埼玉サンクチュアリ教会(日本サンクチュアリ協会 埼玉教会)

私ども夫婦は、2015年8月30日に米国サンクチュアリ教会本部で行われた「真の御父様の聖和3周年記念礼拝」(真の基元節)および「真の御父様の権威に戻るための祝福式」に参加し、同日の夜、日本において「真の御父様の権威に戻るための祝福式」を行うための、任命の祝祷を受けました。
2015年12月30日にCyberサンクチュアリ人協会の会長を辞め、真の御父様・亨進様・国進様の側近である江利川総会長の下で働くため、日本サンクチュアリ協会に移籍しました。

「勇士達3%だけいても、サタン勢力33%に勝つことが出来ます」

9月25日の御言葉から引用します。
(翻訳・掲載に感謝申し上げます。)

その3%戦う勢力が立ち上がればサタン勢力3分の1勝つことができます。3%が。

命を賭けて戦っていくことが出来る勇士達3%だけいても、サタン勢力33%に勝つことが出来ます。

これは、アメリカ独立など、歴史的・実証的なことだと思います。
信じるべき内容です。


家庭連合に対して、サンクチュアリの比率は3%位かも知れません。
国に対しても、「アベル側」の3%を一つにすることが、「ミクロ圏」の責任だと思います。


9月24日の英語説教から引用します。
(翻訳・掲載に感謝申し上げます。)

姜賢実先生のスピーチを聞きましたか。いかに聖書的であったか。

神様がいつも中心にして、お父様と、お父様の王権を賞揚されています。

まるで生命の水が口からほとばしるようでした。神様の聖句があふれていました。


康御母様の御言葉から引用します。
(翻訳・掲載に感謝申し上げます。)

これからは大きく道が開かれ、本当にこのことを中心として、すべてが予想できなかった奇跡の歴史がここに起きることを、みなさんが知って、信じて、実践してくださると良いです。

これからは、多くの人々が、自分でも知らずに証をすることができるし、喜ぶことのできる驚くような歴史が起きると信じてください。


信じた人々には、信じたとおりに、必ず実が実ります。


「聖書的」ということで、「信じる」ことについて、マタイによる福音書から引用します。


なぜこわがるのか、信仰の薄い者たちよ

08章 24節

すると突然、海上に激しい暴風が起って、舟は波にのまれそうになった。ところが、イエスは眠っておられた。


08章 25節

そこで弟子たちはみそばに寄ってきてイエスを起し、「主よ、お助けください、わたしたちは死にそうです」と言った。


08章 26節

するとイエスは彼らに言われた、「なぜこわがるのか、信仰の薄い者たちよ」。それから起きあがって、風と海とをおしかりになると、大なぎになった。 


わたしにそれができると信じるか

09章 28節

そしてイエスが家にはいられると、盲人たちがみもとにきたので、彼らに「わたしにそれができると信じるか」と言われた。彼らは言った、「主よ、信じます」。


09章 29節

そこで、イエスは彼らの目にさわって言われた、「あなたがたの信仰どおり、あなたがたの身になるように」。


信仰の薄い者よ、なぜ疑ったのか

14章 30節

しかし、風を見て恐ろしくなり、そしておぼれかけたので、彼は叫んで、「主よ、お助けください」と言った。


14章 31節

イエスはすぐに手を伸ばし、彼をつかまえて言われた、「信仰の薄い者よ、なぜ疑ったのか」。


あなたがたの信仰が足りないからである

17章 19節

それから、弟子たちがひそかにイエスのもとにきて言った、「わたしたちは、どうして霊を追い出せなかったのですか」。


17章 20節

するとイエスは言われた、「あなたがたの信仰が足りないからである。よく言い聞かせておくが、もし、からし種一粒ほどの信仰があるなら、この山にむかって『ここからあそこに移れ』と言えば、移るであろう。このように、あなたがたにできない事は、何もないであろう。


17章 21節

〔しかし、このたぐいは、祈と断食とによらなければ、追い出すことはできない〕」。 


心を合わせるなら

18章 19節

また、よく言っておく。もしあなたがたのうちのふたりが、どんな願い事についても地上で心を合わせるなら、天にいますわたしの父はそれをかなえて下さるであろう。


18章 20節

ふたりまたは三人が、わたしの名によって集まっている所には、わたしもその中にいるのである」。


信じて疑わないならば

21章 21節

イエスは答えて言われた、「よく聞いておくがよい。もしあなたがたが信じて疑わないならば、このいちじくにあったようなことが、できるばかりでなく、この山にむかって、動き出して海の中にはいれと言っても、そのとおりになるであろう。


21章 22節

また、祈のとき、信じて求めるものは、みな与えられるであろう」。


康御母様が「信じる」ことを指導して下さることに感謝致します。


(お問い合わせ先:メール sanctuary.saitama@gmail.com
         電話番号 堀勇一070-6670-5334 堀久子070-6637-7424 )


任命式の映像はこちら

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。