埼玉サンクチュアリ教会(日本サンクチュアリ協会 埼玉教会)

私ども夫婦は、2015年8月30日に米国サンクチュアリ教会本部で行われた「真の御父様の聖和3周年記念礼拝」(真の基元節)および「真の御父様の権威に戻るための祝福式」に参加し、同日の夜、日本において「真の御父様の権威に戻るための祝福式」を行うための、任命の祝祷を受けました。
2015年12月30日にCyberサンクチュアリ人協会の会長を辞め、文鮮明真の御父母様・文亨進二代王様・文國進監察総監様の側近である江利川総会長の下で働くため、日本サンクチュアリ協会に移籍しました。

家庭連合を伝道する時の「恐怖」

話題の「暴力男」のことではありません。
それ以上に「危険」なものです。


「質疑応答(エルダー本部長 2017年)のまとめ」から引用します。
(掲載に感謝申し上げます。)

【騙されて悪なる聖酒を飲まされた場合、どのようにしたら、復帰できるのか?】


①男性と女性によって、その内容が変わってくる。男性はキリストの体、種を持つ立場であり、女性はキリストの花嫁の立場である。女性が騙されて悪なる聖酒を飲んだ場合は、3日行事の3日目だけを行えばよいが、男性の場合は、血統転換のプロセスを再度経なければならない。


私も、ある時、日本サンクチュアリ協会の会議で、それを知りました。
それ以前には、「戻る聖酒」を飲めば「解毒される」と理解していました。
ですから、家庭連合の家を訪問して飲食した後は、「戻る聖酒」を飲んでいました。
ところが、上記を知って、驚きました。
「万一の場合に備えて、三日行事をやり直す必要があるのではないか?」


しかし、そのような半信半疑で、わざわざ「祝福キット」や「祝祷」を頂くのは遠慮したままでいます。
「万一の場合」は「地獄の道連れ」にされたことになります。
最悪の「恐怖」です。


そのような「恐怖」を乗り越えて伝道するのは、まさに「命がけ」の「真の愛」です。
しかし、注意が必要です。

相手の家では、飲食しない。

自宅でも、お店でも、飲食する時は、相手から目を離さない。

かつての「兄弟姉妹」を、それほど警戒しなければならないのは、悲しいことです。


冒頭の「裁定」が厳しすぎる気もします。
変わることがあれば幸いです。


(「この記事が遅いのではないか」という批判を甘受します。
「知らなかったのに責任を負うのか」という気持ちは同感です。)



(お問い合わせ先:メール sanctuary.saitama@gmail.com
         電話番号 堀勇一070-6670-5334 堀久子070-6637-7424 )


「キリスト教」のブログは、こちら

任命式の映像はこちら

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。