埼玉サンクチュアリ教会(日本サンクチュアリ協会 埼玉教会)

私ども夫婦は、2015年8月30日に米国サンクチュアリ教会本部で行われた「真の御父様の聖和3周年記念礼拝」(真の基元節)および「真の御父様の権威に戻るための祝福式」に参加し、同日の夜、日本において「真の御父様の権威に戻るための祝福式」を行うための、任命の祝祷を受けました。
2015年12月30日にCyberサンクチュアリ人協会の会長を辞め、文鮮明真の御父母様・文亨進二代王様・文國進監察総監様の側近である江利川総会長の下で働くため、日本サンクチュアリ協会に移籍しました。

いつも私のとなりに神さま【家庭連合会員のブログ】

紹介文から引用します。

家庭連合の松戸家庭教会で、伝道教育部長兼総務部長をしている夫とその妻、夫婦で作るブログです。

すなわち私は、かつて共に歩んだ仲ですが、初めて記事にします。


2018年01月13日の記事「神・新大陸へ! 米史上最大のヒーロー?! 誰が病んだ大国を救ったか! 《お母様》」で、韓氏オモニのスピーチが引用されています。

……真の父母が来られる時になったため、

その環境圏をつくって差し上げるため、

このアメリカという民主主義の国を天が祝福され、

2000年を経て「また来る」とされた

その再臨のメシヤを迎えるための中心は、

独り娘が誕生しなければならないのです。


独り娘の誕生なくしてメシヤ(真の父母)は

来ることができません。


統一教会の50年歴史は

キリスト教の環境圏が支えとなれなかったため、

明確にこの面を教育することができませんでした。

澤田教会長が、繰り返し糾弾しているポイントです。
「伝道教育部長」が、悪びれもせず引用しているのが印象的でした。


「知人」と言えば、「元」霊の親、「光言社社長」については、過去に記事にしました。
一度、電話で、私の追及に対して、答えてくれました。

自分は、原理講論を信じている。

原理講論から外れたという証拠は、まだ無い。

当時、二代王や康御母様などの「証言」は、公平な「証拠」ではないとして、私も大目に見ました。
(お世話になった相手です。)


今や、韓氏オモニは「自白」しています。
「光言社社長」も、「伝道教育部長」も、「共犯者」になりました。


2月28日を前にして、これを明記することも、「啓示」だと思います。


(お問い合わせ先:メール sanctuary.saitama@gmail.com
         電話番号 堀勇一070-6670-5334 堀久子070-6637-7424 )


「キリスト教」のブログは、こちら

任命式の映像はこちら

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。