埼玉サンクチュアリ教会(日本サンクチュアリ協会 埼玉教会)

私ども夫婦は、2015年8月30日に米国サンクチュアリ教会本部で行われた「真の御父様の聖和3周年記念礼拝」(蘇生期・真の基元節)および「真の御父様の権威に戻るための祝福式」に参加し、同日の夜、日本において「真の御父様の権威に戻るための祝福式」を行うための、任命の祝祷を受けました。
2015年12月30日にCyberサンクチュアリ人協会の会長を辞め、文鮮明真の御父母様・文亨進二代王様・文國進監察総監様の側近である江利川総会長の下で働くため、日本サンクチュアリ協会に移籍しました。

「ついにお前は私の奴隷になった」

タイトルは、<武装した市民は、警察よりも多くの悪者を処断している-3月4日「鉄の杖の王国 7」その3:完結【英語説教】>の次の部分から取りました。
(翻訳・掲載に感謝申し上げます。)

この人たちは銃を持っている人は嫌いだと思っているような人たちです。あなたの武器を取り上げたいと思っています。そうしてダイアン・ファインスタインのように甲高い声を上げるのです。悪い魔女が「ついにお前は私の奴隷になった」ともみ手をしながら言うように。

銃を取り上げられたら、奴隷になります。
ですから、日本人は、もともと奴隷です。


タイトルと正反対の言葉は、<【入籍祝福2】世界左派が最も恐れる神学、鉄杖神学が現れたのです。 2018年2月27日水曜礼拝より> の次の言葉だと思います。
(翻訳・掲載に感謝申し上げます。)
それは、私達が言い返す言葉です。


「退け! 私はお前の審判者だ」

マフィア詐欺野郎が可愛いおばあさん勧士様を性暴行しようとしても、なぜ笑う?!でなければ金を盗んでいこうとしても、おばあさんが鉄杖を取り出して、「退け! 私はお前の審判者だ」キッ!(拍手)



真のお父様の銃器所有のみ言と銃乱射事件の罠◆ キングスリポート2月26日(月) から引用します。
(翻訳・掲載に感謝申し上げます。)


神様の王国が何かを正確によく知らなければならない

この終わりの日に、主に従う者たちが目覚めなければなりません。

自分の王冠を誰にも奪われないで、鉄の杖を持って前に進まなければなりません。

今トランプ大統領がいくら頑張っていると言っても、それは、左派政権が入ってくるのを少し遅らせるだけであって、完全に防ぐことはできないというのです。

だから、私たちが天一国の市民として、神様の王国が何かを正確によく知らなければならないというのです。

それだけが、この世の中の共産主義をなくすことができる希望だというのです。

一つの表現をすれば、「ついにお前は私の奴隷になった」と言われない国です。



鉄の杖を市民たちが持つべき理由を正確かつ確実に知ることにしなければならない

神様の王国が脅かされているこの時こそ、神様を愛する人たちが立ち上がって一つになって、鉄の杖の価値と、鉄の杖を市民たちが持つべき理由を正確かつ確実に知ることにしなければならないというのです。

一つの表現をすれば、「退け! 私はお前の審判者だ」と言えるためです。



(お問い合わせ先:メール sanctuary.saitama@gmail.com
         電話番号 堀勇一070-6670-5334 堀久子070-6637-7424 )


「キリスト教」のブログは、こちら

任命式の映像はこちら

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。