埼玉サンクチュアリ教会(日本サンクチュアリ協会 埼玉教会)

私ども夫婦は、2015年8月30日に米国サンクチュアリ教会本部で行われた「真の御父様の聖和3周年記念礼拝」(真の基元節)および「真の御父様の権威に戻るための祝福式」に参加し、同日の夜、日本において「真の御父様の権威に戻るための祝福式」を行うための、任命の祝祷を受けました。
2015年12月30日にCyberサンクチュアリ人協会の会長を辞め、真の御父様・亨進様・国進様の側近である江利川総会長の下で働くため、日本サンクチュアリ協会に移籍しました。

顕進様に関する悟り 和解のための考え方

私は、家庭連合の忠実な信者で、なるべくインターネットを見ないようにしていましたが、たまたま亨進様の説教を読んで、サンクチュアリに来ました。

その後、顕進様について、議論があるのは知っていましたが、「なるべく、よそ見をしたくない」性格ゆえに、内容は知らずに来ました。


ところが、この度、顕進様側のお話を聞く機会がありました。

そして、「よそ見」ではなく「真正面」から向き合い、まるごと信用しました。

説明資料の中の、御父様のみ言葉を参考にしました。

先生は疑って人の話を聞くことができない。

疑うということは堕落圏での出来事だ。


その上で、自分が顕進様側を代表したような立場で、江利川総会長に面談して頂きました。

今まで未確認だった点を確認させて頂きました。

そして、顕進様側の考えを否定するようになりました。


細かい点を省き、根本問題に絞って、私が到達した理解を述べさせて頂きます。

真の子女様に対して不遜な部分がありますが、同じ御父様のカインの子女として、お許し頂けることを願います。


顕進様が、御父様の下を離れたのは、基元節の勝利を目指すためだった。

しかし、

御父様の下を離れ、御父様に侍らなかったことは、御父様の心情を傷つけた。


それを正当化する理由は、

顕進様は、御父様よりも、御父様が愛する神様を大切にしようとされた。

しかし、

神様は、ご自身よりも、御父様を愛していらっしゃる。


それを忘れると、

顕進様は、基元節の勝利をお捧げできず、御父様を聖和させてしまったことを悔い改めていらっしゃる。

しかし、

御父様の心情を傷つけたまま、御父様を聖和させてしまったことも悔い改めるべき。


もしも、それができれば、

「代身者・相続者」として認めることができなくても、

弟に侍ることが難しくても、

「御父様の下を離れ、御父様に侍らなかったこと」の蕩減条件として、

「亨進様の下に集い、亨進様に侍ること」ができる。


これが、今回、到達した「希望の未来像」です。


(お問い合わせ先:メール sanctuary.saitama@gmail.com

         電話番号 堀勇一070-6670-5334 堀久子070-6637-7424 )

         任命式の映像はこちら

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。