埼玉サンクチュアリ教会(日本サンクチュアリ協会 埼玉教会)

私ども夫婦は、2015年8月30日に米国サンクチュアリ教会本部で行われた「真の御父様の聖和3周年記念礼拝」(真の基元節)および「真の御父様の権威に戻るための祝福式」に参加し、同日の夜、日本において「真の御父様の権威に戻るための祝福式」を行うための、任命の祝祷を受けました。
2015年12月30日にCyberサンクチュアリ人協会の会長を辞め、文鮮明真の御父母様・文亨進二代王様・文國進監察総監様の側近である江利川総会長の下で働くため、日本サンクチュアリ協会に移籍しました。

「絶対性」のための御言葉 ブログ「文鮮明先生말씀選集」から

真の父母の祝福と真の愛の道(1)から引用します。
(翻訳・掲載に感謝申し上げます。)


互いが助けてあげなければならない

父母が誤ったので父母が真の愛によって正しい位置に立ってその次には家庭を編成し国を編成しなければならない、統一教会、世界を代身した国。


それがどういう国か? 天一国!言ってみな。「天一国!」 天一国が何か? ’天’ 字が二 人であるので、二人の人(天)が一つになった(一)国だ。’天’字、’二’に’人’が一つになった国である。心と体が争う、分かれて。地獄と天国が一つにできなかった。男と女が体と心が争う? 争う人は天国に行けない。


だから既婚の女、夫が原理を知って自分の女がどのような場に立っており、男がどのような道を行かなければならないというその道を行かなければならないにもかかわらず為に彼らが互いが助けてあげなければならない。救おうとするのに誤った人に侍らなければならない。そう、アベルが殴って殺した恩讐のカインを愛して救ってあげなければならない。この原則、そこにすべてひっかかっている。それでは夫婦が一つになりえない理由がない。


そのために注意しなければならない「女性の問題点」は次の通りです。


真の父母の祝福と真の愛の道(4)から引用します。 


女は争い、争いの主人だ

そう、大学校を女たちが通えば、学生が数千人いても男のチョンガーの先生がいれば全部自分の夫にすればよいと思いをしない女がいる、いない? 集まって座ればかけ場が生じ、だれだれの先生に対する話をすれば、‘ややや!’ と言ってその先生に対して話す事よりも憎いのだ。何故? ‘私が心から思慕するが・・・。’ そうだ。全部すべてそのように言っておいて獄殺撲殺争いだけしている。女は争い、争いの主人だ。


女が男が怖い、、怖くないか? あ、聞いているじゃないか? 女が男が怖い。怖くないか? いくら駄々をこねる生まれが悪い女でも力強い大将がおれば、‘それは私の夫とみなせばよい。’ というのだ。醜い女として生じたとすれば、病身ででも‘アイゴ、美男子がおればそれを夫にすればよい。’ そうだ。すべてそうだろう? そのために全て雑念だ。雑念。(笑い) 両班がいない。


女が少し女であっても力強い将軍がおればその将軍の横に行って座りたいということだ。体面にもかかわらずそうであれば衣服でもももうとし、お尻でも触りたいとすべてこうでありたいという女の心がある、ない? 男に対して死ぬほど、死ぬ時まで忘れることのできないことが女たちには男だ。


真の父母の祝福と真の愛の道(6)から引用します。
 
堕落した女たちは自分の思い通りに生きる

風が吹いて霧を取り込むためには、雲を移してしまわなければならない。雲がなくなれば、霧は自然になくなる。天地理知が自然の環境に拍車を合わせて生きて行くのであって、自分の思い通りに生きない。しかし堕落した女たちは自分の思い通りに生きる。


寡婦になった女がお金があればお金をもって誇りたいし、権力のある大統領夫人になったとすれば、大統領の夫人になったその女が自分についてきた男たちを思慕し、ありとあらゆる罪を犯すのだ。大統領がありとあらゆる罪を犯したことと同様に、非常に邪悪なふるまいを公然とするのだ。そのような複雑な女を好きになってはならないのだ。

「非常に邪悪なふるまいを公然とするのだ。」
韓氏オモニがそうなってしまったことが残念です。


(お問い合わせ先:メール sanctuary.saitama@gmail.com
         電話番号 堀勇一070-6670-5334 堀久子070-6637-7424 )


「キリスト教」のブログは、こちら

任命式の映像はこちら

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。