埼玉サンクチュアリ教会(日本サンクチュアリ協会 埼玉教会)

私ども夫婦は、2015年8月30日に米国サンクチュアリ教会本部で行われた「真の御父様の聖和3周年記念礼拝」(真の基元節)および「真の御父様の権威に戻るための祝福式」に参加し、同日の夜、日本において「真の御父様の権威に戻るための祝福式」を行うための、任命の祝祷を受けました。
2015年12月30日にCyberサンクチュアリ人協会の会長を辞め、真の御父様・亨進様・国進様の側近である江利川総会長の下で働くため、日本サンクチュアリ協会に移籍しました。

「二の位置」の理想

日本サンクチュアリ協会の副会長である、平井松夫、寿枝子夫妻(1800双)は、10月11日「天一国憲法」宣布の日に訪米し、亨進第二代王様より祝祷をいただき、世界宣教本部より承認をいただきました。


亨進様と国進様の側近が江利川総会長ならば、江利川総会長の側近は平井副会長夫妻です。


平井副会長夫妻は「サタン分立の達人」でいらっしゃいます。


摂理歴史の中で、常に「二の位置」が、サタンに狙われてきました。

ですから、まず、ご自身が徹底的にサタン分立をして、すなわち、自分を無くして、江利川総会長に絶対的に仕えています。


私は、自分も同じ姿勢を持っているので、素直に、平井副会長夫妻に共感できます。

しかし、それを理解できない人は、平井副会長夫妻が江利川総会長を賛美すると、「個人崇拝を押し付けている」とか批判するかも知れません。


その批判は、サタンのように「二の位置」を攻撃します。

しかし、平井副会長夫妻はぶれません。


自分を無くしているので、自分の評判を気にしません。

それを知っている私は、平井副会長夫妻を証ししなければならないと思いました。


平井副会長夫妻は、「個人崇拝を押し付けている」のではありません。

「二の位置」がするべき唯一の仕事をしているだけです。


「二の位置」が他のことを考えたら、中心を賛美することを止めたら、サタンが侵入して、自分の欲望が生まれたら、洗礼ヨハネのようになってしまうでしょう。

御母様のように、家庭連合の幹部のように、なってしまうでしょう。

裏切り者に、ユダになってしまうでしょう。


そうではなく、国進様のようにならなくてはなりません。

国進様が「二の位置」の理想です。


ですから、平井副会長夫妻は江利川総会長を賛美し続けます。

そのような平井副会長夫妻を、私は賛美させて頂きます。


平井副会長夫妻のホームページは下記のアドレスです。

http://sandaikenchurch.jimdo.com/


(お問い合わせ先:メール sanctuary.saitama@gmail.com

         電話番号 070-6670-5334 )


にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ

にほんブログ村

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。