埼玉サンクチュアリ教会(日本サンクチュアリ協会 埼玉教会)

私ども夫婦は、2015年8月30日に米国サンクチュアリ教会本部で行われた「真の御父様の聖和3周年記念礼拝」(真の基元節)および「真の御父様の権威に戻るための祝福式」に参加し、同日の夜、日本において「真の御父様の権威に戻るための祝福式」を行うための、任命の祝祷を受けました。
2015年12月30日にCyberサンクチュアリ人協会の会長を辞め、真の御父様・亨進様・国進様の側近である江利川総会長の下で働くため、日本サンクチュアリ協会に移籍しました。

家庭連合の人達が恥をすすぐ道 逆「椅子取りゲーム」

2月17日の当ブログから引用します。

素直に、本心に従えばよいのです。

その時には、霊の親が霊の子に連絡できるようになります。

井口さんも、昔のように、澤田教会長と仲良くできます。

澤田拓也さん、稲森さん、周藤先生も、口がきけるようになります。

すらすらと出てきた言葉です。
「神様の啓示」でなければ、「悪口の天才」かも知れない、と自分で思います。
そのような「人格」への評判を心配して、上記の皆様に「恥をすすぐ道」を考えてさしあげました。


他の人よりも先に、サンクチュアリ教会に来て、振り返り、他の人に呼び掛けてあげればよいのです。
「私は間違いに気づいた。あなたも来なさい」


そうすれば、他の人が来なかったとしても、英雄になります。
「さすがは、〇〇さん。他の人とは違う」
他の人が来たら、もっと英雄です。
「さすがは、〇〇さん。他の人をつれて来た」
「他の人も、堕落性を脱いで、さすがだ」
私自身も、過去の無礼をお詫びして、感動的な「和解」ができるかも知れません。


問題は、他の人が残っているかどうかです。
最後の一人になったら、どうすればよいのでしょうか?
「他に誰もいなくなった。私もそちらへ行く」


もちろん皆に歓迎されますが、ご本人は恥ずかしいかも知れません。
そうしたら、私の過去の無礼は、二度と許してもらえないかも知れません。


最後の椅子に座っているのは、誰でしょうか?
(これも悪口かな?)



(お問い合わせ先:メール sanctuary.saitama@gmail.com
         電話番号 堀勇一070-6670-5334 堀久子070-6637-7424 )
         任命式の映像はこちら

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。