埼玉サンクチュアリ教会(日本サンクチュアリ協会 埼玉教会)

私ども夫婦は、2015年8月30日に米国サンクチュアリ教会本部で行われた「真の御父様の聖和3周年記念礼拝」(真の基元節)および「真の御父様の権威に戻るための祝福式」に参加し、同日の夜、日本において「真の御父様の権威に戻るための祝福式」を行うための、任命の祝祷を受けました。
2015年12月30日にCyberサンクチュアリ人協会の会長を辞め、真の御父様・亨進様・国進様の側近である江利川総会長の下で働くため、日本サンクチュアリ協会に移籍しました。

本体論セミナーのエピソード

1.感動


<世界で最も勇気ある教会3月11日―鉄のつえの王国8(その1)【英語説教】>を訓読してから参加しました。

われわれだけがこれをやる大胆さを持ち合わせていたのです。他は皆、ポリティカル・コレクトで「炎上」するのを怖れている。それを怖れて「かくれんぼ」状態、保守派でも!大半はわれわれの後ろに隠れている。そうしてこっそりメールを送ってきて「素晴らしいことだ、陰ながら私もAR-15について祈っている」などと。こんなメッセージを受け取っているのです。


そうしたところ、韓国家庭連合の幹部の中で正論を貫いた、劉先生の「勇気」を実感し、感動しながらセミナーが始まりました。



2.風邪


修練会というと、私は風邪をひきます。


1997年、清平40日修練会は、風邪のひき始めから参加しました。
薬を飲めば3日位で治るだろうと思っていましたが、寒さで悪化し、とうとう治らないまま40日が過ぎました。
高熱でふらふらになった時も、寝込まず参加し続けたのは、良かったと思います。
2日に1回の水行も、つらいものでした。
終盤の7日断食期間に、やっと熱は下がりました。
しかし、咳は止まらず、帰国後、肺炎で入院しました。
今のところ、人生で唯一の入院です。


2010年、水沢里の本体論セミナーでは、ピースキングカップのサッカー観戦の寒さで風邪をひきました。
2017年、群馬セミナーハウスの本体論セミナーでは、5日目位から風邪をひきました。
そして今回は、3日目から風邪をひきました。


御言葉による内的刷新だけでなく、体を打たれる「外的粛清」も必要な、自分なのだと反省します。



3.記念写真





訪米時と同じく、帰りは雪に遭遇し、無事帰宅しました。



(お問い合わせ先:メール sanctuary.saitama@gmail.com
         電話番号 堀勇一070-6670-5334 堀久子070-6637-7424 )


「キリスト教」のブログは、こちら

任命式の映像はこちら

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。