埼玉サンクチュアリ教会(日本サンクチュアリ協会 埼玉教会)

私ども夫婦は、2015年8月30日に米国サンクチュアリ教会本部で行われた「真の御父様の聖和3周年記念礼拝」(真の基元節)および「真の御父様の権威に戻るための祝福式」に参加し、同日の夜、日本において「真の御父様の権威に戻るための祝福式」を行うための、任命の祝祷を受けました。
2015年12月30日にCyberサンクチュアリ人協会の会長を辞め、文鮮明真の御父母様・文亨進二代王様・文國進監察総監様の側近である江利川総会長の下で働くため、日本サンクチュアリ協会に移籍しました。

天一国国歌

「2015年1月25日 『神様、王妃を救いたまえ』 文亨進」から引用させて頂きます。

>皆さん、天一国には、王様がいらっしゃいます。 王様です。そして、王国に何があるべきかは、王様が決めます。 他の人ではありません。


>国歌を決めるのも、王様です。 天国〔天一国は天国を指します〕の精神が どうあるべきかは、王様が決めます。 国歌にどのような精神が反映されるべきかは、 王様が決めます。


>お父様が定められた歌を見てください。 「栄光の賜物」です。 今日の礼拝の始めにも歌いました。これは、殺人的なフンナム収容所で書かれたものです。フンナムの拷問室で生まれた歌です。どんな内容か見て下さい。


>「ああ、悲しいかな!」ではありません。 「遥かに輝く栄えの光  強く生きよ、自由のいのち」です。 死の環境のおいて、神様を賛美しておられるのです。


>周りには餓死する人、死んだ同僚の口から食べかけの米を取って食べる人がいます。 殺人的収容所で、服を剥ぎ取られ、拷問され、 殴打されながら、書かれた歌詞です。これぞ、天国の歌であり、天国の精神です。


>サタンのほかに誰が、これを変えようとするでしょうか。サタンのほかに誰が、 天国の精神を揉み消そうとするでしょうか。


>皆さん、サタンは命令しません。サタンは「提案」します。 例えば、「あのクラブに入れ、 麻薬を飲め」とは言いません。そうではなく、「あれをしたら、面白いだろうね。 麻薬を飲んだら、気持ちいいだろうね。あの子と寝たら、・・・」なんであろうと。 持ちかけるのです。


> 「栄光の賜物」に対して彼らが、 建議した内容を見て下さい。 「あまりにも憂鬱な曲です。もっと軽快な曲が必要です」 「天一国の新しい時代を表し、 清平と天正宮と関連した内容の歌が必要です」


>お父様は、フンナムについて何と言われましたか。 私が拷問を受け、血を吐いて倒れたとしても、天よ、この血を見て私のために涙を流さないでください。これは恥ずかしい血となるのであり、嘆きにぬれた怨恨の涙になるので、ここに天が同情することを願いはいたしません」と言うのです。ですから、監獄に入るようになっても祈祷はしないのです。 心情世界にあっては、そのようにしなければならないのです。〔26-21.1969.10.14〕


>これを彼らは、「憂鬱だ。ネガティブだ。もっと軽快な曲がないと」と表現したのです。 「刑務所のことは忘れましょう。 私達を救うためにメシアが拷問を受けたことは忘れましょう。ハッピー、ハッピー、ハッピーな歌が必要です」


>誰が、サタンの霊でなくして誰が、この歌をこのように歪曲するでしょうか。サタンでなくして誰が、歪曲して、 私達を天国の精神から引き離そうとするでしょうか。



「天一国の歌」は最初「天一国国歌」に次ぐ愛唱歌のようなものだと思っていました。
「天一国経典」も「八大教材・教本」に次ぐ副読本のようなものだと思っていました。


ですからサタンは巧みです。
いつの間にか、すり替えてしまいました。


サタンを見抜くことができる人は、メシヤの後継者に違いありません。
天一国国歌の精神を見事に指摘できる人は、メシヤの後継者に違いありません。
御父様が聖和された後、なぜかしら感動を忘れていた筆者に、涙を流させた説教者は、メシヤの後継者に違いありません。

「聖霊」とは何か?

原理講論の265頁には次の通り書いてあります。


「聖霊は女性神であられるので、聖霊を受けなくては、イエスの前に新婦として立つことができない。」


聖霊の役割は、信徒たちをメシヤにつなげることです。
それをしない「女性神」は「偶像」と呼ばれます。


クリスチャンを「新婦」と呼ぶのは比喩です。
「新婦」とは対象格の存在です。
その原因となる「聖霊」は、対象格の存在でなければなりません。


生きている人を「聖霊」と呼ぶのは比喩です。
私達が真の御父様の前に「新婦」として立ったのは、真の御母様ゆえではありません。
私達にとって「聖霊」は「霊の親」だと言うことができます。
「偶像」を拝んだ私達を、再び御父様の下に戻して下さった「聖霊」は亨進様です。
しかし亨進様は、御父様の神霊(=Holy Spirit=聖霊)が私達を呼んだ、とおっしゃいます。
早く、全ての食口達が、御父様と再会することを願います。


「重生」には「真の母」が必要です。
祝福を受ける女性は、「真の父」によって「真の母」の代身に立てられます。
祝福を受ける男性は、その「真の母」の代身によって、真の父母の子女に重生されます。


そもそも「重生」には「真の父」が必要です。
「真の父」の代身者、祝福の権能を授けられた人は亨進様です。


祝福を受ける女性が「真の母」の代身になるために、「真の母」は模範にならなければなりません。
御母様が模範になれなくなったので、「2015年4月26日 李ヨナ様『再臨主正統宗家の女性宣誓』」が行われました。
模範とは、「御父様を崇める模範」です。


「2015年7月29日 韓国語説教 “霊的成長” 文亨進」から引用します。


>聖霊が充満した教会、お父様に栄光をお返しする教会だったのが、韓氏オモニがお父様を捨ててしまい、お父様を崇める模範を見せれなくなってしまい統一教会が堕落した教会になってしまいました。


統一教会に「聖霊」が戻ることを願います。















すべて成し遂げた?

ブログ「三大王権・真の御父様に帰ろう!」の「2015年7月29日 韓国語説教 “霊的成長” 文亨進」から引用させて頂きます。


>お父様が全てを勝利されたのに、基元節を勝利されたのに、新しい天一国が建設されたのに、どうしてそのような問題が起こるのかと思うかもしれません。
>韓氏オモニの責任。自分を捨ててお父様に侍り、栄光をお返しし、お父様の栄光のために生きなければならない、そのような最後の瞬間に天使長たちと堕落してしまいました。


ブログ「三大王権・真の御父様に帰ろう!」の「2015年3月15日 王は永遠に君臨する 文亨進」から引用します。


>イエス様の話をしましょう。イエス様がなくなられたとき、どれくらい恥辱(不名誉)を感じていましたか?
>彼は、メシアであり、メシアの目的は、エルサレムにきて、王として君臨し、敵を打ち砕き、平和をもたらし、最後は、世界に平和を導くはずでした。もし、あなたが、3年間、イエス様に従った後、イエス様が十字架上で、罪人として亡くなられたなら、恥辱、恥ずかしいこと感じたのではないのですか?12人の弟子さえ、みんな、最後は、否定してしまいました。不名誉だと思い、それを受け入れなかったからです。


真の御父様は「すべて成し遂げた」とおっしゃいました。
しかし最近では、「御父様ができなかったことのために、御母様がメシヤ宣言をされた」という趣旨の講義を、教会で聞かされたりしました。
自分なりの期待と御父様が一致しなかったということが理由なのでしょう。


「すべて成し遂げた」という言葉を信じないので、相変わらず「摂理」を続けています。
わざわざ「摂理」を壊してしまって、やり直しているようなものです。


しかし、今や摂理の中心は違います。
御父様が「すべて成し遂げた」ということを、本当に信じる者たちが中心です。


その基盤が今はまだ小さいことが、あまりに申し訳ありません。
それゆえ、できることならば、統一教会が滅びることなく、変化が訪れることを願っています。
そのために内部伝道をすることは、当然のことです。