埼玉サンクチュアリ教会(日本サンクチュアリ協会 埼玉教会)

私ども夫婦は、2015年8月30日に米国サンクチュアリ教会本部で行われた「真の御父様の聖和3周年記念礼拝」(蘇生期・真の基元節)および「真の御父様の権威に戻るための祝福式」に参加し、同日の夜、日本において「真の御父様の権威に戻るための祝福式」を行うための、任命の祝祷を受けました。
2015年12月30日にCyberサンクチュアリ人協会の会長を辞め、文鮮明真の御父母様・文亨進二代王様・文國進監察総監様の側近である江利川総会長の下で働くため、日本サンクチュアリ協会に移籍しました。

御父様の協助・女性への期待・狩猟訓練 ブログ「文鮮明先生말씀選集」から

王権の樹立と宣言文の解説  (12)から引用します。
(翻訳・掲載に感謝申し上げます。)


1.御父様の協助


覚醒させ勝利の場をつくる

『しかし本人は決してここに満足できません。天命を受けて出発した本人の生涯です。天が印を与え人類の真の父母として顕現した本人の天との約束したことは必ずなさなければならないのです。』


死のうとしても死ぬことが出来ない。死んでも霊界に入って行かず地上で眠る皆さんを実体の体として目覚めてもぶつかるようにして覚醒させ勝利の場をつくることを考えているのだ。

改めて、「清平にだけいらっしゃる」というのは、間違いです。



2.女性への期待


大きな潜水艦を運転してみたか?
母親が息子娘を家でおもちゃをつくって訓練させるのだ

『全世界を1日の生活圏として束ね人種、文化、宗教、国家の壁を崩し、神様がそれでも願ってこられた平和世界をこの地球上に創建しようというのです。』 創建したくない人手を挙げてみなさい。したい人手を挙げてみなさい。(すべて手を挙げる) 女たちがもっと早く手を挙げる。(笑い) 言って見なさい。何をしたのか? 橋を置いて見たか? 大きな潜水艦を運転してみたか? それを全て教えてあげるのだ。しなければ尻を押してでもするのだ。


そこで母親が息子娘を家でおもちゃをつくって訓練させるのだ。母親が写真だけ見せてあげれば‘アハ、我々もしなければならない。’ というのだ。写真だけ与えるようになれば息子娘はそのことをしてお母さん、お父さんに負けてはならないのだ。そのような訓示を生きて残さなければならない決意だけあればその息子娘も国と世界が必要な要員でないということはありえないのだアーメンだ。「アーメン!」 アーメン、言って見なさい。「アーメン!」

母親も息子娘も、「平和軍」ということです。



3.狩猟訓練

慶尚南北道の高い山に登って、―韓国には鹿がいない。-ジャコウジカ、大きなのろが1双、山の頂にいること、足跡を見ればどれほど大きいかわかる。こいつを掴もうと登って行って山東省で、ベルギー製の5連発銃が良いのだ。それをもっていて5連発なので二匹を一度に‘クアンクアンクアン’ と打ってしまえば3発以内に死ぬのだ。そうして刀で心臓を差し込んで筆の通り血を売って食べるのだ。


そのような訓練をした。

御父様の伝統を、サンクチュアリは相続します。



(お問い合わせ先:メール sanctuary.saitama@gmail.com
         電話番号 堀勇一070-6670-5334 堀久子070-6637-7424 )


「キリスト教」のブログは、こちら

任命式の映像はこちら

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。