埼玉サンクチュアリ教会(日本サンクチュアリ協会 埼玉教会)

私ども夫婦は、2015年8月30日に米国サンクチュアリ教会本部で行われた「真の御父様の聖和3周年記念礼拝」(蘇生期・真の基元節)および「真の御父様の権威に戻るための祝福式」に参加し、同日の夜、日本において「真の御父様の権威に戻るための祝福式」を行うための、任命の祝祷を受けました。
2015年12月30日にCyberサンクチュアリ人協会の会長を辞め、文鮮明真の御父母様・文亨進二代王様・文國進監察総監様の側近である江利川総会長の下で働くため、日本サンクチュアリ協会に移籍しました。

「D-lifeという伝道プログラム」

「伝道」や「教育」の参考になります。


聖書で全てを愛せよという左派を聖書で審判せよ。■キングスリポート12月20木 から引用します。
(翻訳・掲載に感謝申し上げます。)

(ウィルクス牧師:)

D-lifeではまずグループを集めます。

1課(章)を1週間に5日間(分)一緒に読みます。

そうすれば新約を1年間ですべて読むことができます。

(260章=5章×52週)


そのうちに、聖書の話を読みながら、罪に対しても自然に話せるようになります。そうするうちに自然に主を迎接するようになり主を愛するようになります。もちろん2ヶ月に一度チラシを持ち伝道の心を持って、路傍で伝道活動をしたりもします。

しかし、ほとんどの聖徒には職業があり自分の仕事場があるので、自分の知り合いを中心に小さなグループ(3人から4人)を作って、聖書の勉強をしながらシステム的に接近するのです。


この過程は、イエス様が12人と一緒に歩きながら話を交わし、聖書の勉強をするのです。

私はD-lfieを進行しながら、毎週私たちが聖書の5課を読んだか読まなかったかを必ずチェックします。

生活の中でできる伝道をしながら主の足跡に従って行くのです。

多くの方々が、他の人たちを教えなければならないという不安を抱いていますが、私どものD-lfieでは4つの分野の責任をグループで分けてやっています。


 1.読んだ聖書部分の聖書の話を自然に話します。

 2.ほかの人が祈りをします

 3.D-lfieに出ている10個から15個の質問をします。

 4.(一つの部分が思い出せません。 )


また、人々が自分の霊性日記を書くことになっています。

グループを作れば、カフェでもどこでもいいし、人の家で会うこともできます。そのように準備して一週間に一度会うのです。

このように4年間にわたって(新約1年、旧約3年) 一緒に勉強すると、

(旧約929章÷3年≒310章 310章÷52週≒6章/週)

沢山の質問と疑問をすべて解決する事ができ、主を迎接してとても信仰深い主の弟子に生まれ変わるのです。


私どもは定期的にD-lfieの集中教育を行います。

イエス様がされた使役の6部分(5つ?)を集中して分けて行うことになります。

私どものWebサイトに行けばプログラムを見れます.


Webサイトは次ですが、言語の問題があります。


「訓読会」をもちろん思い出しますが、「ホームグループ」も思い出します。


「5つの使役」の記事もリンクして終わります。



(お問い合わせ先:メール sanctuary.saitama@gmail.com
         電話番号 堀勇一070-6670-5334 堀久子070-6637-7424 )


「キリスト教」のブログは、こちら

任命式の映像はこちら

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。