埼玉サンクチュアリ教会(日本サンクチュアリ協会 埼玉教会)

私ども夫婦は、2015年8月30日に米国サンクチュアリ教会本部で行われた「真の御父様の聖和3周年記念礼拝」(真の基元節)および「真の御父様の権威に戻るための祝福式」に参加し、同日の夜、日本において「真の御父様の権威に戻るための祝福式」を行うための、任命の祝祷を受けました。
2015年12月30日にCyberサンクチュアリ人協会の会長を辞め、真の御父様・亨進様・国進様の側近である江利川総会長の下で働くため、日本サンクチュアリ協会に移籍しました。

なぜ私は松濤本部前に行かなくなったか

昨日の当ブログと関連して、書いておきます。
(澤田教会長のブログを、隅から隅まで読んでいないので、書かれているかどうか知りません。)


家庭連合が、今では破綻したような「訴訟作戦」を始めた当初、裁判所は「和解」を勧めました。
当時、私は「政治的」な事情もあり、そうでなくても時間がもったいないと考え、「和解」に応じました。

私は「松濤本部」から一定距離では「抗議活動」をできなくなりました。

しかし、例えば「渋谷駅前」では行うことができます。

その気になれば、その方が、「松濤本部前」より、やりがいがあると思います。


一方では、「和解」した関係ですから、次のことが可能かも知れません。
(まともな「宗教法人」であれば可能なはずです。)

週報をもらいに入ること

教義に関する質疑応答


そもそも初期の頃、澤田教会長に相談したことがあります。

「警察も、路上でもめないように願っているので、中に入れてもらって、話し合ったらどうですか?」

「それでは、内密の話にされてしまい、一般信徒に周知できなくなる恐れがある」

ということで、活動が続きました。


「独立のススメ」にあるように、澤田教会長の願いの一つは、「内部の蜂起」です。
澤田拓也さんとか、当初は「人望がある」と言われていた人と、「内密」に(オフレコで)話してみるのは、興味深いことです。
(今では、その「人望」もはがれ、あまり期待できなくなりましたが。)


いずれにしても、その場合、注意が必要です。

相手の家では、飲食しない。

自宅でも、お店でも、飲食する時は、相手から目を離さない。


(お問い合わせ先:メール sanctuary.saitama@gmail.com
         電話番号 堀勇一070-6670-5334 堀久子070-6637-7424 )


「キリスト教」のブログは、こちら

任命式の映像はこちら

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。