埼玉サンクチュアリ教会(日本サンクチュアリ協会 埼玉教会)

私ども夫婦は、2015年8月30日に米国サンクチュアリ教会本部で行われた「真の御父様の聖和3周年記念礼拝」(真の基元節)および「真の御父様の権威に戻るための祝福式」に参加し、同日の夜、日本において「真の御父様の権威に戻るための祝福式」を行うための、任命の祝祷を受けました。
2015年12月30日にCyberサンクチュアリ人協会の会長を辞め、真の御父様・亨進様・国進様の側近である江利川総会長の下で働くため、日本サンクチュアリ協会に移籍しました。

「皆さんも日本で平和軍警察訓練をして豚を殺してさばいてください」

9月25日の御言葉から引用します。
(翻訳・掲載に感謝申し上げます。)


叱咤激励

責任は 果たせると皆さんに与えられたものです。

責任を果たさなければ皆さんは滅びます。

韓国日本の人帰って訓練をしますか?

日本に帰ったら皆さん、平和軍警察の訓練をするのですか、しないのですか?

皆さんはもう奴隷ではありません。宗族王と王妃です。

江利川会長がとてもこぎれいにされていますが、一瞬で侍になります

江利川会長は命を切ることができます。

問題は女性です、女性!このような気持ち悪いことはしないとするでしょう。


上記は先に抜き出しましたが、下記は原文の順番で抜粋しました。


かわいい娘さんも

栗田さんの娘さんも訓練しています。

鹿の皮をはいだり。。。

非常食料を探して歩いたり

かわいい顔をしていますが怖い訓練をしています。


壮年も

訓士(壮年)の方は射撃訓練を早くするように

内臓を出したり皮をはいだりする訓練をしてください。

生死を主管できるようになるります。

自然とも近くなり自然にありがたさを感じるようになります。


責任

天一国の王と王妃はどれだけ恐ろしい内容か、豚を殺したり釣りをしたり責任がある。

責任を果たさなければサタンに食べられる。


金持ちも

いくら金持ちでも豚を殺すことができなければならない。

息子娘孫にも教えられなければならない。

そうすれば遺伝子が開く。馬鹿みたいに子供や孫に全部してあげてはいけない。

2大王3代王様は怖い訓練をされている。訓練をすれば暴君にならない。


神が下さった「生死の主管」

生きている動物を殺すのは責任がある。

神が私をそんなにも信じてくださっていた。私の責任を軽く考えてはいけない、国を守り神の国を守らなければならないという心情で。

イ会長も奥さんと一緒に訓練をしてください。

豚を殺し皮をはぎ生死を主管する。


生死の大切さ

このようの訓練をすると命がどれだけ大切かわかる、それをしなかった人が人を殺している。

すべての暴君は趣味で殺すことに快楽を覚える。

父親から母親から生死の大切さを習わなかった。


自分の家で

子供は1年たてば忘れるので自分の家で動物を飼って家で訓練をするのが一番よい。

ここではブルーストンフアームで飼っている動物で訓練をしている。

生死の法則を知らなければならない。神が下さった命がどれだけ大切かわすれる。

スーパーで肉を買って食べるだけではいけない。偽の生活をするようになる。

私は動物、植物と自然と一緒に暮らした。アパートでは生活しなかった。

順番に動物を殺すように、特に女性がしなければならない。

男性よりも女性にさせるように。


鹿といのしし

ともはさんは怖い訓練をしている。散弾銃を使って鹿といのししを撃つ訓練をしている。


リス

2代王に出会わなければこのようなことは知らないらなかったでしょう?

動物の(りす)パンツとシャツを剥ぎ取る方法、リスはどれだけおいしいかわかりません。


神に感謝して一生懸命生きる

不思議ですね。命の価値を学ぶためには命を切らなければならない。

切る。。。殺す。それをしなければ 命の価値を知ることができない。

豚を殺すとき最後に豚が息を引き取るとき、長い息をして死ぬ。

私の命もこのように切れるのだなと思う。

神が私の命をもっていかれたとき。。。

豚が死ぬとき。。豚やありがとう。自分も神に感謝して一生懸命生きるからと感じれる。


もちろん実践しなければなりませんが、読むだけでも、ある程度「発想の転換」ができます。
「奴隷」から「王族」への転換です。


(お問い合わせ先:メール sanctuary.saitama@gmail.com
         電話番号 堀勇一070-6670-5334 堀久子070-6637-7424 )


任命式の映像はこちら

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。