埼玉サンクチュアリ教会(日本サンクチュアリ協会 埼玉教会)

私ども夫婦は、2015年8月30日に米国サンクチュアリ教会本部で行われた「真の御父様の聖和3周年記念礼拝」(蘇生期・真の基元節)および「真の御父様の権威に戻るための祝福式」に参加し、同日の夜、日本において「真の御父様の権威に戻るための祝福式」を行うための、任命の祝祷を受けました。
2015年12月30日にCyberサンクチュアリ人協会の会長を辞め、文鮮明真の御父母様・文亨進二代王様・文國進監察総監様の側近である江利川総会長の下で働くため、日本サンクチュアリ協会に移籍しました。

家庭破壊

父親と一つとなり、子女達と一つになるべき母親が、自分独自の道を行くのがフェミニズムです。
フェミニズムは「二人が一つになった国」とは正反対のものです。
フェミニズムがもたらすものは、家庭破壊です。


御父様の自叙伝215頁から216頁にかけて引用させて頂きます。


>母親とは、家庭を守る砦のような存在です。
>母親の犠牲と奉仕があってこそ健全な家庭、平和な家庭が正しく立つことができます。


「三大王権・真のお父様に帰ろう!日本統一聖殿ブログ 」の「10月28日韓国語説教『主の王国』より 」の「妍雅任 み言葉」から引用させて頂きます。


>母親の立場がどれほど重要かといえば、母親は家庭の全ての雰囲気をつくり、左右するのが母親の立場だということを大きく悟りました。
母親が(パム,プン)と言いながら、息子娘に「風(パム,プン)と言いなさい」とは言えないでしょう。


>女性はこのように感情も豊かで人の面倒をみれる立場が母親なので、対象の立場でありながら夫を家庭の頭として持ち上げてあげ、夫が神様に侍ることができるように、家庭の雰囲気を作っていくことが女性の役割なのだな、だから、お父様は四位基台をこのようにしっかりと立てられたのだなと深く悟りました。

御母様の御父様に対する恨みを、幹部達が感じ取り、誘惑が始まったのでしょう。
一緒になって御父様を批判したのです。
エデンの園のエバが、自分を置いて、自然を主管するために、飛び回っていたアダムを恨みました。
そのため、神様を恨んでいた天使長が、自分を正当化したのでしょう。
そのように悪は繁殖して行きます。


御母様が御父様の伝統を変えたのを見て、後代も伝統を変える可能性が開かれました。
「不変」のものを変えたのですから、もはや何も「不変」ではなくなりました。
「真の父母は唯一である」という命題も、自ら不安定にされてしまいました。


そして御母様が御子女様よりも幹部達を信じたのを見て、食口達が同じようにしています。
真の御家庭が分裂したのを見て、統一家全体も分裂しました。
個々の食口達の家庭も、残念ながら、分裂して行くでしょう。


それを防ぐために、女性達は家庭連合から離れなければなりません。
理想の母親、「真の母」は、残念ながら、家庭連合にはいなくなりました。
女性達は、自分の中に「真の母」を探すべきです。
自分の中の「真の母」を見つけることができれば、次は「真の父」を探すことができます。
「真の母」は「真の父」を求めるからです。
女性達は「真の父」を求めるべきです。


その上で女性達は、上記ヨナニムの言葉のように、「真の父」の教えに従って、「夫を家庭の頭として持ち上げてあげ、夫が神様に侍ることができるように、家庭の雰囲気を作っていく」使命があります。
それは本質的な使命であり、献金摂理によって犠牲にされるべきものではありません。


以前も引用した、自叙伝291頁末尾の文章を繰り返します。


>教会に行くがゆえに家の中に混乱が起きるとすれば、私は躊躇なく「家庭を先に守りなさい」と言います。


(お問い合わせ先:sanctuary.saitama@gmail.com)


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。