埼玉サンクチュアリ教会(日本サンクチュアリ協会 埼玉教会)

私ども夫婦は、2015年8月30日に米国サンクチュアリ教会本部で行われた「真の御父様の聖和3周年記念礼拝」(真の基元節)および「真の御父様の権威に戻るための祝福式」に参加し、同日の夜、日本において「真の御父様の権威に戻るための祝福式」を行うための、任命の祝祷を受けました。
2015年12月30日にCyberサンクチュアリ人協会の会長を辞め、真の御父様・亨進様・国進様の側近である江利川総会長の下で働くため、日本サンクチュアリ協会に移籍しました。

お母様の祝福も有効?

更新が少なくなった、このブログを訪れて下さる皆様に、感謝申し上げます。

今後は、Cyberサンクチュアリ人協会の公式サイト(http://sanctuarian.net/)に投稿させて頂きたいと考えています。

そこでは、もはや、このような話題は止めたいと思います。


三原氏の掲示板に最後に投稿した内容は、下記の通りです。

他の人達の投稿と共に、丸ごと消されてしまいましたので、ここに残します。


>偽名を使うことを許されただけなのに、「隠れ教会として亨進様の祈りの油塗りを受けた唯一の教会」、と宣伝する理由が分かりません。


>そして、「自由と責任の原則から、止めることはできない」、という趣旨で許されただけなのに、「韓お母さまが正しく真のお父様に戻ることを願う教会として亨進様から公認された」、と宣伝する理由が分かりません。


>そもそも、「韓お母さまが正しく真のお父様に戻ることを願う」、というのは誰もが同じであり、ことさら言う必要はありません。


>亨進様が「自分は、人気取りではなく、サタン分立を行う」、という趣旨でお話しされているのと正反対に、「人気取り」をしているだけに見えます。


>むしろ本音は、私に打ち明けたように、「お母様の祝福も有効ではないか」、と思っているから、家庭連合にしがみつき、しかも、道連れを増やしていると思われます。


>「亨進様が絶対正しいと思っていない」、という本音は、今も変わっていないようです。


三原氏が、「迫害を受けても、サンクチュアリ教会へ行く」のと正反対に、「迫害を受けても、家庭連合に残る」と決意した理由は、それでしょう。

そのために「隠れをやる」「お母様を大切にする」という言い訳を、よりによって、「自由と責任の原則から、止めることはできない」亨進様ご自身に認めさせ、さらには、宣伝までする、恐るべき人です。

人に取り入る時に見せる弱々しさの後ろにある、その恐るべき執念が、ブログの成功の理由です。


「2015年11月8日 『血統の戦い』文亨進師 英語説教日本語訳 」から引用します。


>病院でのあの出来事のあと、お母様が国進様と私を追放した時、お母様は私たちに「お前たち子供たちは何も知らないんだ。私はあなたたちより100倍ものことをすることができる。私は金孝南を主管している。」と言いました。


「亨進様はまだ若い」と軽視する人は、放置できません。


「2015年10月25日 『キリストの王国』文亨進師 【英語説教日本語訳:編集版】」から引用します。


>バビロニア、アッシリ ア、ローマ、ギリシャ文明の中に、この相対論が存在していました。

>この相対論の哲学が人々を混乱させてきました。

>なぜなら、それ は善悪の基準をあいまいにさせるからです。

>それでは、あなたはサタンを含むすべての人に親切にしなければなりません。

>それではサ タンをサタンと呼ぶこともできません。

>サタンを傷つけることもできません。


>しかし、主はサタンに 対して戦いを挑むために来たのです。

>主を信じる人たちは、サタンにとって恐ろしい人たちです。

>なぜなら、彼らはサタンの性質を 知っているからです。


亨進様を軽視するゆえに、「人気取り」のゆえに、安易に「お母様を大切にする」と宣伝する人は、放置できません。

それは私の「自由と責任」です。


「2015年10月21日 韓国語説教 『神様の王国よ永遠なれ』」から引用します。


>心情が行ったり来たりする臆病者たち。

>善と悪が一緒にいることはできないのです。

>和合することはできません。

>お父様を殺そうとする内容とお父様に栄光を返そうとする内容が共存することはできないのです。

>善と悪が同じベッドで寝ることはできません。

>何も考えず機嫌だけを伺って、お父様を守ることをしなければ、サタンと同じベッドに入る姦通者となるのです。

>皆さんの真なるアイデンティティーを見なければなりません。


自分のブログに載せたみ言を信じない人を、放置することはできません。


「10月18日2015 『永遠の王国』 文亨進師 【英語説教日本語訳】」から引用します。


>家庭連合のいやがらせや迫害を恐れぬ多くの人々が目覚めはじめています。

>大淫婦の神殿が崩れ落ちるのをその目で見ることになるでしょう。

>神の武具を身につけた真の神の子が神殿に入るとき、そこにいるサタンとは妥協しません。

>彼らの性質を知悉しているので一掃してしまうのです。


私達は「真の神の子」になるべきです。


(お問い合わせ先:メール sanctuary.saitama@gmail.com

             電話番号 070-6670-5334 )


にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ

にほんブログ村

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。