埼玉サンクチュアリ教会(日本サンクチュアリ協会 埼玉教会)

私ども夫婦は、2015年8月30日に米国サンクチュアリ教会本部で行われた「真の御父様の聖和3周年記念礼拝」(真の基元節)および「真の御父様の権威に戻るための祝福式」に参加し、同日の夜、日本において「真の御父様の権威に戻るための祝福式」を行うための、任命の祝祷を受けました。
2015年12月30日にCyberサンクチュアリ人協会の会長を辞め、真の御父様・亨進様・国進様の側近である江利川総会長の下で働くため、日本サンクチュアリ協会に移籍しました。

亨進様の瞑想法を思い出す

5月29日の埼玉サンクチュアリ教会礼拝では、「チャンプモニム・オンマンセ」の音楽CDをコピーして準備したところ、多くの家庭が持ち帰って下さいました。


世界会長時代に、日本の教会でも、「チャンプモニム・オンマンセ」と共に行われていたのが「瞑想」です。

2012年に出版された亨進様説教集の第3巻「悔い改めと精誠」から、「瞑想」の意義と方法を整理します。


1.私達の罪(215頁より)

私たちは1日のほとんど90パーセント以上を、神様を無視しながら生活します。

(中略)

私たちは神様を忘れます。

(中略)

悔い改めが必要なのです。


2.呼吸の価値(165頁~166頁より)

呼吸が、正に神様が下さった贈り物だということを悟るようになるのです。

ですから、私たちの人生、世の中に生まれて存在することは、私たち自らが決めたことではありません。

今、この人生を生きられることが贈り物です。

この貴い時間を送られること、これが大切な贈り物、天が下さった贈り物だというのです。

(中略)

いくら全世界の万物と資産の価値が大きいとしても、一息の価値に勝ることはできないのです。


3.瞑想の価値(169頁、173頁、174頁から抜粋)

私たちが息をするたびに、神様に感謝と称賛を捧げるその習慣を養うならば、それは驚くべき力になり、あらゆる障害物に打ち勝つことのできる霊的、内的な力になるだろうと信じます。

称賛と感謝、称賛と感謝、感謝をずっと捧げて「神様は偉大であられます」といえば、その恐れがなくなるのを経験するようになります。

人生の中でそのように揺れるたびに、私たちはどんな心をもち、どんなものに集中するかということが重要です。

「ああ、私は死ぬ。助けて下さい!」と言っているのか、でなければ「神様は善であられます。この障害物は何でもありません」と言うのかというのです。


4.瞑想の心構え(170頁より)

その時間の間、神様と共にいること、そのまま共にいられることで十分なのです。

(中略)

私たちの人生のあらゆる部分に対して、私たちは感謝できます。

私たちは生きていて、呼吸していて、元気で、子女もいて、とても小さなことにも感謝するようになります。

そのように見れば、私たちの敵、障害物に対しても感謝を捧げることができます。

(中略)

なぜなら、そのような反対がある時、一層努力するようになり、その人々までも変えるために、より良い結果をもたらすことができるので、ある面ではその人々に感謝し、本当に困難な内容に感謝しなければならない


5.瞑想の方法(168頁、175頁、176頁から抜粋・並び替え)

どっしりと腰を下ろしてくださり

目をつぶってくださり

心にあるあらゆる恐れと揺らぎと心配と全ての内容を脱して

深く息を吐いて心の中で、「ありがとうございます」

その次に息を止めてください。

12秒の間止めましょう。1、2‥‥‥11、12

息を止めた時、息をどれほどすぐに吸いたいのか感じながら

息がどれほどすがすがしくて美しいのか

神様の偉大さと善であられることを感じながら

新しい人生と出発を感じながら、

吸って、「私は生きている」

1分間、繰り返すだけでも良いようです。

もちろん時間があれば、長く行うことができます。


6.瞑想の締めくくり(175頁より)

瞑想が終わったあとに、常に簡単な祈祷を捧げなければなりません。

(中略)

神様御自身の国と御自身のみ旨のために、私と私たちの家庭も用いてくださるよう、世界と国家と社会と全家庭のために祈祷を捧げるのです。

神様は既に私たちの事情をみな御存じなので、そのような部分は長く祈らずに、本当に神様に赦しを請わなければならない内容を悔い改めながら、そのように瞑想を終えるのです。

このような修行を通して一日を始めるとき、より正しい方向に進むようになることでしょう。

時間があれば、一日何回でも行うことができます。

きっと、その価値があるはずです。


(お問い合わせ先:メール sanctuary.saitama@gmail.com
         電話番号 堀勇一070-6670-5334 堀久子070-6637-7424 )

         任命式の映像はこちら







×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。