埼玉サンクチュアリ教会(日本サンクチュアリ協会 埼玉教会)

私ども夫婦は、2015年8月30日に米国サンクチュアリ教会本部で行われた「真の御父様の聖和3周年記念礼拝」(蘇生期・真の基元節)および「真の御父様の権威に戻るための祝福式」に参加し、同日の夜、日本において「真の御父様の権威に戻るための祝福式」を行うための、任命の祝祷を受けました。
2015年12月30日にCyberサンクチュアリ人協会の会長を辞め、文鮮明真の御父母様・文亨進二代王様・文國進監察総監様の側近である江利川総会長の下で働くため、日本サンクチュアリ協会に移籍しました。

「父母マッチング」の御言葉

最初に、日本サンクチュアリ協会の「二世祝福について」から引用します。


赤字が疑問青字が回答黒太字が理由です。

現在、二世の祝福を心配して教会(家庭連合)をやめられない、または、躊躇する父兄が多くいらっしゃると聞いております。日本サンクチュアリ教会でもその問題を重要視して、第二代王 亨進様にお伺いを立てて参りました。亨進様は、「二世祝福は真のお父様が父母マッチングを許されたので、父母マッチングを原則とする。自分は、マッチングは行わない。」 と明言されておられます。

なぜお父様は父母マッチングを許されたか? ここに摂理的な根拠を理解する事の出来るみ言があります。


「天聖経 第3章祝福家庭の摂理的意義 」 (1353頁 1998/2/18)

「今回の3億6000万双の祝福が終われば、レバレンド・ムーンは祝福してあげません。その次からは、自分の父と母に祝福してもらいなさい。これを「第四次アダム圏解放時代」と言います。蕩減がありません。一次、二次において、旧約時代はアダムが失敗、新約時代もアダムが失敗、成約時代も迫害を受けながらきましたが、今からは解放圏に入っていき、堕落していない本然の世界となり、第四次アダム圏時代に(アダム圏です。この全体を、宇宙のことをいいます。)入っていくので、堕落していない父母が息子、娘を祝福してあげるその家庭理想、神様が創造された内的、外的な全体理想を相続してあげる家庭ができるのです。ですから、父母が祝福してあげるのです。その父母が、真の父母の代わりの立場に立つのです。それゆえに、世界は一つにならざるを得ません。」


そして、そのみ言と摂理に従って、2001年1月1日 真のお父様は、「父母に祝福の権限と責任」を与えられました。

(参考)

1999/02/07   3億6000万双国際合同祝福結婚式

1999/10/24   「第四次アダム圏時代到来」宣布 


次に、文鮮明先生말씀選集の、 2005年8月1日(月)漢南国際研修院における、敬拝式及び朝の訓読会の御言葉、カイン、アベルの復帰と責任分担の完成  (2) から引用します。


御父様は、何度か「延長」されたということです。


青字が回答黒太字が理由緑字が指導です。

皆さん、祝福を受けなかった人たちは今や祝福をどのように受けるのか? 先生が祝福してあげることが今や終るということだ。皆さんのお母さんお父さんが祝福してあげる? 以後の転換の時期は、自分の父母たちが祝福してあげるようになっている、天地人父母が祝福してあげるようになっていない。どこに行った? クアク、ジョンファン(郭錠煥)! 「はい。」  そうか、そうでないのか? 「そうです。」


17歳、18歳以後にするそれも天地が宣布し、そしていつの日に結婚するということをまず知って、天地にいるこの若い青年たちが知って精誠を込めることのできるその日日を積んで置いていつの日か祝福の場に行かなければならないが、皆さんは今日祝福がどれ程尊いことを知らず、‘それは何儀礼的に統一教会でする祝福である。’ そのように考えれば大きな誤解だ。


これから先生が祝福する時代は過ぎ去るのだ。民の息子娘たちを天地の王が来て祝福してあげるのか? 自分の生命が出発する所に王が愛と生命、その血統なのか? 自分の父母が継ぐのだ。父母たちがしてあげなければならないのだ。


そう、父母の前にヒョドウ(孝道;親孝行)しなければだめだ。父母の言葉を神様のように、真の父母様の言葉のように絶対信仰・絶対愛・絶対服従しなければならない。それをしてみなさい。*絶対信仰・絶対愛・絶対服従、これは完成の基礎だ。それが一番重要なのだ。いずれも変更させることが出来ない重要なものだ。



(お問い合わせ先:メール sanctuary.saitama@gmail.com
         電話番号 堀勇一070-6670-5334 堀久子070-6637-7424 )


「キリスト教」のブログは、こちら

任命式の映像はこちら

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。