埼玉サンクチュアリ教会(日本サンクチュアリ協会 埼玉教会)

私ども夫婦は、2015年8月30日に米国サンクチュアリ教会本部で行われた「真の御父様の聖和3周年記念礼拝」(真の基元節)および「真の御父様の権威に戻るための祝福式」に参加し、同日の夜、日本において「真の御父様の権威に戻るための祝福式」を行うための、任命の祝祷を受けました。
2015年12月30日にCyberサンクチュアリ人協会の会長を辞め、真の御父様・亨進様・国進様の側近である江利川総会長の下で働くため、日本サンクチュアリ協会に移籍しました。

新年にあたり 「教会長」のための聖句

先に、家庭聖殿拡大委員会(サンクチュアリ大分教会)のブログから引用します。
(本体論セミナーで阿南教会長にお会いし、お世話になりましたことに、改めて感謝申し上げます。)

家庭が中心であり、本部や教会は天使長の立場です。

家庭が神様に主管されることのできるように、本部や教会は協助し、援助するためにあります。

教会長とシックとの関係は上下関係ではありません。

むしろ僕の立場で交流して神様を発見する生活をします。

ですから、「主管はしないが、放任もしない」という方針は、以前から伺っていました。
私自身は、「細胞分裂」という名目で、「放任」していることを反省します。
「首都圏礼拝」に依存してもいます。
(スタッフの皆様に感謝申し上げます。)


ヤコブの手紙/ 03章 01節

わたしの兄弟たちよ。あなたがたのうち多くの者は、教師にならないがよい。わたしたち教師が、他の人たちよりも、もっときびしいさばきを受けることが、よくわかっているからである。

「責任」を自覚します。


ペテロの第一の手紙/ 04章 10節~11節

あなたがたは、それぞれ賜物をいただいているのだから、神のさまざまな恵みの良き管理人として、それをお互のために役立てるべきである。


語る者は、神の御言を語る者にふさわしく語り、奉仕する者は、神から賜わる力による者にふさわしく奉仕すべきである。それは、すべてのことにおいてイエス・キリストによって、神があがめられるためである。栄光と力とが世々限りなく、彼にあるように、アァメン。

「個性」の違いを自覚します。


ペテロの第一の手紙/ 05章 02節~03節

あなたがたにゆだねられている神の羊の群れを牧しなさい。しいられてするのではなく、神に従って自ら進んでなし、恥ずべき利得のためではなく、本心から、それをしなさい。


また、ゆだねられた者たちの上に権力をふるうことをしないで、むしろ、群れの模範となるべきである。

「努力」の必要性を自覚します。


(お問い合わせ先:メール sanctuary.saitama@gmail.com
         電話番号 堀勇一070-6670-5334 堀久子070-6637-7424 )


「キリスト教」のブログは、こちら

任命式の映像はこちら

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。