埼玉サンクチュアリ教会(日本サンクチュアリ協会 埼玉教会)

私ども夫婦は、2015年8月30日に米国サンクチュアリ教会本部で行われた「真の御父様の聖和3周年記念礼拝」(真の基元節)および「真の御父様の権威に戻るための祝福式」に参加し、同日の夜、日本において「真の御父様の権威に戻るための祝福式」を行うための、任命の祝祷を受けました。
2015年12月30日にCyberサンクチュアリ人協会の会長を辞め、真の御父様・亨進様・国進様の側近である江利川総会長の下で働くため、日本サンクチュアリ協会に移籍しました。

私の証

10月1日付の当ブログでご報告しました、「尊敬する先輩家庭へのメール」を送った9月28日から1週間後、10月4日に「信じないように」「見ないように」というお返事を頂きました。


それで改めて自分のことを振り返りました。


御父様の自叙伝、165頁から引用させて頂きます。

>私たちに学校を運営する能力があるかどうかは二の次の問題でした。

>私はまず実行から入りました。

>意義が明確で良いことなら、当然始めなければならないでしょう。


私が、亨進様の説教を読み始めたのは、4月28日のことです。
教会の指導に従って、公式情報以外に触れないようにしていた私でしたが、「ファミリーフォーラム」は、ほぼ公式的なものとして、時々目を通していました。
すると「文亨進様に関するアメリカ教会のメッセージ」が目に止まりました。


そこには亨進様による4月21日の祝福式に対する批判が書かれていました。
亨進様が残して下さった「チャンプモニム億万歳」の映像を使って、原理を立てながら、毎朝敬拝をしていた私は、それを止めるべきか、と最初は思いました。


しかし、あの世界会長が一体どうしたのか、と検索を始めざるを得ませんでした。
その結果は…


5月1日に、次のメッセージを米国サンクチュアリ教会へ送りました。

This is just to tell you that we are a Japanese blessed couple who have been informed of you, believe in you, are ready to support you with all our efforts, and will be in touch.

(Please forgive my poor English.)

私どもは、あなた方について知り、あなた方を信じ、最大限の努力で支持するつもりで、つながって参ります、日本の祝福家庭でありますことを、ご一報いたします。

(つたない英語をご容赦下さいませ。)


5月8日に、最初の十一条献金をお捧げしました。


5月30日に、<三代王権・真のお父様に帰ろう!!BBS> 天の宣布 サンクチュアリー 亨進様掲示板(仮)に、次の投稿をしました。

>RE:礼拝参加について 

>教会では、天一国の歌、家庭盟誓の度に心が痛みます。

>そこで、6月からは家庭でお捧げしたいと思います。

>また、次の地域は近くですので、一緒にお捧げできる方々がいらっしゃいましたら、公民館等を使うことも考えています。

>ご連絡を頂ければ幸いです。

>東京都 足立区 葛飾区

>埼玉県 八潮市 三郷市

>千葉県 松戸市 流山市


すると掲示板の管理人さんと、現在のCyber サンクチュアリ人協会の総務さんと、埼玉県内の同志から、ご連絡を頂きました。
それだけでも、大きな力を得ました。


6月8日に、4年前に辞めた職場から、未払いの賞与があるという知らせを受けました。


これは、奇跡的なことでした。
これが無ければ、訪米できませんでした。


6月27日に、Cyberサンクチュアリ人協会の発起人さんから、埼玉教会長就任を打診されました。


翌日、拝命させて頂きました。


6月30日に、4年前の賞与を受け取りました。


7月19日に、訪米航空券を購入しました。


7月21日に、8月30日の祝福式参加を申し込みました。


8月1日に、当ブログを始めました。


8月8日に、Cyberサンクチュアリ人協会の設立式に参加しました。


そして今日に至っています。


冒頭の引用を繰り返させて頂きます。

>意義が明確で良いことなら、当然始めなければならないでしょう。


(お問い合わせ先:sanctuary.saitama@gmail.com)


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。