埼玉サンクチュアリ教会(日本サンクチュアリ協会 埼玉教会)

私ども夫婦は、2015年8月30日に米国サンクチュアリ教会本部で行われた「真の御父様の聖和3周年記念礼拝」(蘇生期・真の基元節)および「真の御父様の権威に戻るための祝福式」に参加し、同日の夜、日本において「真の御父様の権威に戻るための祝福式」を行うための、任命の祝祷を受けました。
2015年12月30日にCyberサンクチュアリ人協会の会長を辞め、文鮮明真の御父母様・文亨進二代王様・文國進監察総監様の側近である江利川総会長の下で働くため、日本サンクチュアリ協会に移籍しました。

組織を超えた「関係」

Cyberサンクチュアリ人協会の会長だった時、江利川総会長とお会いして、私が正直に、率直に発言した言葉が、「もう、一つになりましょうか?」でした。


私は、別の組織で活動する必要性を感じていませんでした。


亨進様・国進様の考えは、「江利川総会長が中心だが、強制はしないので、自然屈服するまで、自由競争」ということです。
それを知って、「自由競争」にこだわるのは、「中心に屈服したくない」思想です。


御父様との「関係」、亨進様・国進様との「関係」を持ちたいと願えば、両方の側近である、江利川総会長との「関係」を持つのが一番です。


江利川総会長の「組織」が嫌だとすれば、他の「組織」も嫌でなければなりません。


このような理解は、3日間で亨進様に従う決断をした私には簡単でした。
このブログで繰り返し引用した、自叙伝165頁のみ言葉です。
>意義が明確で良いことなら、当然始めなければならないでしょう。


昨日、江利川総会長について、新しい証しを聞きました。


昨年8月30日に、サンクチュアリ教会にとって、日本の既成祝福第一号となったカップルからお聞きしました。


そのカップルの祝福について、江利川総会長が亨進様にご相談したそうです。
亨進様のお答えは次の通りです。
「祝福については、江利川総会長にお任せします」

サンクチュアリ教会の発展のために、「自然屈服」が早まることを願っています。

(お問い合わせ先:メール sanctuary.saitama@gmail.com
         電話番号 堀勇一070-6670-5334 堀久子070-6637-7424 )

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。