埼玉サンクチュアリ教会(日本サンクチュアリ協会 埼玉教会)

私ども夫婦は、2015年8月30日に米国サンクチュアリ教会本部で行われた「真の御父様の聖和3周年記念礼拝」(蘇生期・真の基元節)および「真の御父様の権威に戻るための祝福式」に参加し、同日の夜、日本において「真の御父様の権威に戻るための祝福式」を行うための、任命の祝祷を受けました。
2015年12月30日にCyberサンクチュアリ人協会の会長を辞め、文鮮明真の御父母様・文亨進二代王様・文國進監察総監様の側近である江利川総会長の下で働くため、日本サンクチュアリ協会に移籍しました。

自爆テロ 劉会長の使命?

原理本体論389頁から390頁にかけて引用します。

最後の法廷に立ったイエス様を、堂々と神様の息子だと証言しなければならなかったのがペテロでした。

ペテロがそのように証言したとすれば、法廷の雰囲気は変わっていたはずです。

もしその時、ペテロが証言台に立って、神様が我が民族に送ると約束されたメシヤがすなわち今日この法廷に立っているあのイエス様だと堂々と証言したならば、歴史は変わっていたはずです。


行くべき道がいくら大変でも、難しいことが道に横たわっていたとしても、自分が行くべき道は行かなければならないのであって、避けて自分の思いで暮らしてはならないという教訓を与える内容です。


イエス様の路程の最後に、本当に別の選択肢があったのか、少し疑問もありますが、それが問題ではありません。

現在の摂理の選択肢が問題です。

劉会長の「証言」が問題です。


「自分が行くべき道は行かなければならない」という決断で、劉会長はサンクチュアリに来られました。

しかし、「告白が充分でない」という批判が残っています。

その「告白」は、家庭連合の「幹部」「組織」を審判する「自爆テロ」になることを期待しています。


もちろん長年、日本の総会長を務め、原理本体論講師も務めた権威、さらには御父様のみ言葉と証で、フェミニズム神学を「一刀両断」して下さることも期待しています。


それが劉会長の使命であれば、「避けて自分の思いで暮らしてはならない」と思います。


(お問い合わせ先:メール sanctuary.saitama@gmail.com
         電話番号 堀勇一070-6670-5334 堀久子070-6637-7424 )

         任命式の映像はこちら



忘れてはいけないみ言葉 3000家庭の勇士

日本サンクチュアリ協会アーカイブの「3000家庭はお父様を守る勇士」(2016年2月14日 韓国・日本のメンバーとの懇談会での亨進様講話)から引用します。

天一国を開くその道が3000家庭によって始まりました。いまは時計の針を逆戻りさせることは出来ません。実行されることが全て実行されていきます。反逆したものは反逆者なのです。何もなくても捨てなかった人たち、永遠に命の書に名前が残るでしょう。堕落したものたちが帰ってきたとしても、皆さんはその3000家庭に入っていますので、その立場を離れてはいけません。お父様のお供え物の前にまず皆さんからしないといけませんし、その反逆者たちが帰ってきたとしても、彼らから、神様が救った3000名(家庭)がお父様を守らないといけません。

「天一国を開くその道が3000家庭によって始まりました。」

これが、忘れてはいけないみ言葉だと思います。

関連して、亨進様説教集第3巻「悔い改めと精誠」66頁と67頁から引用します。

皆さん、「真の父母様、億万歳」の内容の中には、私たちの信仰、服従、真の愛、悔い改め、感謝、赦し、勇気、希望、心情文化など、あらゆるものが込められています。

未来を見つめながら、真の父母様に向かう、より大きな空間と時間を超越する力も込められています。

「真の父母様、億万歳」というその短いみ言の中で起こるその波動が私たちの波動になった時に、私たちはほかの存在になります。

私たちの能力ではなく、信仰と愛、服従によって、心情世界においてその波動が的中すれば、神様も私たちを異なったものとして御覧になるのです。

「真の父母様、億万歳」を捧げる時、私という個人だけがいるのではなく、真の父母様と聖霊が共にこの場に臨在され、全世界を代表した立場に立っている、全世界がこの聖殿の中に存在するという、そのような気持ちで私たちは心情の波動を送らなければなりません。

「真の父母様、億万歳」を賛美するかどうかにかかわらず、3000家庭は、「私たちの能力ではなく」、「未来を見つめながら」、天一国に向かう、「全世界を代表した立場」だと思います。


もちろん、真の父母様に物理的にお手伝いをすることができるでしょうが、何より重要なのは私たちの心情です。

私たちはいかなる心情と姿勢、いかなる波動で生きているか、というところから始まるのです。

私たちの足りない存在と自我をなくし、新しい私を建設する時間が、正にこの時間、礼拝の時間です。

「心情」があれば、「物理的にお手伝いをすること」は後から付いてくるということです。

「心情」を準備する「礼拝」を、各家庭が強化できることを願います。


34頁から引用します。

内的に最も重要なものを追求しているので、宇宙と神様と真の父母様が私たちを信じ、共にあるようになり、そうなると、外的な幸福もあふれるように注いでくださるでしょう。

そのような時に、それを私たちだけのために使わずに、たくさんの人々とこの世界に分けてあげることを知っているので、そのような奇跡の生活を生きるようにしてくださるでしょう。

注意すべきことは、「自己中心」「自己崇拝」「私利私欲」に陥らないことです。

家庭連合の過ちは、二度と繰り返すことができません。


3月3日の当ブログ「勇士はどこに? 机上の計算」で、私は次のように書きました。

4300双に対して、日本の目標が2100双になるか未定です。

しかし日本に既存の「勇士」が約1300家庭いるならば、2双ずつでよいという「机上の計算」でした。


これに対して、平井副会長(夫人)より、適切なご指摘を頂きました。

「1300家庭の現実は厳しいのではないか」

さすが「率直」でいらっしゃいます。


私は計算を変えました。

御父様による別の「計算」の例は「1か月に1人伝道」「1年間で12人」です。

2100を12で割ると175です。

175家庭の「勇士」がいれば可能です。


175家庭を47都道府県で割ると、約4家庭です。

(人口分布を無視しています。)

貴重な「勇士」です。

4300双という目先の目標だけが問題ではありません。

繰り返しになりますが、3000家庭は、「私たちの能力ではなく」、「未来を見つめながら」、天一国に向かう、「全世界を代表した立場」だと思います。

今現在「現実は厳しい」家庭も、飛躍する時が来ると思います。

その時には、多くの「勇士」が現れます。

4300双の中からも現れるでしょう。


埼玉県について、日本サンクチュアリ協会の救命ボートをご紹介させて頂きます。

埼玉県 さいたま市

代表: 新井 諭  Jean Arai

電話番号: 080-3492-1593, 090-9970-0793

メールアドレス:syougisashi1900@icloud.com, jeanarai@icloud.com

審判対策の先駆者でいらっしゃいます。

奥様は英語で最新情報が取れ、英語を使う国際家庭をケアして下さると思います。


自主独立されていますが、「幸せな人生♪ 皆様に祝福あれ!(God bless you)」の小林直太さん(6500家庭)も、埼玉県在住です。


その他の「勇士」も、今後、必ず現れます。


(お問い合わせ先:メール sanctuary.saitama@gmail.com

         電話番号 堀勇一070-6670-5334 堀久子070-6637-7424 )

         任命式の映像はこちら

私達が学ぶべきこと

2016年5月8日の亨進様説教から引用して参ります。

昨日の当ブログと同じみ言葉も、別の観点で考えます。

働き手と賃金の約束をしない譬え話はその仕事の経験を深め知識を高めるなど労働者としての市場価値を高める、天一国でのインターンシップをいいます。自分が関わる業界の知識を習得するのです。そこでは賃金を期待しない場合すらあります。その経験、得た知識こそ貴重な報酬になるのです。自由な社会においてこのインターン・システムは極めて重要です。

私は社会に出た時、証券会社に就職して、給料をもらいながら、経済を学ぶ機会がありました。

勝共運動のお陰で、地方議員を経験し、給料をもらいながら、政治を学ぶ機会がありました。

しかし、それらは、全てサタンのシステムでした。

「敵を知る」という意味だけはありました。


私たちのコミュニティでは実際に自給し自足して、実際にモノを生産するのです。そうすることでただの紙切れに過ぎない無価値な紙幣を交換するだけではなく、例えばグレッグさんから何かを買ってその代価として自分で作った道具を支払うのです、そういう実体的な価値の取引を行うのです。

私は、こういう「生産」の経験がありません。

年を取っていますが、「インターンシップ」が必要です。

そのために、できれば「移住」を考えています。

御父様がおっしゃっていたように、「青年」であり続けなければならないと思っています。

反対に、「年を取ったら、自然の中で暮らさなければならない」というようなみ言葉もあったと思います。


まず公立の学校で行われる教育の内容が実生活、経済生活で役に立たないものであることが挙げられます。社会で活用できるスキルが身に付きません。

高校までの受験勉強と大学の法学部で学んだことは、基本的な理解力・読解力だけでした。

「基本的な技能」として、「交流」の役には立ちます。

私たちの世界的なコミュニティーでは、自立と相互依存を学習し高めていく過程で特別な技能とは別に基本的な技能を身につけてお互い交流を図っていくのです。騙し合いではない自由な交易、無価値な貨幣のやり取りではない実質のある価値の取引ができるようにするのです。


サンクチュアリでは、次のことを学びました。

キリストの王国はこれまでの王国を逆転した王国です。上にいる者が下に行く王国です。

キリストの伝統、御父様の伝統の確認です。

これは、最も重要なことです。


家庭連合では、話には聞きましたが、実際には見ることのできなかった伝統です。

逆に、宋ヨンソプ総会長(御父様聖和前に在職)が、次のような趣旨を語っていたのを覚えています。

「私を御父母様の代身として侍る訓練をしなさい」

現場の牧会者も、同じようにする人がいました。


キリストでさえ、「仕えられるためでなく、仕えるため」に来られました。

キリストの「新婦」の代表者は、「侍る手本」を見せるべきであって、「侍られる手本」を見せる必要がありません。

残念ながら、御母様にも当てはまることです。


サンクチュアリに来るまで、悟れませんでした。

初めて亨進様が、正しい手本を見せて下さいました。


(お問い合わせ先:メール sanctuary.saitama@gmail.com

         電話番号 堀勇一070-6670-5334 堀久子070-6637-7424 )

         任命式の映像はこちら