が危ないのだ>■2018年5月23日水曜 韓国語礼拝(全文)に戻ります。

そうしながら、人々が、市民が奴隷として生きるストレスもあるから、自分も知らずにストレスが生まれるから、自分が本当に自由なく、事実とおりに言えば、自分が本当に抑圧されて生きているのだから、ストレスが生まれるから、エンターテイメントが次第に暴力的になります。ストレスを解くために。

そして、この絶望がずっと積まれてるので、これを解かなければならないのですが、どこで解くのか?男性たちは、暴力的なビデオゲーム、またはポルノ、娼婦たちでエネルギーを解放しています。

多くの閲覧を頂いた「マスターベーション」の話題に通じるものです。
「予防」のため、正しい「ストレス解消」が必要です。

GadsdenFlag don'ttreadonmeは何かと言うと、私を踏むなという意味だ。ここで私を踏むな。こんな意味だ。私を踏むな。これは米国の歴史200年200年250年位の旗だ。これ私を踏むな。これ、これ。

ところでこの記事がどう説明するかと言うと、2代王が食口達に、皆さんは奴隷の考えからぬけて、王家の精神がなければならない。このようなことを全部書き込んでいた。そして、このような旗のように、よりもっと多くの力を与えてくれる…

自分が「王家」であり、これから「人の目の前に現れる」という信仰が必要です。
「自分が信じなければどうして世界が信じるのか?」



(お問い合わせ先:メール sanctuary.saitama@gmail.com
         電話番号 堀勇一070-6670-5334 堀久子070-6637-7424 )


「キリスト教」のブログは、こちら

任命式の映像はこちら

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。