埼玉サンクチュアリ教会(日本サンクチュアリ協会 埼玉教会)

私ども夫婦は、2015年8月30日に米国サンクチュアリ教会本部で行われた「真の御父様の聖和3周年記念礼拝」(真の基元節)および「真の御父様の権威に戻るための祝福式」に参加し、同日の夜、日本において「真の御父様の権威に戻るための祝福式」を行うための、任命の祝祷を受けました。
2015年12月30日にCyberサンクチュアリ人協会の会長を辞め、真の御父様・亨進様・国進様の側近である江利川総会長の下で働くため、日本サンクチュアリ協会に移籍しました。

三代王権サンクチュアリー教会・隠れの里・こころのサンクチュアリー教会の免責事項

韓国**に所属しながら、千葉県**教会に通う、****さんは、大きな功労者です。

人気ブログを管理しながら、Cyberサンクチュアリ人協会を創設し、今は標題の教会の拡大に励んでいらっしゃいます。


ただ、家庭連合に所属したままでよいのは、他のサンクチュアリ教会も同じです。

その点、誤解を与えかねないのは残念です。


「免責事項」も気になるところです。

他の教会は、決意と信念を持って、万一間違った場合には、当然、讒訴と審判を受ける覚悟でいると思います。

「免責事項」を条件として、何か霊界で弁明するつもりでしょうか?

「免責事項を読んだはずですよね」と言うつもりでしょうか?

「役事・解怨・祝福等一切の恩恵に関する免責事項

管理者は霊界のことは分かりません。管理者はサンクチュアリ側、家庭連合側、清平側の双方のあらゆることにおいて万が一違った場合の責は霊界でも地上界でも一切永遠に負いません。各自自己責任でご判断下さい。」


私が懸念するのは、そういう責任回避を、私が身近に経験したからです。

それがCyberサンクチュアリ人協会から創設者が脱退するようになった近因です。

遠因については、今は書きません。


内紛はイメージダウンですが、事実は隠せません。

「透明性」は、「自由と責任」に並ぶ、サンクチュアリ教会の運営指針です。

全てを明らかにすることが、最終的にはサンクチュアリ教会の信用を高めることになるはずです。

お互いに頑張って参りましょう。


(お問い合わせ先:メール sanctuary.saitama@gmail.com  

         電話番号 070-6670-5334 )


にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ

にほんブログ村

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。