埼玉サンクチュアリ教会(日本サンクチュアリ協会 埼玉教会)

私ども夫婦は、2015年8月30日に米国サンクチュアリ教会本部で行われた「真の御父様の聖和3周年記念礼拝」(真の基元節)および「真の御父様の権威に戻るための祝福式」に参加し、同日の夜、日本において「真の御父様の権威に戻るための祝福式」を行うための、任命の祝祷を受けました。
2015年12月30日にCyberサンクチュアリ人協会の会長を辞め、真の御父様・亨進様・国進様の側近である江利川総会長の下で働くため、日本サンクチュアリ協会に移籍しました。

「キリストこそを頼らなければならないのです」

トランプ中心の自由運動と神様の計画—4月15日英語説教「鉄のつえの王国12」最終回から引用します。
(翻訳・掲載に感謝申し上げます。)

ロン・ポール(共和党テキサス州選出,元連邦下院議員)の運動も、アレックス・ジョーンズの運動も、他の運動など、トランプをあまりにも頼り、当てにした運動に関し神様はその戦意を喪失させられたのです。これで彼らも、このようなリーダー、それがたとえどんな大統領でも-当てにすることはできないことを知ったのです。

彼らもキリストこそを頼らなければならないのです。キリストの血統により頼むこと、キリストの王国を、その頼みにしなければなりません。

「キリストの血統=三代王権=キリストの王国=天一国憲法」と言えます。


もしこの神学(鉄のつえの王国)が風を掴んだとしたらどうでしょう。

道徳的にも高く、人々の自由を保障するだけではありません。奴隷のような立場の者たちに力を与え、高揚させ、一つにする。主権の結束、自由の結束。そして自由と責任。ただ高揚させ、力を得させるだけではありません、すべて聖書がベースです!

「天一国憲法=神学(鉄のつえの王国)=聖書がベース」と言えます。
全ては同一です。
それは、下記でも確認できます。


《重要指示》今やトランプも米国も末期癌、聖徒よ祈りなさい◆18年4月18日礼拝「神の王国の鉄の杖12」全文から引用します。
(翻訳・掲載に感謝申し上げます。)

多くの人たちが団結できるイデオロギーよりもっと強いものが何ですか?信じること。信仰。


あの人たちは皆、聖書の基盤があるので、王冠と鉄の杖をどうして持たなければならないのか、説明することができる聖書的な基盤がなければならないのに、その内容を教える牧師が一人もいません。一人もいません。ただ真の父母・文鮮明総裁、真の父母・再臨のキリストの三代王権だけが教えている内容なのです。アジュ。(拍手)

2:21:59


憲法まで全て出ました。

「聖書の基盤=王冠と鉄の杖の神学=三代王権=天一国憲法」です。


これらは全て、サンクチュアリにあって、家庭連合にも、郭グループにも、無いものです。



(お問い合わせ先:メール sanctuary.saitama@gmail.com
         電話番号 堀勇一070-6670-5334 堀久子070-6637-7424 )


「キリスト教」のブログは、こちら

任命式の映像はこちら

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。